地球

    WS000097


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/02/23(木) 07:46:25.30 ID:CAP_USER9.net
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170223-00050009-yom-sci

    地球から約39光年(1光年は約9兆4600億キロ・メートル)先の
    宇宙で、生命を育む可能性がある7個の惑星が見つかったと、
    米国や欧州などの国際チームが発表した。


    【【宇宙】地球から39光年先の宇宙に、生命を育む可能性がある7個の惑星を発見】の続きを読む



    1:野良ハムスター ★:2017/01/30(月) 01:58:58.07 ID:CAP_USER9.net
    現在、直径約1kmの小惑星「2016WF9」が地球に接近中である。

    NASAの予測によると、WF9が地球に最接近するのは2月25日。

    最も近づくときでも地球から約5150万km離れた宇宙空間を通過するので、地球衝突の危険はないとしている。

    しかし、ロシアの天文学者デミン・ダミール・ザハロヴィチ氏の主張は、これとはまったく違う。

    ザハロヴィチ氏の予測によれば、WF9は2月16日に最接近し、地球と衝突する可能性が極めて高いという。


    【【宇宙】2月16日に小惑星「WF9」が地球衝突! 大津波が発生し、海水は沸騰 ロシアの天文学者「NASAは事実を隠蔽」】の続きを読む

    このページのトップヘ