荷物

    WS000476


    1:シャチ ★:2016/12/29(木) 10:00:23.41 ID:CAP_USER9.net
    弁護士ドットコム 12/28(水) 9:53配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161228-00005530-bengocom-soci
    「アマゾン多過ぎ」ヤマトドライバーから悲鳴続出、「利便性」が生んだ過酷な実態
    あるセンターの前に出されたカゴ台車。Amazonの箱が複数目に入る
    「12月に入って、3キロも痩せました」。首都圏のヤマト運輸に勤めるAさんは、入社10年以上のベテランセールスドライバー。
    体重が減るのは、長時間の肉体労働に加え、昼食の時間が取れないためだ。

    「荷物が多くて、まとまった休憩が取れません。12月は、お歳暮、クリスマス、おせちと1年で一番忙しい。
    朝7時半から夜11時くらいまで働いています」

    実質的な時間外労働は「過労死ライン」と呼ばれる月80時間前後。「僕だけでなく、大半がそんな感じで働いているんです」


    【【物流】「アマゾン多過ぎ」ヤマトドライバーから悲鳴続出、「利便性」が生んだ過酷な実態】の続きを読む

    このページのトップヘ