自民党

    WS000029


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/10/11(水) 23:11:18.44 ID:y88lAWMN0.net BE:155869954-2BP(1501)
    22日投開票の衆院選について、朝日新聞社は10、11の両日、4万人以上の有権者を対象に電話調査を実施し、
    全国の取材網の情報も加えて選挙戦序盤の情勢を探った。

    現時点では、(1)自民党は単独過半数(233議席)を大きく上回りそうで、小選挙区・比例区とも堅調
    (2)希望の党は伸びておらず、代表の小池百合子都知事のおひざ元の東京でも苦戦
    (3)立憲民主党は公示前勢力(15議席)の倍増もうかがう勢い――などの情勢になっていることが分かった。

    調査は10~13日の日程で実施。10、11両日は、全289小選挙区の中から、全国の「縮図」となるよう選んだ約半数の小選挙区の有権者を対象とし、
    11日時点での概況を読み取った。調査時点で投票態度を明らかにしていない人が小選挙区で4割以上、比例区でも4割近くおり、今後、情勢が大きく変わる可能性もある。

    自民は現時点で、公示前勢力(284議席)を下回る可能性はあるものの、小選挙区では200議席を超え、全体で単独過半数を上回る可能性がある。
    安倍晋三首相の側近でもある萩生田光一・党幹事長代行(東京24区)は立憲、希望、共産の各候補をリード。
    比例区も堅調で、前回2014年衆院選で獲得した68議席の確保をうかがう。

    公明は公示前勢力(34議席)を確保できるかどうか。太田昭宏元国土交通相(東京12区)は共産の候補と激戦を繰り広げている。

    希望は、小選挙区、比例区ともに追い風が吹いていない。選挙区では、細野豪志元環境相(静岡5区)が自民、共産の候補に優位に立つなど、
    公示前勢力の57議席を上回る可能性はある。ただし比例区では、小池代表の地盤である東京ブロックでも、立憲と競り合っている状況だ。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171011-00000074-asahi-pol
    【自民党に投票する奴の心理が理解できない、権力持たせ過ぎたら腐るとこすらわからない馬鹿かな?】の続きを読む

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/10/11(水) 14:54:02.92 ID:CAP_USER9.net

    各党の支持率は、自民党が31.2%、希望の党が4.8%、公明党が3.8%、共産党が2.7%、立憲民主党が4.4%、日本維新の会が1.3%、社民党が0.5%、日本のこころは0%、「特に支持している政党はない」が39.1%でした。
    また、今回の衆議院選挙には候補者を擁立していない民進党は1.6%、自由党は0%でした。

    配信 10月10日 20時41分
    NHK NEWS WEB
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171010/k10011173741000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001

    ■政治意識月例調査 2017年10月
    https://www.nhk.or.jp/bunken/research/yoron/political/2017.html


    【【NHK世論調査】政党支持率 自民31.2% 希望4.8% 立憲4.4% 公明3.8% 共産2.7% 民進1.6% 維新1.3% 社民0.5% こころ0】の続きを読む

    WS000016

    1:ネタデス@\(^o^)/:NG NG BE:487816701-PLT(12000).net
    【スクープ】ネトウヨは自民党がアルバイトとして雇っていた。自民党をトカナが直撃取材!給料は1行あたり20円

    【ショック】ネトウヨたちは自民党に雇われたアルバイト? 謎の組織「T2」について自民党本部に電凸してみた結果…!

