木村拓哉

    WS000130


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/07/07(金) 17:17:45.07 ID:CAP_USER9.net
    木村拓哉が日本テレビの人気バラエティー番組『世界の果てまでイッテQ!』に営業を仕掛けているという。

    「ジャニーズ事務所の思惑としては、中居正広のレギュラー出演番組が多い日本テレビに木村を差し込んで、
    元『SMAP』メンバーのふたりのバランスを取ろうということでしょう。初めはゲストで出演してという感じのようです。
    木村の責任でもないのに“解散責任”を背負わされ、マーケティング調査でも嫌われ始めた木村の好感度を上げるためにも、ジャニーズ事務所は調整しなくてはなりません。
    これまで木村は、ほとんど日本テレビとは縁がなかったので、これを機会にドラマなどの出演へのきっかけにしたいという思惑があるのでしょう」(芸能関係者)

    この木村の日本テレビへの進出を、巨人ファンの中居は面白く思っていないようだ。

    「不快感を示したというより、中居は木村に対して『おまえ、俳優じゃないのかよ。いつから芸人枠になったんだよ』というスタンスで“バラエティー”へ進出されるのを面白く思っていないはずです。
    木村は気の利いたアドリブを言えるわけではありません。
    前にマツコ・デラックスと出演した『夜の巷を徘徊する』(テレビ朝日系)という番組でも、マツコにフォローされまくっていました」(同・関係者)

    一説には、マツコと番組を持つという情報も錯綜していたが、これはマツコ側が「木村の未来を背負うなんて荷が重すぎる」として断ったようだ。

    「早ければ8月にも、木村はゲストでイッテQに出ます。
    同じジャニーズ事務所の手越祐也や、イモトアヤコ、またスタッフも『話題になるならウエルカム』だとして歓迎しているといいます」(同・関係者)

    ■ 木村を歓迎しない人物も

    だが、気になる情報がある。

    「歯を食いしばって初期から番組を支えた宮川大輔が、あまり木村を歓迎していないということです。
    同番組はまさに世界の果てまでタレントが行くから価値がある。
    『いまさらどこにも行ってないタレントが何を言いよんねん。どっか行ってからこんかい』というのが宮川の本音でしょう」(同・関係者)

    木村がバラエティー番組でそれなりに愛嬌を振りまいておけば、おすぎに「中居君の嫌なところを散々見てきた」と暴露されてイメージを下げている中居との立場が逆転するかもしれない、という見方もある。

    「木村のバラエティー進出については、妻の工藤静香の助言が効いたと言えます。
    木村もそろそろ50歳へと向かい、とても若者とは呼べない年齢。
    落ち着いてパネラーとして見識あるところを見せないと、嫌われている若い女性層を取り込めません」(同・関係者)

    木村がバラエティー番組へ“行ってQ”になり、成功を収めることはできるだろうか。

    https://myjitsu.jp/archives/25592
    【【芸能】木村拓哉が「イッテQ」へ積極果敢に出演交渉中】の続きを読む

    WS000006


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/06/20(火) 22:19:19.00 ID:CAP_USER9.net
    木村拓哉さんが玉突き事故 バイクに追突
    06/20 18:11
    http://www.fnn-news.com/sp/news/headlines/articles/CONN00361875.html

    元SMAPの木村拓哉さんが、東京・調布市で車を運転中に、信号待ちをしていたバイクに追突する事故を起こしていたことがわかった。
    午後5時ごろ、調布市仙川町の国道20号線で、木村拓哉さんが運転する車が、信号待ちをしていたバイクに追突した。
    そのはずみで、バイクは前に止まっていた車に追突し、3台がからむ玉突き事故となった。
    けが人はいなかった。
    警視庁は、物損事故として、事故の経緯を調べている。

    ▽追加ソース
    元SMAPの木村拓哉さん運転の乗用車がバイクに追突「考え事をしていて…」 東京・調布
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170620-00000563-san-soci




    【【芸能】木村拓哉さんが玉突き事故 バイクに追突  「考え事をしていて…」】の続きを読む

    WS000084


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/06/11(日) 20:35:38.46 ID:CAP_USER9.net
    11日放送の日本テレビ「世界の果てまでイッテQ!」(日曜後7・58)に
    元SMAPの木村拓哉(44)が“サプライズ出演”を果たした。

     タレントの出川哲朗(53)と谷まりあ(21)が世界の大物スターやセレブと一緒に
    写真撮影するミッションに挑戦する「パパラッチ出川」。今回の企画で出川は
    カンヌを訪問。カンヌ国際映画祭のレッドカーペットを歩くスターを柔道着姿で直撃した。
    暫くすると、時代劇「無限の住人」の公式上映に合わせてカンヌを訪れていた木村の姿が。
    出川と谷は興奮を隠せず、主演を務めた木村に写真撮影を直談判。木村は快く応じ、
    出川の自撮り写真に納まった。

