牧野結美

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/10/12(木) 10:28:15.37 ID:CAP_USER9.net
    元静岡朝日テレビの局アナで、2015年から「セント・フォース」所属のフリーアナウンサーとして活動していた牧野結美が2017年9月を以って芸能活動を休止していたことが判明した。

     これは、9月30日に牧野が担当していたMBSラジオ「ちょこっとやってまーす!」内で発表したもの。TOKYO MXの気象キャスターを務めていたが、7月に10月の番組改編での降板を告げられ、今後について考えるようになったという。結婚ではないようだ。

     さらに同番組だけではなく、セント・フォースも退社し、芸能活動を休止する意向を表明。芸能界からは完全に退いたうえで、今後の道を模索していく模様だ。

     フリー転身後、フジテレビ朝の看板番組『めざましアクア』のメインキャスターを務め、一躍スターダムにのし上がった牧野だが、フライデー(講談社)上での卑猥写真流出騒動により、全番組を降板。

     その後、表舞台になかなか出られなくなり「訳あり」が活躍するMXに活路を求めたが失敗。これを期に、別の道に進むことを決断したようだ。

     それにしても、かつてフジテレビの朝の顔として活動していたアナウンサーであるにもかかわらず、休止発表が関西ローカルのラジオ番組というのはあまりにも寂しい。そんな牧野にネットの声も同情的だ。

     「卑猥写真は本人が否定しており、実際のところ彼女であるかどうかはわかりません。しかし限りなく牧野である可能性が高く、事務所も庇いきれませんでした。そんな事務所に牧野は絶望し、表舞台から身を引くことにしたものと思われます。元々そこまでアナウンス能力が高いわけでもありませんから、アナウンサーは廃業ということかと。それでも高いルックスを持つだけに、AV業界が注目していることと思いますが、父親が会社社長だけに金にも困っておらず、そのようなことはさせないでしょう。このまま芸能界を引退し、父親の会社でひっそり働くのではないかと思われます。そのほうが彼女にとっても幸せなのでは」(芸能関係者)

     『めざましアクア』時代には嫌がらせも受けたといわれる牧野結美。色々あっただけに、今後はひっそりと暮らしたくなったということのようだ。

    http://npn.co.jp/sp/article/detail/94614898/

    【【芸能】芸能活動休止を発表した牧野結美に同情の声】の続きを読む

    WS000027


    1:ネタデス@\(^o^)/:NG NG BE:329591784-PLT(12100).net
    牧野結美さんがアナウンサー活動を「休憩」…今後は一般企業も選択肢

    フリーアナウンサー・牧野結美さんのアナウンサー活動の「休憩」が、8日までに明らかとなった。
    9月30日放送のラジオ番組「ちょこっとやってまーす!」(MBSラジオ)で、その詳細を語っていた。

    番組オープニングでは、牧野さんが「皆さんには言ってなかったんですが、今日、牧野結美はこの番組を
    卒業します」と穏やかな口調で発表した。理由について結婚ではないと否定し、彼氏もいないと説明する。

    きっかけは、TOKYO MXの番組改編だという。牧野さんは4月から報道番組「TOKYO MX NEWS」に出演していた。
    だが、7月に秋の番組改編で出演者を全員入れ替えると伝えられ、ショックを受けたというのだ。

    一方で、牧野さんは人生を振り返り、これを「人生の転機」と考え、「違う道を探そう。辞めよう」と決意。所属する
    芸能事務所・セントフォースも辞め、アナウンサー活動はいったん「休憩」すると明かした。

    牧野さんは東京に来てから2年半、情報番組「めざましテレビ アクア」(フジテレビ系)、バラエティー「じっくり聞い
    タロウ~スター近況(秘)報告~」(テレビ東京系)、さらに報道番組やラジオ、AbemaTVの番組にも出演。牧野さん
    は「やりきったと言うには程遠いけれども、アナウンサーとしてオールジャンルやらせていただいた」と思ったとか。
    このラジオがアナウンサー最後の仕事になると、泣きそうになりながら伝えた。今後については、まだ決めておらず、
    しばらく休んでから一般企業に勤めることも選択肢に入れて動いていくとのこと。番組終盤では「また別の世界でも、
    がんばっていきます」とメッセージを残し、締めくくっていた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13721636/
    【【悲報】レ ー ズ ン 牧 野 さ ん 引 退】の続きを読む

    このページのトップヘ