1:ネタデス@\(^o^)/:2017/07/31(月) 09:16:51.54 ID:CAP_USER9.net
法務省は、一定の日本語能力などの要件を満たした海外在住の日系4世が日本で就労できる新たな在留制度を導入する方針を固めた。
制度開始当初は、年間1000人程度の受け入れを見込む。近く意見公募(パブリックコメント)を行い、実施時期を決める見通しだ。

新制度は、日系4世に日本への理解や関心を深めてもらい、将来的に日本と現地の日系人社会との懸け橋になる人材の育成を目的とする。
制度案では、他国で働きながら滞在できる「ワーキングホリデー制度」と同様に、対象年齢を18~30歳に限定し、滞在中は就労が可能な「特定活動」の在留資格を与える。

来日時に簡単な日常会話ができる日本語検定4級(N4)程度、在留資格更新時には複雑な文章も理解できる3級(N3)程度の能力を有することを要件とし、家族の帯同は認めない。

(ここまで349文字 / 残り288文字)

配信 2017年07月31日 08時57分
YOMIURI ONLINE
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170730-OYT1T50116.html?from=ycont_top_txt
【【在留資格】日系4世に日本で就労資格、法務省導入へ】の続きを読む