差別

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/08/19(土) 09:10:23.87 ID:CAP_USER9.net
    第157回芥川賞に「真ん中の子どもたち」という作品でノミネートされた台湾生まれの作家・温又柔(おん・ゆうじゅう)氏(37)が、同賞の選考委員を務めた作家・宮本輝氏の「選評」にツイッターで怒りを露わにしている。

    「もどかしく悲しく怒りに震えました...」――。宮本氏の選評が2017年8月10日発売の月刊誌「文藝春秋」に掲載されて以降、温氏はこうした怒りのツイートを何度も投稿している。一人の作家をここまで立腹させる選評とは、いったいどんな内容だったのか。

    第157回芥川賞は7月19日に選考会が開かれ、沼田真佑(しんすけ)氏(38)の「影裏(えいり)」が受賞作となった。選考委員を務めたのは、宮本氏をはじめ、奥泉光氏、村上龍氏、山田詠美氏ら現代文学を代表する作家10人。

    温氏は台湾・台北市で生まれ、3歳の頃に東京に引っ越し、台湾語混じりの中国語を話す両親のもとで育った。候補作となった「真ん中の子どもたち」は、台湾出身の母と日本人の父を持つ若者が自らの生き方を模索する姿を「母語」をテーマに描いた作品だ。

    この作品に対する宮本氏の選評は、次のようなものだった。

    「これは、当事者たちには深刻なアイデンティティーと向き合うテーマかもしれないが、日本人の読み手にとっては対岸の火事であって、同調しにくい。なるほど、そういう問題も起こるのであろうという程度で、他人事を延々と読まされて退屈だった」(「文藝春秋」2017年9月号より)

    こうした宮本氏の批評について、温氏は掲載誌の発売翌日にあたる8月12日未明(日本時間)、ツイッターで怒りを爆発させた。「どんなに厳しい批評でも耳を傾ける覚悟はあるつもりだ」と前置きした上で、

    「でも第157回芥川賞某選考委員の『日本人の読み手にとっては対岸の火事』『当時者にとっては深刻だろうが退屈だった』にはさすがに怒りが湧いた。こんなの、日本も日本語も、自分=日本人たちだけのものと信じて疑わないからこその反応だよね」

    と指摘。続くツイートでは、「おかげさまで炎は燃えあがる一方。ここが『対岸』かどうか、今に見ててね」と挑戦的な一言を送っている


    温氏はさらに、12日早朝にも「あぁ、また呼吸が浅くなる。半日たつのに、怒りがまだしずまらない。こんなに怒ったのはひさしぶりだ」と投稿。ただ、温氏の憤りに共感した一般ユーザーのつぶやきにリプライ(返信)する形で、

    「その選考委員と似た考えを持つ方々を脅かしたいのでも貶めたいのでもない。ただ、分かち合いたいのです。だからのっけからはねつけられて、もどかしく悲しく怒りに震えました...でも、めげません!」

    と前を向くような言葉も寄せている。

    一連の温氏の投稿はインターネット上で注目を集め、ツイッターやネット掲示板には、

    「宮本輝ってこんな人だったのか。この無神経さでよく作家をやってるな」
    「この論評自体は批判されて然るべきだし残念に思う」
    「文学って、その対岸へと橋渡しをするようなものではないの?すべての物語は『他人事』だよ」

    など、温氏に共感する意見が相次いでいる。

    そのほか、作家の星野智幸氏は12日のツイートで「これはもう差別発言」と指摘、詩人の文月悠光(ふづき・ゆみ)氏も「この部分、私も選評を読んで絶句した」と同日にツイートしていた。

    全文はURL先でどうぞ
    https://www.j-cast.com/2017/08/18306220.html

    【【社会】「これはもう差別発言」 宮本輝氏「芥川選評」が大物議】の続きを読む

    WS000010


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/07/31(月) 06:55:59.15 ID:CAP_USER9.net
    全体的に未婚率が上昇したことに伴い、職場においても男女とも未婚の独身者比率が高まっています。
    そんな中、増えているのが独身者に対するハラスメントです。

