過労死

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/10/05(木) 19:57:42.89 ID:CAP_USER9.net
    公共放送のNHKで、選挙取材の最前線にいた31歳の記者が過労死していた。愛する娘を失った遺族は、過労死の事実を局内で共有し、再発防止に全力を尽くすようNHKに求め続けてきた。

    6月14日都議選告示、23日投開票。7月4日参院選公示、21日投開票。NHK首都圏放送センターで都政を担当していた佐戸未和さんは2013年夏、立て続けに選挙の取材に走り回っていた。遺族によると、候補者と陣営関係者への取材、演説の撮影や録音、候補者の獲得票数を局内で予想する「票読み会議」への出席などで多忙を極めた。

    参院選の期間中に計3回、夜7時から全国放送される「ニュース7」などで東京選挙区の選挙戦をリポートしていた。死亡したのは、参院選の投開票から3日後の7月24日ごろ。同月末に横浜放送局への異動が決まっており、前日の23日は勤務終了後に送別会に参加していた。翌24日未明に都内の自宅に帰宅した後に倒れたとみられる。佐戸さんと連絡がつかないのを不審に思った親しい友人が25日に自宅を訪れ、ベッドで倒れているのを見つけた。

    渋谷労基署の認定によると、死… 残り:1945文字/全文:2400文字

    13年7月に亡くなったNHK記者、佐戸未和さん(遺族提供)



    記者が過労死で労災認定を受けていたことを伝えるNHKのニュース=4日午後9時30分


    配信2017年10月5日05時00分
    朝日新聞デジタル 全文は会員登録をしてお読みいただけます
    http://www.asahi.com/articles/ASKB46KS7KB4ULFA02S.html?iref=pc_extlink
    【【社会】亡くなった時、携帯を握ったまま… NHK記者過労死】の続きを読む

    WS000083


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/06/11(日) 04:13:06.87 ID:CAP_USER9.net
    http://www.asahi.com/articles/ASK6B73QJK6BULFA00C.html

    牧内昇平2017年6月11日03時04分

    いなげや志木柏町店に勤務していた男性の父親。労災認定を伝える新聞を手元に置き、会社の責任を訴えた

     「これ以上働いたら壊れちゃう」――。42歳で過労死した食品スーパーの男性社員は、亡くなる1カ月ほど前、友人宛てのメールにそう書いた。背景にあったのは、出退勤記録に残らない「サービス残業」。労働時間が正しく把握されなければ、働き手の命や健康を守ることはできない。

     2014年5月17日、首都圏地盤の食品スーパー、いなげや(本社・東京都立川市)の男性社員は友人あてのメールにこう書いた。

     〈これ以上働いたら本当に壊れちゃうよ〉

     その8日後、男性は勤務中に言葉が出づらくなり、救急車で搬送されて入院。いったん退院して仕事に復帰したが、翌月5日の夜、こんどは勤務が終わった直後に勤務先の店の駐車場で倒れているのを発見された。脳梗塞(こうそく)で21日に息を引き取った。42歳だった。

     大学を卒業し、新卒でいなげやに入社。亡くなった当時、埼玉県志木市の志木柏町店に勤務し、一般食品売り場のチーフとして商品の発注や在庫管理を担当していた。

     年末年始などに神奈川県の実家に帰省した際、「疲れた」とよく口にするのを父親(77)は聞いていた。

     「息子が倒れてすぐに、過労死だと直感しました」

     2年後の16年6月、長時間労働による過労などが原因で死亡したとして、さいたま労働基準監督署が労災と認定した。

     遺族の労災請求の代理人を務めた嶋崎量(ちから)弁護士によると、同店の従業員はICカードを機械に通し、出退勤時間をコンピューターのシステムに入力していた。

     システムに残る男性の出退勤記録を調べても、残業時間は月80時間の「過労死ライン」を大幅に下回っていた。それでも、労災が認められたのはなぜか。嶋崎氏は「毎月、記録に残らないサービス残業をかなりしていたからだ」と話す。

     そう言える根拠は、店が保存していた「退店チェックリスト」にあった。最後に店を出る従業員がエアコンや照明の消し忘れを防ぐために記入する用紙だ。会社から入手すると、署名欄に男性の名前が何度も出てきた。嶋崎氏は、退店時に店の警備機器を作動させた時刻を調べれば、男性が何時まで働いていたかを示す「証拠」になると考えた。