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170611-00000157-spnannex-ent
    【【テレビ】キムタク「イッテQ!」“サプライズ出演” 出川パパラッチ企画で撮影応じる】の続きを読む

    WS000132


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/06/02(金) 23:22:13.43 ID:CAP_USER9.net
    木村拓哉(44)の相次ぐCM契約切れが波紋を呼んでいる。世間がイメージする”イケメン”の代表格だったキムタクだが、
    SMAP解散後のイメージ低下は収入面でも大きく影響を与えていたようだ。CM契約の更改期が近付く中で、キムタクのCM契約終了が続々と明らかになった。

    「まずはトヨタ自動車のCM契約が終了した直後に、『ダンディハウス』との契約も終了し、キングカズこと横浜FCのFW・三浦知良(50)に交代しています。
    トヨタに関しては12年に二度のスピード違反で免許停止処分になったことが明らかになり、これが致命的になったとも。加えて今年1月放送の『ぴったんこカン・カン』(TBS系)で、
    木村の足にタトゥーが入っているという疑惑が浮上。SMAP解散騒動を含め、キムタク本人のイメージダウンは免れませんでした」(スポーツ紙記者)

     とくに12年から5年にわたりイメージキャラクターを務めてきた『ダンディハウス』の降板は業界内に波紋を呼んだ。先日のフランス・カンヌ映画祭への参加では、
    業界内力学が通用しない海外メディアに修正なしのスナップ写真を掲載されたことで思わぬ”劣化”を指摘される始末で、もはやイケメンの代名詞にはなり得ないという現実を露呈した。

     キムタクとのCM契約を終了した『ダンディハウス』を運営するミス・パリ・グループは公式ホームページ上で、木村から交代した三浦カズの起用を、
    「今年50歳を迎えられてもなお“磨き続ける”その姿は、メンズエステのリーディングカンパニーとして日本中の男性をカッコよく磨き上げてきた
    『男のエステ ダンディハウス』をまさに象徴するものです」「自分自身を磨き続けることは決して簡単なことではありません。しかし三浦さんの揺らぐことなく、
    夢や希望、理想に向かってさらなる高みを目指す姿を私たちは知っています」とし、はやくも新キャラクターのアピールにシフトしている。

    「キムタクの魅力は同世代の同性から見ても、6歳上の三浦カズに完敗しているということになりました。CM契約数も信じられないほど激減し、
    残る日本国内の主だった広告スポンサー契約はタマホームのみ。しかもそのタマホームも坂本冬美や矢野顕子が出演する別バージョンがメインに
    なっている始末。全盛期の5分1ほどに収入減しているとも言われています」(前出・記者)

    http://dailynewsonline.jp/article/1317869/
    【【テレビ】木村拓哉の相次ぐCM降板に衝撃「6歳上の三浦カズに完敗」と関係者】の続きを読む

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/05/22(月) 10:23:23.35
    『猿の惑星』俳優、猿としてレッドカーペットを歩く【第70回カンヌ国際映画祭】
    http://www.cinematoday.jp/news/N0091721

    【木村拓哉さんレッドカーペットでなぜか背伸びするも後ろの黒人が大爆笑】の続きを読む

    WS000051


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/05/20(土) 14:31:13.78 ID:CAP_USER9.net
    https://www.j-cast.com/2017/05/20298480.html?p=all

    元SMAPの木村拓哉さん(44)が「第70回カンヌ国際映画祭」のレッドカーペットで見せた振る舞いが、国内のインターネット上で「ドン引き」などと不興をかっている。

    問題視されたのは、木村さんが女優の杉咲花さん(19)を「エスコート」せずに、ポケットに手を突っ込みながら階段を先にのぼっていく姿だ。この日の杉崎さんは着物姿。両手で着物の裾をつまみ、いかにも歩き辛そうな様子だったが......。

    約13年ぶり2度目のカンヌ

    木村さんは主演映画「無限の住人」(三池崇史監督)がアウト・オブ・コンペティション部門に選出されたことで、約13年ぶりにカンヌ映画祭に参加。現地2017年5月18日夜には、自身2度目となるレッドカーペットイベントに臨んだ。

    日本から駆け付けたファンも多く、黄色い歓声が飛び交う中でレッドカーペットに登場した木村さん。オールバックの髪型にタキシード、黒い蝶ネクタイといったフォーマルな格好で、にこやかな表情でファンの声援に応えていた。

    この日、木村さんと一緒に参加したのは三池監督と、作品のヒロインを務めた杉咲さん。3人はメディアのインタビューや写真撮影に応じながら、赤じゅうたんが敷かれた会場を進んでいった。

    「事件」が起きたのは、3人の歩みが階段に差し掛かった場面だった。着物姿の杉咲さんが足のすそを両手でつまみ、歩き辛そうに一段一段ゆっくりと階段をのぼる中で、木村さんがスタスタと先へ進んでいったのだ。

    結局、木村さんは三池監督と雑談を交わしながら、杉咲さんの方を一度も振り返ることなく全24段の階段をのぼり切った。ちなみにその間、木村さんは左手をズボンのポケットに突っ込んだまま。さらには、杉咲さんが2人に追いつくため、少し焦った様子で足を進める場面もあった。

    「流石のキムタクも緊張してしまった」?

