朝日新聞

    WS000029


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/10/11(水) 23:11:18.44 ID:y88lAWMN0.net BE:155869954-2BP(1501)
    22日投開票の衆院選について、朝日新聞社は10、11の両日、4万人以上の有権者を対象に電話調査を実施し、
    全国の取材網の情報も加えて選挙戦序盤の情勢を探った。

    現時点では、(1)自民党は単独過半数(233議席)を大きく上回りそうで、小選挙区・比例区とも堅調
    (2)希望の党は伸びておらず、代表の小池百合子都知事のおひざ元の東京でも苦戦
    (3)立憲民主党は公示前勢力(15議席)の倍増もうかがう勢い――などの情勢になっていることが分かった。

    調査は10~13日の日程で実施。10、11両日は、全289小選挙区の中から、全国の「縮図」となるよう選んだ約半数の小選挙区の有権者を対象とし、
    11日時点での概況を読み取った。調査時点で投票態度を明らかにしていない人が小選挙区で4割以上、比例区でも4割近くおり、今後、情勢が大きく変わる可能性もある。

    自民は現時点で、公示前勢力(284議席)を下回る可能性はあるものの、小選挙区では200議席を超え、全体で単独過半数を上回る可能性がある。
    安倍晋三首相の側近でもある萩生田光一・党幹事長代行(東京24区)は立憲、希望、共産の各候補をリード。
    比例区も堅調で、前回2014年衆院選で獲得した68議席の確保をうかがう。

    公明は公示前勢力(34議席)を確保できるかどうか。太田昭宏元国土交通相(東京12区)は共産の候補と激戦を繰り広げている。

    希望は、小選挙区、比例区ともに追い風が吹いていない。選挙区では、細野豪志元環境相(静岡5区)が自民、共産の候補に優位に立つなど、
    公示前勢力の57議席を上回る可能性はある。ただし比例区では、小池代表の地盤である東京ブロックでも、立憲と競り合っている状況だ。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171011-00000074-asahi-pol
    【自民党に投票する奴の心理が理解できない、権力持たせ過ぎたら腐るとこすらわからない馬鹿かな?】の続きを読む


    WS000066

    1:ネタデス@\(^o^)/:NG NG BE:135853815-PLT(12000).net
    驕れるメディアは久しからず 朝日・毎日のベテラン記者の噴飯質問に思わず赤面してしまった…
    http://www.sankei.com/premium/news/171008/prm1710080026-n1.html

    8日の日本記者クラブ主催の党首討論会は、会場にいて赤面する思いだった。
    学校法人「加計学園」をめぐるベテラン記者(記者クラブ企画委員)らの質問があまりに噴飯もので、聞くに堪えなかったからだ。例えばこんなやりとりがあった。

    安倍晋三首相「朝日新聞は(獣医学部新設の審査に一点の曇りもないと証言する)八田達夫・国家戦略特区諮問会議議員の報道はしていない」
    朝日新聞・坪井ゆづる論説委員「しています」
    安倍首相「ほとんどしていない。ほんのちょっとですよ。アリバイづくりでしかない。加戸守行・前愛媛県知事が(7月10日の国会でゆがめられていた行政が正されたと)証言した次の日は全く報道していない」
    坪井氏「しています」
    安倍首相「本当に胸を張って(報道を)しているということができますか」
    坪井氏「できます」

    会場から笑い声が漏れる中、坪井氏はあくまで、社の論調と異なる加戸氏らの意見もきちんと報道していると言い張っていた。
    安倍首相も苦笑を浮かべつつ、国民に新聞のファクト・チェックをするよう求めるにとどめていたが、実際はどうだったか。

    7月11日付の朝日新聞と毎日新聞の朝刊は、加計学園誘致を進めた当事者である加戸氏の証言について、一般記事中で一行も取り上げず、審査の詳報の中でごく短く触れただけだった。

    朝日がいかに「(首相官邸サイドに)行政がゆがめられた」との前川喜平・前文部科学事務次官の言葉を偏重し、一方で前川氏に反論した加戸氏らの証言は軽視してきたかはもはや周知の事実である。
    それなのに、どうして胸が張れるのか全く理解できない。