    ハラスメントとは、直訳すれば「嫌がらせ」という意味で、「他者に対する発言・行動等が本人の意図には関係なく、相手を不快にさせたり、尊厳を傷つけたり、不利益を与えたり、脅威を与えること」。
    代表的なところでは、性的な発言や行動によるセクシャルハラスメント(セクハラ)、職場で職務上の地位や優位性を背景に業務の範囲を超えた肉体的、精神的苦痛を与えるパワーハラスメント(パワハラ)、妊娠、出産、育児に関するマタニティハラスメント(マタハラ)などがあります。

    ■ 結婚しない男女を痛めつける「ソロハラ」の実態

    そして今回取り上げたいのは、結婚しない男女に対するソロハラスメント、略して「ソロハラ」です。
    もちろん、なんでもかんでも「○○ハラ」扱いにして、言葉だけが次々と生まれてくる状況に対する批判もあるでしょう。

    しかし、ソロハラには、結婚する・しないの問題を超えて、「ソロで生きる」という個人の生き方そのものを否定しかねない問題をはらんでいます。
    そういう意味も込めて、あえて「ソロハラ」という言葉を使用します。

    かつて、ソロハラの対象(被害者)は、その多くが女性でした。
    それこそ高度経済成長期には、適齢期の女性社員に対して男性上司が「そろそろ結婚しないのか」「彼氏いないのか」なんて声をかける風景は日常的なものでした。

    それでも未婚のままでいると、今度は「なんで結婚しないの?」という追及的な質問に変わり、果てには「結婚というものはいいもんだぞ~」「人というのは、結婚して、子どもを育ててこそ一人前なんだぞ」という飲みの席での説教に変わっていきます。
    そして、見過ごされがちですが男性に対する同様の言動も存在します。

    昭和の時代であれば、「よく見られる光景」で済まされたかもしれませんが、いまやこれは立派なハラスメントと認定されます。
    しかし、いまだに上司や先輩からの「イジリ」ネタ程度で処理されていないでしょうか。

    また、女性の場合は、男性からだけではなく、同性の既婚者からのソロハラも多いようです。
    以下は、私が実施した独身女性に対する対面インタビュー調査で出た意見です。

    「既婚者の職場の先輩(女性)から、独身は自由でいいわよね~、時間もおカネも全部自分のために使えるし……と、いつも嫌味っぽく言われます」(34歳女性)

    「結婚したいなんて一言も言ってないのに、先に結婚した同期から顔合わせるたびに説教されます。
    理想が高すぎだと。もう若くないんだから、自分のレベルをちゃんと見極めなさいって、延々と。本当にしつこいし、うざい」(30歳女性)

    厚生労働省の平成24年「職場のパワーハラスメントに関する実態調査」の報告書にも、こんな発言が紹介されていました。

    「いい年をして結婚もしていない、子どももいないから下の者に対して愛情のあるしかり方ができない、と言われた」(40代女性)

    ひどい理屈です。
    子どもがいれば愛情あるしかり方ができるのでしょうか??

    そこに何の因果関係があるというんでしょうか??
    同様の例は当然男性も受けているのですが、あまり表面化しません。

    ■ 「未婚の市長とは議論できない」

    企業内においてだけではなく、議会でもこうした問題が発生しています。
    ひとつは、2014年6月東京都議会本会議において起きた、塩村文夏議員に対するソロハラヤジ騒動です。

    塩村議員が妊娠や出産に悩む女性の支援策について質問していた際に、男性議員からの「結婚したほうがいいんじゃないか」などのやじが問題視された件です。
    東京都には1000件を超える抗議が寄せられ、テレビなどでも報道されました。
    日本国内のみならず、欧米にまでその報道は広がりました。

