冤罪

    WS000023


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/07/23(日) 14:20:50.73 ID:CAP_USER9.net
    結局何の収穫も得られないまま時間だけが過ぎた加計学園問題。獣医学部新設にかかわった関係者が次々と安倍総理に有利な証言をして冤罪だったということが確定しつつある。
    メディアに出演する有識者は掌を返したようにメディアをバッシングし始めた。

    一部の者は「安倍総理は好きじゃないけど…」と前置きしたうえで「今回の騒動はメディアの偏向報道がおかしかった」と指摘する。視聴者からすれば非常に滑稽に思える掌返しだが、安倍政権にとっては追い風だろう。

    1.立川志らく(落語家)。「私は正直言うと今の政権はあまり好きではないんですけれども、でも安倍さん憎しで物を捉えると真実が見えなくなる場合がある。安倍さんがやってること、言ってることは全部間違いなんだって言うと、例えば『九州の被災地に行ったのはパフォーマンスなんだ!』とか、何も見えなくなってしまう。国民が集団ヒステリーになって攻撃する場合があるでしょ?だから我々は正直に冷静に見る必要があるかなって…」

    2.ダウンタウン松本人志「加計学園問題は安倍総理が脇見運転したようなもので、(獣医学部新設とは)切り離して考えるべき。全部がダメだっていうのは…ねえ?初動対応は悪かったけど、だからといって安倍政権がやること全部が間違いだっていうのはおかしい」

    宮澤エマ(宮澤喜一の孫)「私はメディアの報道の仕方が各局、口合わせしたかのように同じネタを同じタイミングでやるのが気になる。その流れっていうのは一体誰がつくっているんだろうって思う」

    3.反町理(フジテレビ報道局解説委員長)「加戸前愛媛県知事の国会での話を聞けば真相が分かるはずなのにメディアは報じなかった。丁寧に報じているところがあまりない」

    4.大宅映子(ジャーナリスト・評論家)「加戸前愛媛知事が『行政を歪めたんじゃなくて歪められた行政が正された。岩盤規制を壊した』と言ったことをメディアは取り上げていない。私は真実が知りたい。好き嫌いとかじゃない。」

    かつてここまで安倍総理が擁護されたことがあっただろうか。加計学園問題で安倍政権の支持率は急落したが、テレビがこの調子であればすぐに回復するだろう。

    メディアがやけに偏向するのは利権が絡んでいるからかもしれない。例えば民進党の玉木雄一郎議員は身内の番組制作会社に日テレ「バンキシャ」の番組制作をやらせることで事実上メディアを支配している。

    卑怯なことをする者こそ得をする状態というのは望ましくないわけで、今後は悪意ある偏向報道に手を染めたマスコミには罰則を与えるなどのペナルティが必要なのではないだろうか。

    ▼大手マスコミで加戸前知事の決定的な証言をきちんと報じたのは12社中4社のみ。


    最重要証言を1秒たりとも報じなかったバツマークのメディアは完全に悪意を持って偏向報道に手を染めている。三角がついたメディアも情報の伝え方について考え直す必要がある。
    少し前モーリー・ロバートソンは「加計学園の敗者はメディアになる」と予言していた。

    参考:「加計学園問題の敗者は自民党ではなくメディア」 モーリー・ロバートソンによる鋭い指摘
    http://netgeek.biz/archives/99317

    都合の悪い部分を報じず、結論ありきで視聴者を騙したメディアは信用されなくなるという見立てだ。ネット上ではマスコミが偏向報道に手を染めた証拠が山ほど見つかるため、ついにインターネットで情報収集する国民はマスコミが真実を報じているのではなく主義主張に基いて意見を報じているということに気がつき始めた。

    メディアに出演することで報酬を受け取っている有識者がメディアバッシングをするというのは奇妙に思えるが、そこまで切羽詰まった状況ということなのだろう。

    http://netgeek.biz/archives/99602

    【【マスコミ】加計学園問題が冤罪と判明し、芸能人・有識者たちが「偏向メディア叩き」に掌返し】の続きを読む

    WS000043


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/05/20(土) 09:31:20.01
    この人私のお尻触りましたー!!!って
    触ったよ?触りましたよ?
    うんはい、触りましたよ、はい触りました
    でも触んのは当たり前じゃ
    満員電車のこの状況で、目の前で
    デッカイケツ押し付けられたら誰でも触れるわ
    男女関係ねーよ。テメーが男でも触ってるわ
    だいたい触るつっても、テメーのきったねーケツを
    鷲掴みしたかよ?てめーのくっさいスカートの中に
    手を入れて、きったねーまんこに指を突っ込んだかよ?

