石橋容疑者


    WS000034

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/10/16(月) 10:57:07.84 ID:CAP_USER9.net
    東名高速でワゴン車を停車させて事故を引き起こし、夫婦を死亡させた事件で、
    逮捕された男はこれまでに少なくとも5回以上、交通違反で取り締まりを受けていたことが分かりました。

     石橋和歩容疑者(25)は6月、神奈川県の東名高速で、ワゴン車の前に車を止めて進路をふさいで事故を引き起こし、
    ワゴン車に乗っていた萩山嘉久さん(45)と妻の友香さん(39)を死亡させた疑いなどが持たれています。その後の
    捜査関係者への取材で、石橋容疑者は東名高速や山口県での交通トラブル以外に少なくとも5回以上、
    交通違反で取り締まりを受けていたことが分かりました。スピード違反のほか、シートベルト着用義務違反や
    右左折禁止場所の通行などでした。一方、石橋容疑者の父親がANNの取材に応じ、「息子は大人しい性格で、
    なぜ事件を起こしたのか全く分からない。被害者の家族にはただただ申し訳ない」と話しました。

    ANN
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20171014-00000012-ann-soci

    【【社会】石橋容疑者の父「息子は大人しい性格で、なぜ事件を起こしたのか全く分からない」 東名夫婦死亡事故】の続きを読む

    WS000022


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/10/15(日) 09:55:22.08 ID:CAP_USER9.net
    東名高速でワゴン車に大型トラックが追突して静岡市内の夫婦が死亡した事故。
    ワゴン車を止めた石橋和歩容疑者(25)は過失運転致死傷罪で逮捕された。
    有罪の場合、7年以下の懲役もしくは禁錮、または100万円以下の罰金。長くても7年で出てくるとは理不尽すぎる。

    そこで気になるのが民事裁判だ。遺族が損害賠償を求めて訴えを起こした場合、どのような裁判になるのか。

    「両方を訴えるのが通常のやり方です」とは弁護士の篠原一廣氏だ。

    「今回のケースなら、石橋容疑者とトラック運転手の両方に損害賠償を求め、両者にまとめていくら支払いなさいという判決が下ります。
    判決後、容疑者とトラック運転手が話し合いで支払いの比率を決めるのです。
    片方の過失が特に重大なため、責任が10対0になるケースもなくはありませんが、
    トラック運転手も前方不注意などを問われ、賠償金の支払い責任が生じると思われます」

    亡くなった萩山嘉久さんは45歳、妻の友香さんは39歳だった。賠償額はどれくらいになりそうか。交通事故の裁判に詳しい谷原誠弁護士に聞いた。

    「賠償額は何歳まで働くかという前提をもとに算出します。被害者の収入によって異なりますが、今回のケースではご主人は数千万円から1億円超。
    奥さんは家事労働を仕事とみなされ、数千万円と思われます。
    このほか娘さんの目の前でご両親が死亡した悲惨な事故ですから、数百万円が上乗せされることも考えられます」

    ■保険の対象にならない可能性が

    心配なのは保険だ。過失運転致死傷罪でも賠償金は任意保険から払われ、任意保険に入ってない場合は自動車損害賠償責任保険(自賠責)から払われるのが一般的だ。
    今回の犯人も保険に救われ、自腹を切らずにすむのだろうか。

    「このケースは微妙です。容疑者はクルマに乗っていたわけではなく、車外に出て危険な行為をした。そのため任意保険と自賠責の対象にならない可能性が高いと思われます。
    あくまでも仮説ですが、まずはトラック運転手が保険から賠償金を全額払い、そのうちの何割かを容疑者が自分で払うことになると考えられます」

    果たして民事裁判になるのだろうか。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13746609/
    2017年10月14日 10時26分 日刊ゲンダイDIGITAL
    【【社会】東名高速死傷事件の容疑者を待つ“1億円超自腹”の償い】の続きを読む

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/10/13(金) 07:47:18.38 ID:CAP_USER9.net
    10/12(木) 18:23配信 朝日新聞デジタル
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171012-00000068-asahi-soci
    画像 石橋和歩容疑者=10日、北九州市、佐藤栞撮影