    こうした木村さんの振る舞いに、カンヌ映画祭のYouTube中継を見ていた国内のネットユーザーからは批判的な声が相次いだ。ツイッターには、

    「ポケットに手を突っ込みエスコートもせず先を歩く。相変わらず自己中だな」
    「キムタクと監督のレディファーストをしない動作が凄く気になってしまった」
    「エスコートもせず女性放ったらかしでポケットに手突っ込んだままひとり飄々と階段登るキムタク、ダサさ極まってる」
    「いくら素敵な人でもドン引きする」
    といった書き込みが相次いでいる。

    ただ一方で、今回は木村さんが緊張していたためエスコートすることを忘れてしまったのではないか、などとして、

    「流石のキムタクも緊張してしまった模様」
    「カンヌはキムタクでもそんな風に舞い上がってしまう、すごい場所なんだな」
    と理解を示すような意見も出ていた。

    なお、カンヌ国際映画祭の公式YouTubeチャンネルでは20日11時時点で、「無限の住人」を含む8作品のレッドカーペットイベントの模様をおさめた動画が公開されている。J-CASTニュース編集部がその8本の動画を確認したところ、ドレスを着た女優に歩調を合わせず、男性陣がレッドカーペットが敷かれた階段を先にのぼっていったのは、今回の木村さんと三池監督だけだった。
    【【芸能】キムタク、着物女優をエスコートせず レッドカーペット階段「ひとり飄々と」】の続きを読む

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/05/19(金) 21:39:55.66 ID:CAP_USER9.net
    元SMAP・木村拓哉が、フランスで開催中の『第70回カンヌ国際映画祭』で「アウト・オブ・コンペティション
    部門」に選出された映画『無限の住人』の公式会見に登場したと各スポーツ紙が伝えている。
     

    木村がカンヌの地を踏むのは2004年公開の映画『2046』以来。会場では『無限の住人』が約5分間上映され、
    観客からは総立ちで拍手を受けたそうだ。多くのメディアがこの木村のカンヌ行きを取り上げて話題と
    なっているが、一部ではそれ以上に注目されている点があるという。
    「海外の記者たちが撮影した木村の
    顔を目にしたネットユーザーから『シワシワだ』『老けている』と指摘されています。

    日本のwebメディアなどはジャニーズ事務所の規制が厳しいためか、木村の話題にも関わらず、ほぼ彼
    の写真を掲載していません。ですが、さすがのジャニーズ事務所も海外メディアまでには規制をすることは
    できなかったようで、珍しく撮って出しで修正もされていないと思われる、素の木村の姿が掲載されているよう
    です」(芸能ライター)
     木村も今年で45歳になるため、寄る年波には勝てないのは当然だ。だが、あまり目
    にすることがない"ありのまま"の木村の写真に驚きを覚えた者も多かったようだ。
     そんな姿が掲載されて
    いるのを知ってか知らずか、木村は海外の記者からSMAP解散について「寂しくないの?」と問われても、
    「事実は事実。でも、そこをまた自分の中で引きずって居たら歩けなかったと思う」と心境を語るなど上機嫌だったようだ
    http://biz-journal.jp/gj/2017/05/post_3396.html


    2017/05/19(金) 17:48:30.33

    【【芸能】<木村拓哉>「無修正顔面」に驚愕!?】の続きを読む

    WS000182

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/04/30(日) 13:50:11.88 ID:CAP_USER9.net
    日刊スポーツ 4/30(日) 8:03配信

     木村拓哉(44)の主演映画「無限の住人」(三池崇史監督)が公開初日を迎えた29日、
    北米、オーストラリア、ドイツでも公開されることが分かった。5月17日(日本時間18日)に
    開幕するカンヌ映画祭で特別上映され、さらなる上映国の拡大に向け、各国の配給関係者への
    本格的なセールスも現地でスタートする。木村の主演映画が、本格的に海外公開されるのは
    「武士の一分」以来。同作は06年に日本公開後、08年にロサンゼルス、シカゴなどで
    上映された。「無限の住人」は早々と海外公開が決まるなど、期待はさらに大きい。