    また、毎日新聞の倉重篤郎専門編集委員の安倍首相の返答をさえぎりながらの傲岸不遜で稚拙な質問も、テレビ視聴者らに不快感を与えたのではないか。

    「あなたのお友達が、獣医学部の新設を認められたこと、行政的な厚遇を受けたことについてあなたは何のアレもないんですか。反省もないんですか。問題も感じないんですか」

    加計学園の理事長が、安倍首相の友人であることで行政的な厚遇を受けたといつ証明されたのか。

    (続く)
    【朝日「我々は加計問題で加戸氏らの証言も報道している!」 ←してませんでしたwwwwwwwwwww】の続きを読む

    WS000060


    1:ネタデス@\(^o^)/:NG NG BE:988575705-PLT(13000).net
    首相「朝日ほとんど報じてない」 紙面、10回以上掲載
    2017年10月8日22時03分

     8日の党首討論会では、安倍首相が加計学園問題についての報道のあり方に注文をつける場面があった。
    首相はこれまでも民放の番組などで、国家戦略特区での獣医学部新設を推進する側が
    「手続きに問題はなかった」などと主張していることを、もっと報じるよう求めてきた。

     党首討論会で朝日新聞の坪井ゆづる論説委員は、今年7月の衆参予算委員会の閉会中審査で、
    首相が加計学園の獣医学部新設計画を知ったのは今年1月20日だったとした発言をただした。

     だが、安倍首相は直接答えず、「まず、朝日新聞は八田(達夫・国家戦略特区ワーキンググループ座長)さんの
    報道もしておられない」と返した。坪井論説委員が「しています」と反論すると、
    「ほとんどしておられない。しているというのはちょっとですよ。アリバイ作りにしかしておられない。
    加戸(守行・前愛媛県知事)さんについては、(国会で)証言された次の日には全くしておられない」と述べ、
    坪井論説委員は再度、「しています」と反論した。

     朝日新聞(東京本社発行の最終版)は、閉会中審査での八田氏の発言について、7月25日付の朝刊で
    獣医学部新設の決定プロセスを「一点の曇りもない」とした答弁や、「不公平な行政が正された」とする見解を掲載した。
    また、こうした国会での発言も含め、八田氏に単独取材した今年3月下旬以降に10回以上、
    八田氏の発言や内閣府のホームページで公表された見解などを掲載してきた。

     加戸氏については、閉会中審査が開かれた翌日の7月11日と25日付の朝刊で、国会でのやりとりの詳細を伝える記
    事で見出しを立てて報じたり、総合2面の「時時刻刻」の中で発言を引用したりしている。

    http://www.asahi.com/articles/ASKB85JXNKB8UTIL01D.html
    【【悲報】朝日新聞、安倍首相のデマを論破してしまう ネトウヨが発狂】の続きを読む

    1:ネタデス@\(^o^)/:NG NG.net

    「国籍選択は努力規定」は誤報 朝日、解説記事を訂正
    日本報道検証機構, 2017年7月27日

    国籍法についての基本的な事実誤認

    朝日新聞は7月19日付朝刊で「重国籍 なにが問題?解消手続きは?」と題して、民進党の蓮舫代表の
    「二重国籍」問題に関連した解説記事を掲載した。

    その中で、「日本の国籍法は、努力規定として、22歳までにいずれかの国籍を選択するよう求める」
    と記していたが、国籍法は「いずれかの国籍を選択しなければならない」と定めており(14条)、
    国籍選択は努力規定になっていない。

    努力規定になっているのは国籍選択手続きをとった後の外国の国籍離脱(16条)。日本報道検証機構が
    朝日新聞社に指摘していたところ、同紙は27日付朝刊で「努力規定」としたのは誤りだったとして訂正した。

    Yahoo!ニュースに配信されていた記事も「努力規定」の記述や図表が削除されたが、訂正は明記していなかった。

    http://gohoo.org/17072701/
    【朝日新聞「国籍選択は努力規定」】の続きを読む

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/07/24(月) 08:04:33.70 ID:CAP_USER9.net
    加計学園問題が安倍晋三首相を直撃し、内閣支持率が急落するなかで迎えた23日の仙台市長選。
    自民党にとっては東京都議選に続く大型地方選挙での連敗だけに、党内には危機感が広がった。

    写真:仙台市長選、野党共闘候補が自公系破る 郡氏が初当選


    ある党幹部は「支持率は下がる。選挙には勝てない。トップを代えなくちゃ次の衆院選は戦えない」、中堅議員は「強引な政権運営のつけが出ている。内閣改造しても駄目だ」と手詰まり感を口にした。
    参院幹部は「経済で結果を出し、疑問は丁寧に説明していくしかない」と語った。

    足元で党を支える地方議員も政権に厳しいまなざしを向ける。
    与党候補陣営の中心だった自民の赤間次彦・仙台市議は記者団に「無党派層を取り込めなかったばかりか、自民支持層もまとめられなかった。安倍政権へのお灸(きゅう)だ」と話した。
    公明党の斉藤鉄夫選挙対策委員長は記者団に「逆風は感じた。国政への批判もあった」と指摘した。

