大分県

    WS000010


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/11/06(月) 20:13:02.86 ID:CAP_USER9.net
    11/6(月) 19:18配信
    毎日新聞

     大分県弁護士会は6日、就農のため県北部の出身地の集落(14世帯)にUターンした男性の世帯に対し、集落全体で「村八分」をしているとして、村八分をやめるよう是正勧告したと発表した。

     弁護士会によると、男性は母親の介護のため、2009年に関西からUターンしたが、11年ごろ、農地開拓の補助金の支払われ方に疑問を呈し住民とトラブルになった。母の死後の13年、集落は会議を開き男性を自治会の構成員に入れないと決定。その後、男性は豊作祈願などの行事の通達をしてもらえなかったり、市報が配布されなかったりしている。

     男性の申し立てを受け、同会の人権擁護委員会が調査、仲介に入ったが、集落が「構成員として認めない」との態度をとり続けたため、1日付で自治会長に勧告を送付。勧告は「男性の落ち度は少なく、一方的にのけ者にしている人権侵害だ」と指摘、男性を構成員として認め、平等に扱うよう求めている。

     弁護士会によると、村八分に関する勧告は県内で3回目。過去2回は公表しなかったが「農村部にUターンする人は増えており、同様のケースが増える恐れもある」と公表に踏み切った。集落がある市は取材に「まだ事情を聞いておらず、コメントできない」と話した。【尾形有菜】

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171106-00000061-mai-soci
    【【大分県弁護士会】「村八分やめなさい」人権侵害の是正勧告】の続きを読む

    WS000127


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/04/17(月) 02:29:30.51 ID:CAP_USER9.net
    亡き息子の卒業式拒まれる
    大分市の私立中学で
    2017/4/16 17:11

     大分市の私立岩田中で体育の授業中に倒れ、死亡した3年柚野凜太郎さん=当時(14)=の両親は3月、学校から卒業式への参加を拒まれ、警察に通報される騒ぎとなった。
    学校の対応は、文部科学省が昨年春に示した「学校事故対応に関する指針」に沿っておらず、指針を取りまとめた一人は「遺族へ誠実に歩み寄るべきだ」と批判する。

     柚野さんは昨年5月13日、体力測定の授業で20メートルシャトルラン(往復持久走)の最中に意識を失い、搬送先の病院で2日後に亡くなった。両親の要望を受け、中学を運営する学校法人は第三者委員会を設置し、詳しい事故原因を検証している。

    https://this.kiji.is/226253728244727817?c=39550187727945729

    【【社会】亡き息子の卒業式に両親が参加希望するも、拒否され通報される 大分市の私立中学】の続きを読む

    このページのトップヘ