    するわけねーだろバーーカ
    きったねーケツ晒して押し付けてくる痴女のテメーが
    痴漢だと抜かすなら、せめてそこまでされてからほざけ

    お尻触られましたーーって何被害者ぶってんだ?
    むしろそのきったねーケツで俺の手に触ってきたのは
    テメーのほうだし被害者は俺だよボケ

    これが故意であろうがなかろうが
    この状況でテメーのきったねーケツに触れるのは必然だ
    それすら痴漢だと思うなら
    最初から女性専用車両に乗っとけカス

    ねえねえ警察さん

    こんなんで逮捕するのやめましょうや
    こんなんで逮捕してたら日本は冤罪大国ですよ?
    そもそも、女性専用車両があるわけでして
    こういうクソみたいなクレーマーの勘違い女は
    最初から女性専用車両に乗れば良いだけの話で
    故意であろうがなかろうが
    この程度で痴漢だと思えるなら、最初から女性
    専用車両に乗ってください。その努力もせずに
    一方的に被害者ぶって痴漢を訴えるのは
    公平性に欠けます

    と言っとけば済む話なんですよ

    だいたいね。この勘違いクレーマー女の
    この糞みたいな感情論が通るなら
    きったないケツ押し付けられましたって
    俺の意見も通るんですよ

    冷静になって考えてください警察さん
    この女はただの被害妄想に満ちたヒステリー
    でクレーマーなだけです
    俺を刑務所に送るのではなくて
    この女を精神科へ送ってください
    そのほうが確実に痴漢もなくなって
    平和になりますって



    相次ぐ「線路への逃走」を分析
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170518/k10010986551000.html
    【【悲報】ちょっとケツに触れただけで痴漢扱いしたデブスまんこが完全論破されるwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    WS000274


    1:あしだまな ★:2017/02/07(火) 16:25:01.23 ID:CAP_USER9.net
    「どうしても言いたいことがある」 三浦九段が初めて語った騒動の内幕
    http://ironna.jp/article/5686
    http://ironna.jp/article/5686?p=2
    http://ironna.jp/article/5686?p=3
    http://ironna.jp/article/5686?p=4
    http://ironna.jp/article/5686?p=5
    http://ironna.jp/article/5686?p=6


    連盟も今回の騒動で大変な被害を被ったと思うんですけど、ただやっぱり悪意を持って、私のことや将棋界全体を苦しめた一部のメディアと一部の棋士、
    そして私が不正をしているという噂をまき散らし将棋界を無茶苦茶にした観戦記者の小暮克洋氏だけは、許せないという気持ちはありますね。


    【【将棋】冤罪被害の三浦九段「一部のメディアと一部の棋士、観戦記者の小暮克洋氏だけは許せない」】の続きを読む

    WS000421


    1:三毛猫 φ ★@\(^o^)/:2016/12/27(火) 09:24:57.23 ID:CAP_USER9.net
    将棋 “三浦九段の不正認める証拠なし” 調査委発表

     将棋の三浦弘行九段が対局中に将棋ソフトを不正に使った疑いがあると指摘された問題で、
    日本将棋連盟が設けた調査委員会は、「不正行為に及んでいたと認めるに足りる証拠はない」と
    発表しました。
     その一方で、連盟が年内の出場停止処分にしたことについては、竜王戦の開幕を前に緊急性が
    あったとして妥当だったとしています。

     日本将棋連盟は、三浦弘行九段が対局中に席を離れることが多く、将棋ソフトを不正に使った疑いが
    出ているとして、ことし10月、聞き取りを行ったうえで年内の公式戦の出場停止処分を決めました。
     これに対して三浦九段は、NHKのインタビューで「決して不正はしていないので、処分を受けるいわれはない」
    などと話していました。

     
    【【将棋】<ソフト不正使用疑惑>“三浦九段の不正認める証拠なし” 調査委発表】の続きを読む

    このページのトップヘ