    昨今、安倍政権が揺れている。森友学園や加計(かけ)学園をめぐる疑惑、自民党議員や政権幹部の度重なる失言など、傲慢な態度に国民は怒りを募らせ、7月の都議選で自民党が大敗したことも記憶に新しい。
    インターネット上では反安倍派のみならず、保守派からも政権批判が噴出している有様だが、まるでそれに息を合わせるかのようにネトウヨたちも勢いづいているようだ。

    ■ネット上の過激コメント、その実態

     ところで、かねてよりこれらネトウヨの一部が「雇われアルバイトではないか」という噂があった。
    今年4月、インターネット上で配信されるニュースに対するコメントに関して、立教大学ネットワーク社会論の木村忠正教授とYahoo! ニュースが共同で調査・分析したところ、
    韓国・中国に対する排他的なコメントが上位を占めていることが判明したが、不思議なことにわずか1%のユーザーが1週間で100回以上もコメントを投稿しており、しかもこの1%のユーザーの投稿で全コメントの20%が形成されていたのだ。
    もしや、この1%のユーザーが「雇われアルバイト」ではないか? そう疑われても仕方のない実態が、数値によって浮き彫りになった形だ。

     日本では10年ほど前から嫌韓・嫌中関連の本がこぞって出版されるようになり、(あくまでも筆者の感覚ではあるが)インターネット上の嫌韓・嫌中コメントは2013年頃から激増したように思える。
    この2013年といえば、日本でネット選挙運動が解禁された年である。そして同年6月19日、参議院議員選挙に合わせる形で、自民党はネット選挙運動の推進を口実に特別チーム「Truth Team(T2)」を発足させたのだ。

    http://tocana.jp/i/2017/09/post_13806_entry_2.html
    【【スクープ】ネトウヨは自民党がアルバイトとして雇っていた。給料は1行あたり20円】の続きを読む

    WS000036



    1:ネタデス@\(^o^)/:NG NG BE:487816701-PLT(13000).net
    As an Asian country, Japan understands Kim’s motivation.
    アジアの国として、日本はキム(北朝鮮国家主席)の動機を理解している。

    But Japanese politicians his behind the curtain,
    しかし日本の政治家が彼の黒幕なのであり、

    hoping that the nuclear issue would be resolved by other countries in the lead.
    核問題は他国の主導で解決することを望んでいる。

    Moreover, Japan’s response was muddled by domestic politics.
    さらに、日本の対応は国内政治事情のため混乱した。

    There is a strong constituency of North Koreans living in Japan.
    日本には北朝鮮系の強固な在日地盤がある。

    They are not very visible in society, but have grown wealthy controlling the “Pachinko” gambling industry.
    彼らは社会の中でそれほど目立った存在ではないが、「パチンコ」という賭博産業を支配することで富を築いてきた。

    They gained clout through their donations to the Liberal Democratic Party (LDP).
    彼らは、自由民主党(LDP)に政治献金することで、政治的影響力を手に入れたのである。

    Some LDP politicians thought they could influence Kim using North Koreans living and working in Japan.
    自民党政治家は、北朝鮮系の在日朝鮮人を利用してキムに働きかけることができると考えた。

    Professional diplomats at Japan’s Foreign Ministry quietly disagreed with this strategy.
    外務省の外交官たちは、このやり方に内心賛同しなかった。


    A New Start on North Korea(北朝鮮の新たな動き)
    http://www.huffingtonpost.com/david-l-phillips/a-new-start-on-north-kore_b_14042056.html

    David L. Phillips
    Director of the Program on Peace-building and Rights,
    Columbia University’s Institute for the Study of Human Rights
    【【悲報】コロンビア大学「北朝鮮のミサイルの黒幕は自民党なんだが」】の続きを読む

    WS000029


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/08/26(土) 22:42:21.97 ID:CAP_USER9.net
    自民党内の倒閣運動は、燎原の火のごとく広がりつつある。安倍政権の惨状に危機感を抱く自民党議員40人(代理の秘書含む)が、反アベ勉強会をきょう発足させた。名称(仮称)は「日本の明日を創る会」。

    呼びかけ人には、家庭教師として幼少期からのアベシンゾーをよく知る平沢勝栄氏や月刊誌などで首相を公然と批判する後藤田正純氏が名を連ねる。

    すでに国会議員60人超で発足した「村上・野田勉強会」とはメンバーも趣も違う。同勉強会は安倍政権の経済政策を検証する集まりだ。

    今日発足した「創る会」は安倍政治を批判し、自民党をどう立て直すかに重点が置かれる。

    単純に言えば、水面上で「反アベ」の声をあげる自民党議員は100人を超えたということだ。(党内3分の2は面従腹背で「反アベ」と言われる)

