駆除

    WS000049

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/09/06(水) 16:47:06.82 ID:CAP_USER9.net
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170906-00000059-asahi-soci

    身近な水場で見つかるアメリカザリガニは外来種だ。魚や虫など在来の生き物を食い荒らす
    厄介者を、駆除する試みもある。捕まえるだけでも楽しいけれど、ちょっともったいない。
    せっかくだから、食べてみませんか?

    8月の青空の下で、子どもたちの歓声が響いた。

    「とれた!」「釣れたー!」

    神奈川県小田原市の田園地帯。造園業の沖津昭治さん(75)が在来種のミナミメダカなどを
    守ろうとつくった水田ビオトープに、家族連れら約60人が集まり、ザリガニとりが始まった。
    主催の市民団体が用意したのはごく簡単な仕掛けの釣りざお。エサのスルメを固定する
    針金と重りをつけた糸を、長さ2メートル弱の細い竹棒に結んだだけだ。

    小学生らが次々と釣り上げる。市内から来た平井謙真くん(4)も、初めはこわごわ見守るだけ
    だったザリガニを、トングでつかめるように。バケツに入れて回収するため、あちこち走り回った。
    父親の真吾さん(39)も夢中で糸を垂らし、照れ笑いしながら「子どもはほったらかしです」。

    アメリカザリガニの原産地は米国南部。日本には食用ウシガエルのエサとして1927年に
    持ち込まれた。田んぼや流れの穏やかな水路などにすみ、汚れた水にも耐えられる。
    繁殖力も強く、日本全国に広がった。メダカなどの小魚のほか、ホタルやトンボの幼虫を食べる。
    水草を切ったり食べたりして、生き物の隠れ場所も奪う。

    このビオトープでザリガニ駆除が始まったのは2007年ごろ。県の調査によると、駆除がされていない
    近くの水路では1平方メートルあたり2~3匹が生息しているが、ビオトープでは同1匹未満。
    大きな個体も減り、メダカなどへの影響は小さくなったと考えられるという。

    2時間ほどで釣りは終了。バケツを持ち寄って数えると、オス119匹、メスが109匹。
    体長数~10センチ程度のザリガニがその場で調理された。

    尾の先をちぎり、黒い「背わた」を引き抜く。塩を入れたお湯で数分ゆでると、赤黒い殻が
    鮮やかな赤色に変わった。

    あら熱がとれてから手で殻をむき、尾の部分の身を口に放り込む。臭みはなく、
    味はエビやカニとそっくりだ。胸の部分にある「ミソ」をなめてみると、濃厚な風味が鼻に抜けた。

    素揚げもある。熱したサラダ油で数分、殻がオレンジに近い赤に染まった。こちらも臭みはなく、
    もっと香ばしい。

    鳥取県南部町でも自然観察指導員の桐原真希さん(43)が希少種を守るため、市民と一緒に
    アメリカザリガニを釣って食べる催しを8年ほど続けてきた。ふつうのエビと同じようにチャーハンや
    パスタの具などとして使えるという。

    「北欧などでは一般的食材。その価値を知った人にどんどん捕まえてもらい、数を減らしたい」
    【【食材】アメリカザリガニはカニの味。茹でれば臭みもなし。「どんどん捕まえてもらい、数を減らしたい」】の続きを読む


    WS000017

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/07/27(木) 12:49:20.02 ID:CAP_USER9.net
    梅雨明け宣言がなされ、いよいよ夏本番だが、ゴキブリ到来の季節でもある。
    すでに具体的な対策を講じている人もいると思う。

    ちょっと変わった対策として、以前「教えて!goo」でリリースした、「ゴキブリを捕食する『アシダカグモ』は、殺虫剤より効果的?」という記事に、ゴキブリを捕食するクモが紹介されていた。
    しかし実際に家で飼うわけにはいかず、かつクモが家中にいるのも、ゴキブリに負けず劣らず不気味な光景なので難しい。