     警備機器の記録とシステムの入力時間は大きく食い違っていた。たとえば、亡くなる前月の5月4日。システム上の退勤時刻は「21時18分」だが、チェックリストに男性の名前があり、警備機器が作動したのは「26時1分」。こうしたズレを合計すると、5月の残業はシステムの記録より約20時間も長くなった。始業前に働く「早出」をしていた形跡もあったという。

     同労基署もこうした実態を考慮。警備記録を参照し、発症前の4カ月の平均で75時間53分、1カ月あたりの最大で96時間35分の時間外労働があったと認定した。いずれも政府が導入を目指す残業時間の上限規制の範囲内。「過労死ライン」も下回るが、ほかにも具体的に時間数を特定できない早出・残業があったと推定し、労災を認めた。

     いなげやでは03年にも都内の店に勤めていた20代の男性社員が自殺。東京地裁での裁判の末、長時間労働などを原因とする労災と認められた。判決によると、残業が90時間超の月が2カ月あった。「同じ悲劇を何度も繰り返すつもりなのか」。14年に亡くなった男性の父は、サービス残業の実態調査や労働時間管理の徹底を会社に求めている。

     いなげやの広報担当者は「労災認定の詳細を把握しておらず、コメントは控える。ご遺族からお話を伺った上でしっかりと対応したい」としている。
    【【過労死】これ以上働いたら壊れちゃう サービス残業の末の過労死】の続きを読む

    WS000389


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/03/14(火) 08:26:56.60 ID:CAP_USER9.net
    広告大手、電通の新入社員で過労自殺した高橋まつりさん(当時24)の母、幸美さん(54)は13日、残業時間の上限規制についてコメントを出した。全文は次の通り。

    月100時間残業を認めることに、強く反対します

    政府の働き方改革として、一か月100時間、2か月平均80時間残業を上限とする案が出されていますが、私は、過労死遺族の一人として強く反対します。

    このような長時間労働は健康にきわめて有害なことを、政府や厚生労働省も知っているにもかかわらず、なぜ、法律で認めようとするのでしょうか。全く納得できません。

    【【社会】まつりさん母、月100時間の残業上限案にコメント「強く反対。長時間働くと、疲れて能率も悪くなり、命まで奪われる」】の続きを読む

    WS000479


    1: ◆HeartexiTw 胸のときめきφ ★(★ 994e-rGp+):2016/12/29(木) 07:23:46.83 ID:CAP_USER9.net
    新入社員の過労自殺をきっかけに、広告大手の電通が書類送検された。
    新入社員の労災認定からわずか3カ月。「働き方改革」を目玉政策に
    位置づける安倍政権のもとで進んだ異例のスピード捜査が、
    石井直(ただし)社長を引責辞任に追い込んだ。

    *+*+ asahi.com +*+*
    http://www.asahi.com/articles/ASJDX5J0NJDXULFA01J.html 
    VIPQ2_EXTDAT: default:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured
    【【社会】電通捜査、異例のスピード…“政治案件”で急展開か】の続きを読む

    WS000464

    1:愛の世代の前に ★:2016/12/28(水) 12:35:13.11 ID:CAP_USER9.net
    大手広告会社電通が社員に違法な長時間労働をさせていたとして厚生労働省は28日にも電通と幹部らを書類送検する方針を固めた。
    東京本社前から中継。

     ここ、電通の東京本社ビルでは現在、石井社長をはじめ、役員らが集まり、どのように対応するかについて協議を行っているという。
    電通は28日が仕事納めで、28日朝は社員たちが足早に出社していた。

     電通をめぐっては、新入社員の高橋まつりさんが過労自殺をするなど、社員に違法な長時間労働をさせていたとして、
    先月7日、東京労働局などが一斉に家宅捜索していた。関係者によると押収した労務管理の資料などから勤務実態を調べるとともに、

    今月に入り、社員らから事情聴取をした結果、労働時間を実際よりも少なく申告させていた疑いが強まったという。
    このため、厚生労働省は28日にも、法人としての電通と幹部らを書類送検する方針を固めた。

     電通の社員は日本テレビの取材に「社内の改革が進み始めた時なので、ショックを受けている」と答えた。

    【【社会】“違法残業”電通と幹部らを書類送検へ - 社員「社内の改革が進み始めた時なので、ショックを受けている」】の続きを読む

    このページのトップヘ