    講師として呼ばれた政治評論家の森田実氏は次のように語った ―
     
    「深刻だと思うのが内閣を支持できない理由の第1位が「総理が信頼できないから」で66%を占める。これは経験がない。解散総選挙の道しかない。来年12月まで待ったら、深刻な事態を自民党にもたらす」。

    後藤田議員は舌鋒も鋭くまくしたてた―

    「安倍一強って3権分立ではないじゃない? と子供に問われても説明できない」

    「(アベノミクスは)いつまで道半ばなのか?」

    「あれだけ騒がした人間がまた役員に就いたりしている。何やってんだ?」

    「『こんな人たち』と言った時、どうして『総理、それはおかしいじゃないですか?』と言わなかったのか」― 後藤田議員の安倍批判はいずれも まっとう だった。

    森田氏は「(官邸からの)報復を恐れず・・・加計を白紙に戻すべき、と言える議員が自民党に一人位いてほしい」と苦言を呈した。「安倍さんの失敗を安倍さんで取り戻すのは不可能。総選挙を打って(負けても)過半数を取れればいい」とも指摘した。

    森田氏が解散を勧めるのに対して、発起人の一人である竹本直一議員は「今の体力では(選挙結果は)恐ろしいことになる」との認識を示した。

    解散のカギを握るのは加計疑惑だ。獣医学部を認可すれば、安倍政権は世論の袋叩きに遭うだろう。かといって認可しなければ、「腹心の友」が経営する加計学園は倒産する。

    大学設置審の答申予定である10月に「やぶれかぶれ解散」。それが日増しに現実味を帯びてきた。

        ~終わり~

    http://tanakaryusaku.jp/2017/08/00016541

    ★1:2017/08/26(土) 14:01:20.98
    前スレ
    https://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1503735480/
    【【政治】自民党「反アベの会」発足・・・「何やってんだ」「いつまで道半ばなのか」党内の倒閣運動が燎原の火のごとく広がりつつある】の続きを読む

    WS000062


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/07/03(月) 06:52:20.46 ID:bCReX9Xx0 BE:299336179-PLT(13500)
    自民党の歴史的な惨敗となった2日の東京都議選の結果は、安倍晋三首相の政権運営に深刻な影響を与える。学校法人「加計(かけ)学園」を巡る問題や稲田朋美防衛相の失言など
    安倍内閣が原因の問題が都議選を直撃した形で、首相の責任を問う声が高まり「安倍1強」と言われてきた政界構図が崩れるとの指摘も出ている。自民党と決別し「都民ファーストの会」
    と選挙協力した公明党との関係にも不透明感が漂う。

     2日午後8時に都議選の投票が終了すると、自民党の下村博文幹事長代行(党都連会長)は党本部で「しっかり反省材料にしながら、国政に引きずらない体制にしなければならない」と早々に敗北を認めた。

     「共謀罪」法を巡る強引な国会運営や加計学園の問題だけでも自民党の重荷だったのに、豊田真由子衆院議員の暴言や稲田防衛相の失言で逆風は強まった。公明党の支援がなくなった今回
    、執行部は「自民党の地力が問われる」と引き締めたが、相次ぐ失策で逆に政権の緩みが露呈した。

     歴史的大敗が確実になると、二階俊博幹事長は責任論に関する記者団の問いかけに「これから検討して……」と言葉を濁した。古屋圭司選対委員長は同日深夜に予定していた記者団への対応を直前に中止した。

     安倍首相は告示前の6月19日の記者会見で「都議選はあくまで地方選挙」と述べ、目標議席を明言しなかった。苦戦を覚悟していたとみられ、選挙中も1日に東京・秋葉原で街頭演説するまで、
    同党候補への応援は屋内だけだった。