    ほかによい方法はないのかと調べたところ、ゴキブリはレモンなどを嫌うと耳にした。
    そこで今回、天敵でなくともゴキブリが嫌うものは何かないのか、ゴキブリ駆除のプロ集団である株式会社アルバトロスの佐藤久さんに話を聞いた。

    ■夏場は涼しい場所が要注意

    まずはゴキブリの種類や習性について聞いた。

    「一般住宅や飲食店で多く目にするのは、クロゴキブリとチャバネゴキブリです。食べ物であれば、基本的に何でも好むようです。
    クロゴキブリは暑いと涼しい場所に逃げ込みます。外が暑すぎる猛暑の時期は、心地よい気温の家屋や店舗内に侵入します。
    また、クロゴキブリは寒くても生きてはいますが、暖かい場所を探すか、寒い場所ではジッとして活動が緩慢になります。ちなみに、冬眠はしません」(佐藤さん)

    クロゴキブリは、日本で見るゴキブリの代表格だろう。
    見た目もさることながら、その存在感に威圧されるという人も多いのでは。
    続いてチャバネゴキブリについて聞いた。

    「チャバネゴキブリは適応能力が高く、クロゴキブリよりも高い気温にも耐えられます。また、寒い場所でも繁殖します。
    通常は冷蔵庫や製氷機のモーター部分などに繁殖するのですが、大量繁殖して居場所がなくなると、冷蔵庫や製氷機の内部にコロニーを作って生息するものもいます。
    体質が寒冷地に対応しているのでしょう」(佐藤さん)

    チャバネゴキブリは、もともと涼しい場所に生息するということなので、夏が過ぎても注意が必要。
    それにしても、冷蔵庫の中にまでゴキブリがいるというのは想像もしたくない。

    ■レモンなどの刺激臭を嫌うが……

    ゴキブリの天敵について聞いてみると、佐藤さんから意外な答えが返ってきた。

    「ゴキブリは、人間や犬、猫などがあまり寄りつかない場所に生息します。特に人間は、自分の敵になるものなので最も嫌います。
    ネズミが?殖している店舗などでも、ゴキブリが表だって繁殖することはありません。
    逆に、何年も人が住んでいない家屋などは、クロゴキブリが?殖していることが多いです。
    食べ物がなくても、畳や紙が湿気を帯びていますし、雨水などの水滴を含めあらゆる物を餌にして住みつきます。
    古い日本家屋などでは、キッチンの下や畳の下、鴨居の隙間などに大量に生息していることもあります」(佐藤さん)

    執拗にゴキブリを殺す人間が、最大の天敵であるということは納得だ。
    最後に、ゴキブリが嫌うという噂のレモンについても聞いてみた。

    「ゴキブリの体に、度数の高いアルコールや埃がまとわりつくと、気門がふさがれて窒息します。
    また、刺激臭も嫌う傾向にあります。従って、ハーブや唐辛子などでも、近寄りにくくなるかもしれません。
    ただし、慣れてしまうと平気になるようです。
    レモンなどの柑橘類の皮に含まれているd―リモネンという成分は、ゴキブリに有害という話もありますが、死に至るほどではないようです」(佐藤さん)

    レモンなどの柑橘類の臭いは苦手なようだが、それでも適応してしまうという。
    恐ろしい適応能力である。ただ、埃が苦手という意外にデリケートな一面もあるとのこと。

    「ピレスロイドなどの殺虫剤は、臭いを嫌うので近寄りにくくなります。
    殺虫成分が皮膚や口から入ると神経が麻痺しますが、仮死状態の場合も多いので、殺虫剤を使用した時は、必ずひっくり返ったゴキブリを処分しましょう。
    仮死状態から生き返って、逃げてしまうことも多いです」(佐藤さん)

    ピレスロイドとは天然成分である菊酸由来の殺虫剤だ。
    しかし殺虫剤をかけてもよみがえることがあるとは、油断大敵である。
    とにかく対応力があるので、麻痺している間に処分するとよいだろう。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13392076/

    ※続きます
    【【生活の知恵】執拗に殺そうとする人間が最大の天敵なのはたしかだが…駆除のプロが語るゴキブリの弱点とは】の続きを読む

    このページのトップヘ