前原誠司

    WS000020

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/09/24(日) 19:50:51.68 ID:CAP_USER9.net
    9月24日 19時11分

    民進党の前原代表は党の会合で、今週28日に衆議院が解散される見通しとなっていることを受けて、「どんな手段を講じても、安倍政権を止めなければならない」と述べ、与党側に対じするため、小選挙区で候補者の一本化に努力する考えを示しました。
    この中で、民進党の前原代表は、今週28日に衆議院が解散される見通しとなっていることを受けて、「安倍政権が続くことは、日本にとっての不幸であり、体を呈し、どんな手段をもってしてでも、安倍政権を止めなければならない」と述べました。

    そのうえで、前原氏は、「衆議院選挙の小選挙区は1対1で戦う選挙だ。有権者の大きな部分は無党派層で、支持を決めていない人たちがおり、どう受け皿を作っていくのかということが、大変重要だ」と述べ、与党の候補者に対じするため、小選挙区で候補者の一本化に努力する考えを示しました。
    新党との連携は
    民進党の前原代表は、東京都内で記者団に対し、「国政政党として、どのような理念や政策を出すのか注目したい」と述べたうえで、新党との連携について、「『選挙区で1対1で戦うにはどうしたらいいか』という中でさまざまな取り組みをしている」と述べました。

    一方、前原氏は、自民党の福田峰之・内閣府副大臣や、日本のこころの中山代表が、新党に参加したいとしていることについて、「選挙が近くなってきたら、いろんな動きがあるのだろう」と述べました。

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170924/k10011154621000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_005
    【【民進党】前原代表「どんな手段でも安倍政権を止める」】の続きを読む

    WS000027


    1:ネタデス@\(^o^)/:NG NG BE:253246518-PLT(15000).net
    前原代表 野党3党首会談で統一会派など提案へ

    民進党の前原代表は、京都市内で記者団に対し16日午後、自由、社民両党と党首会談を行い、国会での対応などについて話し合う意向を明らかにした。
    民進党の前原代表は、「国会対応、会派の問題、また総選挙が近いかもしれないので、選挙協力を3党の党首で話し合いたい」と述べ、
    臨時国会での対応や、統一会派の結成、選挙協力などについて、両党と話し合う意向を表明した。

    一方で、前原氏は「基本的な考え方や、理念を共有するところに声をかけた」と述べ、共産党には会談を呼びかけていないことを明らかにした。

    https://www.houdoukyoku.jp/clips/CONN0037068
    【民進党・前原代表「社民党や山本太郎とは、基本的な考え方や理念を共有している」】の続きを読む

    このページのトップヘ