    もうひとつは、2016年に秋田県大館市議会で発生した、女性から男性に対するソロハラです。
    60代の既婚女性議員が市議会で、40代独身の福原淳嗣市長に対し「未婚の市長とは議論できない。結婚を」と発言した問題で、当該女性市議には戒告処分がなされました。

    http://toyokeizai.net/articles/-/181926

    ※続きます
    【【話題】独身を追い詰める“悪意なき結婚圧力”「ソロハラ」は過小に扱われすぎだ!】の続きを読む


    WS000020

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/05/25(木) 18:24:23.11 ID:8AoVsJ1q0.net BE:323057825-PLT(12000)
    リリアン(仮名)さんが自身の幼い娘と最後に会ったのは10年前──。
    アフリカの祖国で身の危険を感じ、愛する家族と別れて、着の身着のまま日本へとやって来た彼女は、新しい生活への希望を胸に抱いていた。

     リリアンさんは現在、将来性のない仕事でどうにか生計を立てながら暮らしている。
    知っている日本語はテレビ番組で聞きかじったものばかりだ。
    彼女のような環境にある人への日本政府の支援はそう多くない。
    無償で提供される日本語教室は限られており、福祉住宅もなかなか見つけることができない。差別もある。

     それでも、日本で難民認定を受けた数少ない一人である彼女は運が良い方だと見なされている。
    日本では難民認定申請者の99%以上が却下されている現状がある。

     ここでは勉強のための資金援助はなく、銀行でローンを組んだり福祉住宅を借りるにも手助けはしてくれない。
    簡単なことではないとリリアンさんはAFPの取材に語った。「私たちは自分だけが頼り。一人で闘うしかない」

     欧米では近年、反移民感情が高まっているが、日本では、祖国の独裁政治や内戦から逃れ、
    安住の地を求めてやって来た人が、法的・社会的な壁に阻まれ、長きにわたり苦境に立たされ続けている。

     富裕国である日本では2016年、法務省入国管理局により8193人の難民認定申請が処理された。
    そのうち難民として認定されたのは前年より1人多い28人のみだった。

     この状況について日本政府は、難民認定者が少ないのは、申請しているのが主にアジア地域の出身者で、
    経済的な理由のみで日本への入国を希望しているためだとしている。

    「わが国においてはシリア、アフガニスタン、イラクのような大量の難民が発生する地域からの申請が少ない」と、法務省入国管理局の広報担当者、菱田泰弘(Yasuhiro Hishida)氏は説明する。

     リリアンさんは、国連(UN)の支援を受けて日本にたどり着いた。そして、祖国に戻れば部族紛争によって命が危険にさらされるとの理由から、到着直後に難民認定申請を行った。
    難民として認められるまでには2年かかったが、その間、カトリック教会や慈善団体からの援助を受けて暮らした。

    日本の難民問題 「開国」への遠い道のり
    http://www.afpbb.com/articles/-/3127836?cx_part=topstory
    【難民「日本は難民に差別する!ローンも組めない!」 国際社会「日本よ。難民を受け入れて開国せよ!」】の続きを読む

    WS000313


    1:ネタデス@\(^o^)/:NG
    僕たちが過ごした少年時代というのは、まだネットもなく、米ソの冷戦下ではあったけれど、
    視界のどこかしらにヒトの悪意が見え隠れする昨今と比べると、それなりに牧歌的な時代だったように思う。
    子供の間のイジメは今と同様に存在したが、いわゆる日本人ではない人々に対する「差別」というものについては、
    何となく知識として知っているだけで、長い間、実際に目にする機会はなかった。
    自分の周囲でそれが起きなかったのは、「差別はいけない」という認識が浸透していたというよりは、
    単純に、誰もが日本と周辺諸国の関係について無頓着だった、と言った方が近いような気がする。
    何しろ、当時の日本のメディアは、中国や韓国、まして北朝鮮について取り上げることなんてほとんどなかったのだ。
    僕たちの親の世代になると、またそれなりに色々と知っているのだが、彼らもあえてそんな話はしないので、
    結局、親の世代でもネット世代でもない僕たちの世代だけが、戦後日本の歴史の中で、
    色んな情報が抜け落ちた空間にすっぽり収まったまま、子供から大人になってしまった感がある。
    それが不幸なことかどうかはさておき、ともかくそんな環境だったので、
    僕が通っていた中学校のとなりには朝鮮学校があったのだけれど、
    その学校のルーツについては、級友の間でもついぞ話題に上ることはなかった。
    しかし、華やかな衣装をまとって朝鮮学校に通う女学生らの姿だけは、今でも鮮明に覚えている。
    ちょうど異性に興味を持ち始める年頃だった僕たちにとって、自分より少し年上のその少女たちはとかく関心の的だった。
    物を知らない僕たちは、彼女たちのことをいつも「和服の人」と呼んでいて、
    友人の一人が「朝鮮の学校だから和服ではないのではないか」と疑問を呈したことが一度だけあったが、
    誰も答えを知らなかったので、その時の問いはうやむやになってしまった。
    それがチマ・チョゴリという朝鮮の民族衣装だったことを僕が知るのは大学に入ってからである。
     
