1:◯( ´∀` )◯ ★:2017/01/31(火) 18:55:52.87 ID:CAP_USER9.net
2017年1月31日、韓国・東亜日報によると、韓国政府は30日、ドナルド・トランプ米大統領の反移民政策が米国にいる韓国人不法滞在者に及ぼす影響に備え、米国当局と協力を模索すると明らかにした。

2011年の時点で米国にいる韓国人不法滞在者は23万人といわれている。しかし、実際はこれより多いと推算されており、韓国の外交部当局は「彼らの滞在の安定化に向け、さまざまな外交チャンネルを通じて米国の関係当局と協力していく予定」と話している。

韓国政府の当面の課題は、トランプ式の反移民政策が具体的に施行されるのか正確に把握することだという。


【【米国】トランプ大統領の強硬移民政策、不法滞在の韓国人23万人に不安広がる】の続きを読む