国連

    WS000000


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/07/18(火) 07:06:58.85 ID:CAP_USER9.net
    【ニューヨーク共同】岸田文雄外相は17日午後(日本時間18日未明)、貧困・飢餓の撲滅を目指す「持続可能な開発目標(SDGs)」達成に向けた国連の閣僚級会合で演説した。
    途上国の次世代育成を重視し、教育、保健、防災などの分野を中心に2017、18年度で総額10億ドル(約1100億円)規模の支援を実施すると表明した。

    冒頭「日本は全ての方々が能力を最大限発揮し、活躍できる多様性と包摂性のある社会をつくり出す」と強調。
    北九州市が進める水道技術による途上国支援などの例を挙げ「英知と技術を結集した取り組みを通じ、誰ひとり取り残さない世界の実現に貢献する」と訴えた。

    配信 2017/7/18 05:19
    共同通信
    https://this.kiji.is/259776871439826953?c=39546741839462401

    【【国連(SDGs)】岸田外相 貧困撲滅へ10億ドル支援 国連閣僚級会合で表明】の続きを読む

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/06/16(金) 10:13:25.31 ID:aAABf6HG0.net BE:844481327-PLT(12345)
    ソースは八重山日報記事内

    まとめると
    ・中国語の通訳がデタラメで意味不明
    ・我那覇さんの演説を「政府が沖縄県民を弾圧してる」と翻訳していた
    ・「人権理事会だし、どうせ政府批判だろう」程度の意識で訳したのではないかと考察
    ・単語が理解できなかったのか「山城博治氏」という固有名詞も翻訳されなかった

    以下当該記事

    【スイス・ジュネーブ】国連人権理事会を訪れた長崎純心大の石井望准教授は14日、八重山日報のインタビューに応じた。
    特別報告者、デービッド・ケイ氏に関する日本国内の報道に疑問を呈したほか、我那覇真子さんの演説に関しても、会場で流れた中国語の通訳に疑問を呈した。

    ▼全文は「新聞オンライン.com」で
    http://www.shimbun-online.com/latest

    https://www.yaeyama-nippo.com/2017/06/16/%E5%9B%BD%E5%86%85%E5%A0%B1%E9%81%93%E3%81%AF-%E6%AD%AA%E6%9B%B2-%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E8%AA%9E%E9%80%9A%E8%A8%B3%E3%81%AB%E7%96%91%E5%95%8F%E3%82%82-
    %E5%9B%BD%E9%80%A3%E8%A8%AA%E5%95%8F%E3%81%AE%E7%9F%B3%E4%BA%95%E6%9C%9B%E6%B0%8F/



    【【悲報】国連の中国語通訳、我那覇氏の反基地活動家批判演説を逆の意味に置き換え翻訳していた】の続きを読む

    WS000064


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/05/28(日) 10:19:33.04 ID:CAP_USER9.net
    【タオルミナ(イタリア南部シチリア島)=杉本康士】安倍晋三首相は27日午前(日本時間27日夜)、タオルミナ市内で国連のグテレス事務総長と会談し、慰安婦問題に関する日韓合意について日韓双方が履行することの重要性を強調した。グテレス氏は合意に「賛意」と「歓迎」を表明した。首相がグテレス氏と会談するのは今年1月の事務総長就任後、初めて。

     首相は、日本政府が国際組織犯罪防止条約締結に向け「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案の今国会成立を目指していることを説明。グテレス氏は改正案を批判した国連特別報告者のケナタッチ氏について「特別報告者は国連とは別の個人の資格で活動しており、その主張は必ずしも国連の総意を反映するものではない」と述べた。

     核・ミサイル開発を進める北朝鮮も話題となり、首相は北朝鮮に影響力を持つ中国をはじめ関係諸国による圧力強化の必要性を強調した。グテレス氏は北朝鮮の行動を非難した上で「北朝鮮に対して圧力を強化するためのツールを国連安全保障理事会は有している。今後、関係国との間でも北朝鮮問題を真剣に取り上げる」と応じた。

    http://www.sankei.com/politics/news/170527/plt1705270030-n1.html

    【【国連】国連事務総長 国連特別報告者のテロ等準備罪法案批判について「国連の総意ではない」 安倍首相との会談で】の続きを読む

    このページのトップヘ