日野皓正

    WS000024


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/09/09(土) 07:45:00.69 ID:CAP_USER9.net
    世界的トランペッターとして知られる日野皓正の「往復ビンタ事件」が議論を巻き起こしている。

     9月3日に放送された「ワイドナショー」(フジテレビ系)では、松本人か志が「(日野に往復ビンタされた)中学生の『本当の心の中』が答えだと思う」と当事者同士の問題であると指摘。体罰そのものについても「なぜ今は駄目で、昔はよかったんですか」と問題提起を行った。

     一方、日野に対して全面的に批判しているのが爆笑問題の太田光。

     同日放送の「サンデー・ジャポン」(TBS系)に出演した太田は『じゃあ日野さんのやったことが気に入らなかったら、日野さんをビンタすればいいわけ?』などと、日野の行動を辛辣に否定。「大した音楽家じゃないでしょ、あの人」とまで日野をコキ下ろす場面もあった。

     そんな太田に対し、一部から大ブーイングが起こっている。

    「体罰の良し悪しとは別に、太田さんの発言は大問題ですよ」と語るのは音楽レーベル関係者だ。

    「日野さんを『大した音楽家じゃない』と言い切っていましたが、ちゃんと聴いた上で言っているのか極めて疑問です。今、とある大ベテランのジャズ評論家が太田さんに『許しがたい暴言だ』と激怒していまして、周囲では『怒りすぎて憤死してしまうのでは』というぐらいカンカンに怒っている。それぐらいジャズ界で日野さんの存在は大きいんですよ」

     9月6日放送の「爆笑問題カーボーイ」(TBSラジオ)で同発言を「怒りにまかせて言ってしまった」と振り返った太田。

     日野に対する太田の瞬発的な怒りがジャズ界に、太田の想像を絶する波紋を広げてしまったようだ。

    (白川健一)

    アサ芸プラス2017年9月8日17時59分
    https://news.infoseek.co.jp/article/asageiplus_88484/
    【【芸能】<爆笑問題の太田光>「日野皓正への暴言」にジャズ評論家が“憤死寸前”の大激怒!「カンカンに怒っている」】の続きを読む

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/09/01(金) 08:33:16.38 ID:CAP_USER9.net
    俳優・梅沢富美男が31日、読売テレビ・日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」に出演。世界的ジャズトランペッター・日野皓正氏(74)が
    世田谷区で20日にあったジャズコンサートの最中、ドラム奏者の男子中学生をビンタしていた問題で、「(男子生徒は)ナメてますよ。日野さんが叩くなんて、よっぽど(のこと)だと思います」と語った。

    梅沢は「僕だって、人前では殴ったり叩いたりしません!」とあくまで暴力は否定した上で、
    「人前で日野さんが叩くなんて、おかしいじゃないですか。よっぽど、だと思います」と日野氏が観客の前で、生徒をビンタするに至った背景や心情を察した。

    生徒はドラムのソロパートで延々と演奏し、日野氏が注意に入ってもなかなかやめず、日野氏がスティックを取り上げて投げつけると、
    にらみつけるような表情をし、今度は素手でドラムを叩き続けた。そこで日野氏は生徒を往復ビンタした。

    梅沢は「スティック取られてもまだ叩いて、ナメてますよ。指導者を」と声を荒げ、「(人前でビンタしなければならなかったほど)よっぽどだったと思いますよ」と大きな声で訴えていた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13546604/
    2017年8月31日 14時26分 デイリースポーツ


    夢芝居・梅沢富美男
    【【芸能】梅沢富美男 日野皓正氏のビンタ批判せず 生徒は「ナメてますよ」】の続きを読む

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/08/31(木) 12:26:50.81 ID:CAP_USER9.net
    日野皓正氏、中学生の髪つかみ往復ビンタ コンサート中
    朝日新聞:2017年8月30日21時26分
    http://www.asahi.com/articles/ASK8Z6K2CK8ZUULB007.html


    日野皓正氏


     ジャズトランペット奏者の日野皓正(てるまさ)氏が今月20日、東京都世田谷区で開かれたコンサートで、壇上でドラムを演奏していた男子中学生の髪をつかみ、顔に往復ビンタを加えていたことがわかった。
    生徒にけがはなかった。この事業を主催した区教委は「(日野氏が)行きすぎた指導をした」と認め、今後は改めるよう日野氏側に要望した。

     区教委によると、コンサートは中学生向けの体験学習事業の一環で、日野氏の指導を受けて約4カ月間練習してきた生徒約40人が成果を発表する場だった。
    日野氏は終演後、生徒の保護者に対し「生徒のソロパートの演奏が長くなりすぎたので、止めようとした」と説明したという。

     保坂展人区長は
    「今後は改めていただくようお伝えしている。注意を受けたお子さんの保護者からも『日野さんには感謝している。やめてほしくない』とも伺っている」とコメントした。
    保坂氏もコンサート会場にいたが、暴行の場面は中座していたため見ていなかったと説明している。
    【【東京】ジャズトランペット奏者の日野皓正氏、中学生の髪をつかみ往復ビンタ 体験学習事業のコンサート中 世田谷区】の続きを読む


    WS000027

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/08/30(水) 19:16:07.25 ID:CAP_USER9.net
    8月20日、「世田谷パブリックシアター」で行われた公演「日野皓正 presents “Jazz for Kids”」。
    このコンサートは世田谷区教育委員会の主催で、区が取り組む「新・才能の芽を育てる体験学習」の一環だ。

    「約600人が入る会場はほぼ満席。中学生の演奏が始まると、会場は大いに盛り上がりました。
    アンコールの後半、ソロタイムで、舞台の隅にいた日野さんが、ドラムを叩く男の子に歩み寄って体罰を加えた。
    私を含め参加者は、あまりに突然のことで何が起こったのか、理解できませんでした」(参加者)

    毎年、公募で区内の中学生が集められ、4カ月間、日野氏をはじめとした数名の講師のもとで、練習を積む。
    そして8月のコンサートで、その成果を発表する。
    日野氏は第1回目から、この中学生バンド「ドリームジャズバンド」の指導にあたっている。

    別の参加者はこう困惑する。

    「お金を払って観にいったのに、連れて行った自分の子供があんな暴力行為を見せられてしまった。
    子供から『あのおじさんは何で子供を叩いているの?』と聞かれましたが、うまく説明できませんでした」

    「週刊文春」取材班は、コンサートの模様を撮影した映像を入手。
    ドラムを叩く中学生の髪を引っ張り回した後、往復ビンタを浴びせる日野氏の姿を確認している。

    世田谷区教育委員会は「週刊文春」の取材に、次のように文書で回答した。

    「コンサート終了後、日野氏から、その子どもに話しかけて、子どもも了解していたとの事です。
    なお、教育委員会からは、今回の件について委託先の『せたがや文化財団』に、(日野氏の)行過ぎた指導についての対応を要望しました」

    現在海外に渡航中という日野氏には、所属事務所の担当マネージャーを通じて取材を申し込んだが、締め切りまでに回答はなかった。
    当日会場にいた保坂展人世田谷区区長も期日まで取材に応じることはなかった。

    http://bunshun.jp/articles/-/3929

    ■ 前スレ(1が立った日時:2017/08/30(水) 16:17:14.42)
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1504084512/
    【【週刊文春】世界的トランペッター・日野皓正が中学生の髪を引っ張り回し、往復ビンタを浴びせる】の続きを読む

    このページのトップヘ