    一方、民進党衆院議員から転じた郡和子氏を支援した野党。
    地元選出の民進の安住淳代表代行は記者団に「安倍政権への信任投票的な意味合いを帯びた。そこに野党共闘がうまくかみあった」と強調。
    共産党の小池晃書記局長は朝日新聞の取材に「野党と市民の共闘が、安倍政権への怒りの受け皿になった」と語った。

    http://www.asahi.com/articles/ASK7R6HHPK7RUTFK009.html
    【【朝日新聞】「内閣改造しても駄目だ」 大型地方選連敗、自民に危機感】の続きを読む

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/06/26(月) 15:05:27.11 ID:SIlJiw8z0.net BE:323057825-PLT(12000)
    朝日新聞社は24、25両日、東京都内の有権者を対象に電話による世論調査をした。
    小池百合子都知事の支持率は59%で、6月3、4両日の前回調査の70%から下落した。
    7月2日投開票の都議選に向けて現時点の投票先を尋ねると、
    自民党と、小池氏が率いる都民ファーストの会がともに25%で並び、都議会第1党を競り合う構図がうかがえる。

    小池氏支持率、下落59% 朝日新聞社都民調査
    http://www.asahi.com/articles/ASK6R4W7QK6RUZPS002.html


    【小池氏支持率、急落 政党支持率は都民ファと自民が拮抗】の続きを読む

    WS000026


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/06/23(金) 02:34:25.93 ID:/WshMVAl0.net BE:135853815-PLT(12000)
    蔓延するフェイクニュース 朝日新聞のスクープ記事もなぜか不自然 加計学園問題の文書写真が…

     22日朝、テレビで民放番組にチャンネルを合わせると、森友学園の籠池泰典・前理事長の顔が大写しとなった。
    籠池氏が21日夜、安倍晋三首相の私邸などを訪ね、寄付を受けたと主張する100万円を返却しようとしたが断られ、記者団の取材に応じた場面だった。
     籠池氏は現金100万円だという紙の束を持っていたが、本物の一万円札は上下の2枚だけで、中身は白い紙であるように見えた。
     国会で大騒ぎし証人喚問まで実施した森友問題も、内閣支持率を低下させた加計学園問題も結局、火のないところに煙を立てた「フェイクニュース(偽記事)」ではないのか。
     「怪しい」「疑わしい」「信用できない」…などといくら追及しても、核心に迫るファクト(事実)は出てこない。
    その半面、忖度だとか面従腹背だとか曖昧な言葉ばかりが飛び交い、「事実がないことを証明して納得させろ」と、不可能とされる「悪魔の証明」が堂々と求められている。

     「自分自身も(記事を)書かれる立場として、(加計問題が)いかにフェイクかとよく分かる。フェイクニュースは蔓延している」
     自民党の小泉進次郎衆院議員は1日の記者会見で、こう指摘していた。
    そもそも加計問題が一気に火を噴いたのは、朝日新聞が5月17日付朝刊の1面トップ記事「新学部『総理の意向』」「文科省に記録文書」がきっかけだった。
     記事は、加計学園の獣医学部新設計画について、文部科学省が「内閣府から『官邸の最高レベルが言っている』『総理のご意向だと聞いている』
    などと言われたとする記録を文書にしていたことがわかった」というスクープだった。
     それはいいが、記事に添えられた「大臣ご確認事項に対する内閣府の回答」と題された文章の写真が不可解である。
    写真はなぜか下側が暗く文字がよく読めないが、文科省が15日に発表した同様の文書をみると、その部分にはこうある。
     「『国家戦略特区諮問会議決定』という形にすれば、総理が議長なので、総理からの指示に見えるのではないか」
     つまり、安倍首相の指示だと取り繕ってはどうかという話であり、逆に首相の指示などないことを示している。

    http://www.sankei.com/premium/news/170623/prm1706230005-n1.html
    【結局総理の関与は無かった森友・加計問題、朝日新聞のフェイクニュースという事で決着wwwwwwww】の続きを読む

    WS000026


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/06/14(水) 06:54:13.90 ID:CAP_USER9.net
    13日付の朝日新聞朝刊(東京本社版)が読売新聞が最初に報じた、文部科学省の前川喜平前事務次官の「出会い系バー通い」の記事(5月22日付朝刊)や「次官時代の不適切な行動 報道すべき公共の関心事」との東京本社の社会部長の署名記事(6月3日付朝刊)について、『「出会い系バー」報道 波紋』との見出しで取り上げた。

