1億

    WS000011


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/05/30(火) 07:15:50.26 ID:CAP_USER9.net
    女性自身 5/30(火) 0:00配信

    『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)で、芸人顔負けの過酷なロケにチャレンジしている、NEWSの手越祐也(29)。

    「手越くんが、体を張るのには理由があるんです」と語るのは、あるテレビ局関係者。

    「まだ彼の人気が今ほどではなかった8年前のことです。彼は1億円のローンを組んで、ご両親に新築の豪邸をプレゼントしてあげているんですよ。
    22歳でまだ早稲田大学の学生でもあった彼にとって、1億円のローンを組むことは清水の舞台から飛び降りるような決断だったはず。でもそれを励みにして
    彼はどんな仕事にも全力で取り組み続けてきたんです」

    手越が両親のために家を建てたのは東京都の隣県の海岸沿い。最寄り駅から徒歩25分とかなり遠いが、海へはわずか1分という立地だ。

    「お母さんがサーフィンなどマリンスポーツを大好きで、この場所を選んだそうです。彼自身もまとまった休みが取れると、この実家によく帰ってきていますよ。
    そんなときには、近所の中学生の男の子たちとサッカーで遊んだりしています」(手越の知人)

    現地を訪れると、白の外壁が目立つリゾートチックな一軒家が、200平方メートルの広い敷地に建っていた。

    「海好きの人には人気の場所ですが、駅から遠いのと津波の心配もあるので、土地の価格は5千万円ほど。建物はかなりこだわっているつくりなので、
    6千万円はしたと思います。合わせて1億1千万円の豪邸ですね」(地元の不動産業者)

    登記簿を見ると、手越がローンを完済したのは昨年3月。7年で1億円を返しきった計算だ。

    「彼は仕事に関しては本当にストイック。ジムでパーソナルトレーナーをつけて週3回のウェイトトレーニングに励んでいますよ。どんな泥臭い仕事でも
    絶対に断りません」(前出・テレビ局関係者)

    そんな姿勢の“結晶”が、ローンを返し終えたこの豪邸なのだろう。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170530-00010002-jisin-ent

    【【芸能】手越祐也「母への豪邸」1億円ローンを7年で完済のド根性】の続きを読む

    WS000009


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/05/19(金) 09:45:06.16 ID:CAP_USER9.net
    眞子さまご婚約 ご結婚時に一時金

    産経新聞 5/17(水) 0:11配信

    女性皇族が皇籍を離れる際には、国から支出される一時金の額を決める「皇室経済会議」が宮内庁で開かれ、
    首相ら8人の議員が皇室経済法に基づいて金額を審議する。
    平成17年に結婚した黒田清子さんの場合、一時金は約1億5000万円、26年に結婚した高円宮家の次女の千家典子さんは約1億円だった。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170517-00000500-san-soci

    【【皇族】眞子さま、ご結婚時に国から1億円超支給か】の続きを読む

    1: ブラディサンデー(東日本)@\(^o^)/ [FR]:2016/12/19(月) 08:33:45.12 ID:Pf0iI3kX0.net BE:837857943-PLT(16930)


    1等・前後賞合わせて10億円が当たる「年末ジャンボ宝くじ」が先月24日から全国で発売中だ。もし当たったらどうするか、考えるのは楽しいものである。

    しらべぇ編集部の調査では、宝くじが当たったら何に使うかを考えたことがある人は58.5%。半数を超えている。

    ■高額当選しても仕事はやめない?

    逆に、「もし1億円当たっても、そのあとも働く」かを聞いた調査では、79%が「働く」と回答した。



    意外と手堅い日本国民。しかし、今回の年末ジャンボは10億円。10倍になれば辞める人もいるかも?

    ■宝くじに当たったらだれに言う?

    また、当たったことをだれに言うか調査したところ、「家族だけに言う」派と「だれにも言わない」派に分かれた。



    男女別では、男性は「だれにも言わない」、女性は「家族にだけ言う」がそれぞれ優勢だった。

    ■当たったら待っていたのは…

    しらべぇ取材班は、過去に宝くじで1億円が当たったことがある人に話を聞くことができた。

    当選したことはほんとうに親しい3人程度しか知らせていなかったにもかかわらず、恐怖が待ち受けていたのだそう。

    「『新しいマンションが発売されるので買ってくれませんか?』と営業電話がひっきりなしにかかってきたり…。個人情報がダダ漏れのようで…。

    当時住んでいたのは、親から譲り受けた築60年のボロ屋。『もしかしたら強盗が壁を蹴破って襲いにくるのでは…』と、眠れない日々が続きました」

    http://sirabee.com/2016/12/18/20161045356/
    【「もし1億円当たっても、そのあとも働く」 79%が「働く」】の続きを読む

    このページのトップヘ