     しかし、首相は2013年6月の都議選で自民党が勝利した際、「(発足から)半年間の政権の実績に一定の評価はいただいた」と述べている。直後に控えた参院選に勢いをつなげる狙いを割り引いても、
    都議選の結果は国政に影響するというのが首相の本音だろう。

     首相は20年に改正憲法を施行するため、18年通常国会での発議を目指す。秋の臨時国会で自民党の憲法改正案を国会に提出する構えだが、
    同党幹部は「政権の体力が削られている。十分やれるかどうか疑問だ」と語った。5月の憲法記念日以降、改憲日程を主導しようとしてきた首相だが、強引に進めれば世論が反発する可能性はある。

     12年末の政権発足後、「安倍1強」がこれほど揺らぐのは初めてだ。「アベノミクス」に批判的な野田毅前税制調査会長や野田聖子元総務会長ら有志議員はすでに勉強会を重ねており、
    来年9月の党総裁選に向けて情勢は流動化してきた。「ポスト安倍」に意欲を示す石破茂元幹事長は2日夜、「『自民党的なもの』を批判する人たちに、
    政策、人事、党運営を含めて納得してもらえるかどうかだ」と述べ、敗北は党都連だけの責任ではないとの見方を示した。【村尾哲、水脇友輔】
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170703-00000018-mai-pol
    【【都議選】自民、逆風で崩壊 揺らぐ安倍政権】の続きを読む

    WS000061


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/07/03(月) 07:58:53.02 ID:mZhBGl1g0.net BE:844481327-PLT(12345)
    安倍晋三首相には逆風が吹きすさぶ選挙だった。
    自民党は四年前の前回都議選から大幅に議席を減らす歴史的大敗だ。
    「安倍政治」を許さないという都民の怒りを、深刻に受け止めるべきである。

    首相が今回、街頭で応援に立ったのは、選挙戦最終日の一カ所だけ。告示前を含めて三十カ所近くで街頭に立った前回と比べ、首相の置かれた厳しい状況を物語る。

    「準国政選挙」と位置付けた前回から一転、今回は「都民が直面する地域の課題、東京独自のテーマが争点になると思う」(首相)と国政との分離を図った。
    国政の混乱が都議選に影響するのを避けたかったのだろう。

    国政と自治体選挙とは本来、別だが、完全に切り離すことは難しい。
    むしろ都議選結果は、それに続く国政選挙の行方を占う先行指標になってきた。

    自民党が今回の都議選で逆風に立たされたのは、丁寧な政権運営とは程遠い、安倍政権の振る舞いが影響したことは否めない。

    まずは「共謀罪」の趣旨を含む改正組織犯罪処罰法の審議に代表される強引な国会運営だ。

    罪を犯した後に処罰する日本の刑事法の原則を根本から覆し、国民の懸念が強いにもかかわらず、参院では委員会での議論を打ち切り、採決を省略する「中間報告」という奇策で成立を強行した。

    首相自身や金田勝年法相の不誠実な答弁も反発を買った。

    さらに森友、加計両学校法人をめぐり、公平・公正であるべき行政判断が「首相の意向」や忖度(そんたく)によって歪(ゆが)められた、との疑いは結局、払拭(ふっしょく)されなかった。
    野党が憲法に基づいて臨時国会を開くよう求めても、政権側は無視するなど説明責任を果たそうとしない。

    そして豊田真由子衆院議員(自民党を離党)の秘書に対する暴言や、稲田朋美防衛相による防衛省・自衛隊の政治利用発言である。

    http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2017070302000124.html
    続きます
    【東京新聞「大敗の自民、『安倍政治』を許さないという都民の怒りを深刻に受け止めろ」】の続きを読む