     
    【前編】朝鮮学校のいま 「在日」生徒たちの胸の内
    https://news.yahoo.co.jp/feature/586
    【後編】朝鮮学校の「教育」とは 公費投入のあり方を問う
    https://news.yahoo.co.jp/feature/589
    【私たちは朝鮮学校の子供たちにどう接するべきなのか。日本の教育を強制して同化させるのが正しいのか。】の続きを読む

    1:Godbless You ★:2017/02/01(水) 07:15:24.99 ID:CAP_USER9.net
    「『ゲイだから差別をされても当たり前』という社会になってほしくはない」そう訴えるのはつい先日、自身が辛い差別行為を受けたカイル・グリフィスさんだ。
    1月17日、カイルさんはいつものようにウエイターの仕事に従事していたが、2人の女性客に残酷な差別発言が書かれたレシートを残されたという。
    米メディア『WDRB.com』が伝えている。

    17日、米ケンタッキー州ルイビルのウエスト・ポートにある「Buffalo Wild Wings(バッファロー・ワイルドウイングス)」というレストランで、カイルさんは若い女性2人の接客をした。
    会計時になり、カイルさんは残り物を箱に詰め請求金額20.13ドル(約2,300円)が書かれたレシートとともに女性客のテーブル席へ持って行った。
    ところが最後まで丁寧な接客をしたカイルさんに、その女性2人はチップを渡すどころか心無いメモ書きをレシートに残したのだ。

    「悪いけど、ゲイにはチップは払わない。神の救いが必要なんじゃないの。」

    写真:




    【【国際】「ゲイにチップはあげない。神の救いが必要なんじゃないの」 米ケンタッキー州の女性客がホモのウエイターにメッセージを残す】の続きを読む


    WS000018

    1: ◆HeartexiTw 胸のときめきφ ★(★ 99a3-y4bB [104.155.218.91]):2017/01/29(日) 11:00:37.44 ID:CAP_USER9.net
    性的少数者(LGBT)が行政窓口や学校で差別的な言動を
    受けないようにするため、東京都文京区は区職員や教員向けの
    対応指針をまとめた。当事者団体の全国組織「LGBT法連合会」によると、
    自治体による網羅的で具体的な指針の作成は全国的に珍しい。

    *+*+ 東京新聞 +*+*

    VIPQ2_EXTDAT: default:vvvvvv:1000:512:----: EXT was configured
    【【社会】性的少数者(LGBT)に嫌な思いをさせない】の続きを読む

    WS000108



    1:砂漠のマスカレード ★:2016/12/12(月) 15:13:12.48 ID:CAP_USER9.net
    福島県出身の女子中学生が書いた「福島県民お断り」という作文が共感を呼んでいる。
    法務省と全国人権擁護委員連合会が主催する「第36回全国中学生人権作文コンテスト」に応募されたものだ。

    【【原発】「福島県民お断り」...南相馬出身・女子中学生の人権作文が反響呼ぶ】の続きを読む

    このページのトップヘ