WS000069


1:ネタデス@\(^o^)/:2017/11/02(木) 14:21:51.92 ID:CAP_USER9.net
米電気自動車メーカーのテスラが1日発表した2017年7~9月期決算は、販売費用や研究開発費が膨らみ、純損益が6億1937万ドル(約700億円)の赤字となった。ロイター通信によると、四半期決算で過去最大の赤字額という。

 売上高は前年同期比29・9%増の29億8467万ドル。新車の納車台数は5・3%増の2万6137台だった。

 メーカーに一定比率の排ガスゼロ車の販売を義務づけるカリフォルニア州の「ZEV規制」に基づいて販売した排出権は57万ドルにとどまり、前年同期の1億3854万ドルから大きく落ち込んだ。

 一方、同社は7月に納車を開始した新型セダン「モデル3」の生産が遅れる見通しも示した。1週間当たりの生産台数が5千台に達する時期を、従来の今年12月から「18年1~3月期の後半」に変更した。(共同)

配信2017.11.2 11:03更新
産経ニュース
http://www.sankei.com/economy/news/171102/ecn1711020025-n1.html
【【米国】電気自動車テスラ、過去最大の赤字に 7~9月期、700億円 】の続きを読む