    WS000412


    1:ネタデス@\(^o^)/:NG
    自民党は8日、受動喫煙対策を強化する法案をめぐり、屋内禁煙を原則としつつ、小規模店は「喫煙」や「分煙」の表示があれば喫煙を認める妥協案をまとめた。
    茂木敏充政調会長が党内の規制強化派と慎重派双方の議員連盟トップとの間で合意した。
    全面禁煙を掲げる厚生労働省案を骨抜きにする内容で、塩崎恭久厚労相の対応が焦点となる。

     都内のホテルで2時間近く開かれた会合には、茂木氏と規制強化派の議連会長を務める山東昭子氏、規制慎重派議連の会長である野田毅氏、
    歴代厚労相経験者らが出席。同席した田村憲久政調会長代理によると、「望まない受動喫煙」を防止することで一致した。


     そのうえで、飲食店の取り扱いについて、大規模店は原則禁煙としたうえで喫煙ブースなどを設置すれば喫煙を認める。小規模店は店ごとに対応を選べる形とし、
    「喫煙」や「分煙」といった区分の表示を義務づけることを確認した。店舗の大きさは床面積を基準にすることを想定しており、今後、田村氏らが厚労省と詳細を詰める方針。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170508-00000050-asahi-pol
    【【建物内完全禁煙ならず・・】受動喫煙対策、小規模店は「喫煙表示」で喫煙可、自民「妥協案」で合意へ】の続きを読む

    WS000296


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/04/21(金) 23:14:46.26 ID:CAP_USER9.net
    中川前政務官が自民党に離党届を提出
    NHK 4月21日 13時22分
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170421/k10010956631000.html

    女性問題で経済産業政務官を辞任した、自民党の中川俊直衆議院議員は「これ以上、党に迷惑をかけるわけにはいかない」として、21日午後、党本部に、離党届を提出しました。
    自民党の中川俊直衆議院議員は、今月18日、経済産業省の政務官を辞任し、20日発売の週刊誌で、みずからの女性問題が報じられました。衆参両院の委員会が取りやめになるなど国会審議に影響が出ていて、自民党は中川氏に対し、21日中に離党届を提出するよう促していました。

    こうしたことを受けて、中川氏は「今回の問題で、これ以上、党に迷惑をかけるわけにはいかない」として、21日午後、みずからの事務所を通じて、党本部に離党届を提出しました。

    自民党は党紀委員会で、中川氏の離党届の取り扱いを協議することにしています。

    二階幹事長は国会内で記者団に対し、「誠に残念ということに尽きる。人間だから気が緩むときはあるが、われわれは選挙で選ばれた公人だから、しっかりした対応が求められる。党内、気を引き締めてやっていきたい」と述べました。

    また二階氏は、記者団が「野党側は中川氏の議員辞職を求めているが」と質問したのに対し、「与党として適切な判断をしたと考えている」と述べました。

    中川氏は衆議院広島4区選出の46歳。父親の中川秀直元官房長官の秘書などをへて、5年前の衆議院選挙で初当選し、現在2期目です。



    【【重婚】中川俊直前政務官が自民党に離党届を提出 政務官は愛人トラブルで渋谷警察署にストーカー登録される 妻はがん闘病中】の続きを読む

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/03/08(水) 09:49:22.76 ID:CAP_USER9.net


    3月7日 17時56分
    自民党の「たばこ議員連盟」は、厚生労働省が示した飲食店などの建物の中を原則として禁煙とする法案は容認できないとして、飲食店の経営者が禁煙、分煙、喫煙を選択し、その内容を入り口などに表示しなければならないとした対案をまとめました。
    厚生労働省は、他人のたばこの煙を吸い込む受動喫煙の防止策を強化する法案の今の国会への提出を目指していて、先週、飲食店などの建物の中を原則として禁煙とし、小規模なバーやスナックなどを規制の例外とするたたき台を公表しました。

    【【受動喫煙防止法案】自民党の「たばこ議員連盟」は経営者が喫煙・分煙を選択できる対案 あまりにも一方的で容認できない】の続きを読む

    このページのトップヘ