     神奈川県大井町の東名高速で6月5日夜、ワゴン車が大型トラックに追突され、夫婦が死亡し娘2人がけがをした事故で、
    一家のワゴン車の進路をふさいで停車させ、事故を引き起こしたとして逮捕された男が、逮捕前の任意の調べに
    「後ろからライトを点滅されたので、止まれということだと理解して止まった」と容疑を否認していたことが捜査関係者への取材でわかった。

     県警に自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死傷)などの疑いで逮捕されたのは、福岡県中間市の建設作業員石橋和歩容疑者(25)。
    静岡市清水区の車整備業萩山嘉久さん(当時45)一家のワゴン車に後方から極端に接近したうえ、前に割り込んで減速し、
    車線変更をしても同様の妨害を繰り返した末、追い越し車線上に停車させたという。
    手前の休憩所で通行を妨げるように駐車していたのを嘉久さんから注意されたのが発端だった。

     石橋容疑者は県警の任意の聴取に、「注意されて頭にきて追いかけたが、速い速度ではない」と説明。
    嘉久さん側から促されて停車しただけ、との趣旨を述べていたという。逮捕後は容疑を認めているという。

     県警は、亡くなった嘉久さん、友香さん(当時39)夫婦の娘の聴取に加え、現場付近を当時走行していた車を洗い出し、
    運転者らへの聞き取りを通じて、「ライトが左右に何度も動くのをミラー越しに見た」との証言を得た。
    県警は、妨害行為があったことを裏付けるものとみている。(古田寛也、伊藤和也)
    【【社会】石橋容疑者「後ろからライトを点滅されたので、止まれということだと理解して止まった」 東名の夫婦死亡事故★3 】の続きを読む

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/10/12(木) 06:15:29.12 ID:f+owC7++0 BE:518031904-2BP(2001)
    神奈川県大井町の東名高速で6月、ワゴン車が大型トラックに追突され夫婦が死亡、娘2人がけがをした事故で、一家のワゴン車の進路をふさいで停車させ、追突事故を引き起こしたとして逮捕された男が、事故の1カ月前にも山口県下関市の一般道で、3台の車に同様の妨害行為をしていたことが、捜査関係者への取材でわかった。短期間に繰り返された点を県警は重視し、詳しく調べている。

     神奈川県警に自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死傷)などの疑いで逮捕されたのは、福岡県中間市の建設作業員石橋和歩容疑者(25)。6月5日夜、静岡市清水区の車整備業萩山嘉久さん(当時45)一家のワゴン車の進路をふさいで下り車線に停止させ、後方から来たトラックの追突事故を引き起こした疑いがある。嘉久さんと妻友香さん(当時39)が亡くなり、高校1年と小学6年の姉妹もけがを負った。

     石橋容疑者は約1・4キロの間、後方から極端に接近し、前に割り込んで減速するなどの妨害を繰り返していた。手前の休憩所で通行を妨げるように駐車していたのを嘉久さんから注意され、腹を立てたという。

     捜査関係者によると、事故の1カ月近く前の5月8日夜、石橋容疑者は下関市の一般道で運転中、時速約10キロまで急に減速。追い越した車にクラクションを鳴らすなどし、進路をふさいで停車させ、窓をたたいたという。

     翌9日未明には、ゆっくり走行している際に追い越そうとした車の進路を2回妨害して停止させ、運転席のドアを3回蹴った。同日早朝にも、追い越そうとした車の方へ自分の車を寄せて衝突。手前の信号で青に変わっても10秒ほど発車せず、その後も遅めの速度で走行していたという。

     県警は、いずれも石橋容疑者がきっかけをつくって追い越しを誘った可能性もあるとみて、6月の事故と共通点がないか解明を進めている。(古田寛也、伊藤和也)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171012-00000008-asahi-soci
    亡くなった人

    【石橋容疑者「しょっちゅうやってました」】の続きを読む

    このページのトップヘ