     朝日新聞は、13日の社会面の「Media Times(メディアタイムズ)」で、読売新聞の記事の内容を伝えるとともに、民進党の山井和則国会対策委員長が記者団に話した「前川氏のスキャンダル的なものが首相官邸からリークされ、口封じを官邸がしようとしたのではないかという疑惑が出ている」との発言や、萩生田光一官房副長官の「政府として情報を収集し、マスコミにリークしたという事実はない」との衆院農水委員会での発言を紹介した。

     一方、読売新聞は、社会部長の署名記事で「不公正な報道であるかのような批判が出ている」との前置きや民進党の蓮舫代表らの指摘を取り上げた上で「批判は全く当たらない」と説明している。

     朝日新聞はこうした一連の経緯について、3人の識者の見解も紹介。その中で、元読売新聞記者でジャーナリストの大谷昭宏氏は、東京、大阪、西部(福岡)各本社の紙面での扱いが同じだったとして、「会社の上層部から指示が出た可能性が高い」とコメントしている。(WEB編集チーム)


    2017.6.13 12:07産経新聞
    http://www.sankei.com/smp/life/news/170613/lif1706130019-s1.html
    【【新聞社】朝日新聞、読売新聞にかみつく「出会い系バー」報道で… 13日付の朝刊】の続きを読む

    WS000027


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/05/31(水) 09:36:40.94 ID:93Ycpa/Z0 BE:565421181-PLT(13000)
    (社説)加計学園問題 論点をすり替えるな


    行政府として当然の責務を安倍政権は軽んじている。そう思わざるをえない証言や文書がこれだけ明らかになっている。

    なのに首相は自ら調べようとせず、「私が知り合いだから頼むと言ったことは一度もない。そうではないというなら証明
    してほしい」と野党に立証責任を転嫁するような発言をした。
    考え違いもはなはだしい。

     政府が説明責任を果たさないなら、国会が事実究明の役割を担う必要がある。前川氏はじめ関係者の国会招致が不可欠だ。

    自民党の竹下亘国会対策委員長が前川氏の証人喚問について「政治の本質になんの関係もない」と拒んでいることは、
    まったく同意できない。

     問われているのは、政治が信頼に足るかどうかだ。それは政治の本質にかかわらないのか。

    http://www.asahi.com/articles/DA3S12964080.html
    【【アホの朝日新聞】 安倍総理は、加計学園だけ優遇しなかったと言うなら、しなかった証拠を示せ】の続きを読む

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/05/16(火) 10:45:23.65 ID:xhtKBx940 BE:878898748-PLT(16000)
    朝日新聞5月15日付けの朝刊に掲載された「新作歌舞伎、さらに進化 映画監督らが挑戦 マンガ・絵本が原作」という記事の
    中に取材した内容と全く異なる内容の物が掲載されていたことがわかった。

    朝日新聞から取材を受けた書籍『歌舞伎四〇〇年の言葉 学ぶ・演じる・育てる』の著者が自信のブログにて
    取材内容について苦言を投じている。

    「朝日新聞の記事について」というブログを投稿しており、そこには次のように書かれている。

    “電話取材に対して「これまでの新作についてはどれも面白く、また役者の個性を活かしてうまく書けている。
    夢幻恋双紙の当て書きは見事だし、阿弖流為は鍛錬を積んだ歌舞伎役者の肉体の魅力を存分に発揮していた」とお答えしました。
    不満はないか?という質問には「ない」と明確に答えてもいます。”

    と答え、更に「今後の新作に対しては?」という質問に対しては「あまりに演出過多や、イベント的な扱いになってしまうと
    歌舞伎の意味がなくなるので、ぜひ鍛錬を積んできた歌舞伎役者の魅力を活かす作品を作り続けてほしい」と答えたという。

    しかし朝日新聞の記事内容は180度すり替わっており、「新作歌舞伎には疑問の声も」という文脈の中に置くことで、
    まるで『夢幻恋双紙』などの新作を認めていないかのような印象を作ることに成功。

    取材を受けた方は「無念ですが、私の負けを認めるしかないのでしょう。せめて二度と朝日新聞さんとは関わらないように
    したいと思います」と最後に締めている。

    http://gogotsu.com/archives/29109


    【【捏造】朝日新聞が取材した相手の発言を180度ねじ曲げて掲載 「二度と関わりたくない」】の続きを読む

    このページのトップヘ