     海外での評価が高い三池監督の実績と、カンヌ映画祭で特別上映される前評判がポイントになった。
    三池作品は「一命」「藁(わら)の楯」など5作品がカンヌ映画祭で上映されたほか、
    「十三人の刺客」がベネチア映画祭コンペティション部門に選出された。欧米の他の映画祭で
    受賞経験もある。

     また今回は製作陣に、「戦場のメリークリスマス」「ラスト・エンペラー」などを手掛けた
    ジェレミー・トーマス氏がプロデューサーとして参加しており、実績を生かして海外セールスを
    担当している。同氏は「世界中の人を興奮させ、心を打つに違いない」と作品の完成度に自信を
    見せる。

     関係者によると既に公開が決まった4つの国と地域以外へのセールスは、カンヌ映画祭を
    皮切りに、本格始動させる。映画祭期間中は、作品を売買するマーケットが設けられ、
    各国関係者が配給交渉を行う。前評判に加え、現地での上映の反響も交渉のカギを握る。
    木村は三池監督らとカンヌ映画祭に参加予定で、主演俳優として現地に乗り込んで作品を
    アピールする。昨年末にSMAP解散後、俳優として飛躍を目指す勝負の年に、いきなり世界に
    本格進出する絶好の機会を得た。【小林千穂】

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170430-01815577-nksports-ent
    【【映画】俳優木村拓哉世界進出!主演作が北米・豪・独で公開】の続きを読む

    WS000151


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/04/28(金) 21:36:07.89 ID:CAP_USER9.net
    その必死さが逆に危機感を浮き彫りにしているのが、元SMAP・木村拓哉(44)主演の映画『無限の住人』。4月29日の公開に向け、前代未聞のPRキャンペーンを展開したことだ。木村は疲れた体にむち打つ形で、3月30日の京都を皮切りに広島、熊本、新潟、札幌、名古屋を含め、計10都市の映画館を訪問。なんと総移動距離は7300キロを超えたという。

    「PR費だけでも計1億円もかかっているんです。木村のギャラは、もちろん0円ですよ。おそらく木村本人にとっても、主演映画でここまで気合いを入れてキャンペーンを行ったのは初めてのことだと思います」(芸能記者)

    今回の映画に関連する木村のプロモーション活動が始まったのは、なんと昨年10月のこと。所属のジャニーズ事務所や配給元、そして木村本人を焦らせたのが惨憺たる下馬評だった。

    「試写会を見た関係者からは『つまらない』の大合唱。しかも、『グロい』『ストーリーが単純』などと批判的な意見が大勢を占めたんです。映画をホメるコメントは、ほとんど皆無だったそうです」(芸能事情通)

    さらに配給会社が内々にPR会社などを使ってリサーチをかけた結果、驚くべき数字が出てきたという。

    「興行収入が10億円に達しないというんです。これは大コケも大コケ。SMAPを解散し、人気が低迷する木村にとって非常にマズイと言わざるを得ません」(芸能プロ関係者)


    引用ここまで
    http://npn.co.jp/sp/article/detail/10053725/
    【【映画】必死の努力も止まらぬ負の連鎖 木村拓哉主演映画『無限の住人』の大コケ下馬評】の続きを読む

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/04/27(木) 05:02:33.91 ID:CAP_USER9.net
    スポニチアネックス 4/27(木) 5:00

     元SMAPの木村拓哉(44)が27日放送のテレビ朝日「夜の巷を徘徊する」(木曜深夜0・15)で、高校時代に同級生だったタレントのマツコ・デラックス(44)と共演することが分かった。以前から交流があることは知られていたが、テレビで2人が“超接近共演”するのは異例で、高い注目を集めそうだ。

     マツコが夜の街を気の向くまま“徘徊”する自然体バラエティー。前日まで番組公式サイトでは「OA内容は事前告知を致しません。放送をどうぞお楽しみに」と内容が明らかにされていなかったが、この日のテレビ番組表で「マツコ木村拓哉と歩く 初めて乾杯」と告知された。インターネット上ではロケをする2人の目撃情報が広まるなど話題になっていた。

     木村は15年11月に放送されたフジテレビ系「SMAP×SMAP」の「シャッフルBISTRO」で「千葉の高校に1年間通っていた時」にマツコと同級生だったと明かしており、実際にマツコに会った時に「聞いてるでしょ、同じ高校だったんだって」と言われ「ごめんね。でも、どいつがお前になったのか分からない」と答えたところ、マツコも「ああ、そこはそのままでいいわ」と言ったと、モノマネを交えて説明していた。


    マツコ・デラックス


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170426-00000156-spnannex-ent.view-000
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170426-00000156-spnannex-ent
    【【テレビ】キムタク&マツコ 高校同級生共演!テレ朝「夜の巷を徘徊」】の続きを読む

    このページのトップヘ