人手不足

    WS000034


    1:ネタデス@\(^o^)/:NG NG BE:971283288-PLT(13000).net
    大手がこぞって無人化・機械化を急ぐ背景にあるのが、そうです、深刻化する人手不足です。
    建設業で働く人はおよそ20年前の平成9年の685万人をピークに減少が続き、平成28年は495万人に減っています。
    27%の減少です。
    さらに建設業界では、作業員の高齢化がほかの業種よりもはるかに早く進んでいます。

    「建設業で働く若者が減ってきている。どこかで打破しないと大変なことになる」

    長らく「きつい」「汚い」「危険」の”3K職場”の代表と言われてきた建設業は変わらなければと、
    多くの業界幹部が危機感を強めています。

    ・いつまで続く週休1日
    機械化に加えて、建設業界が、ようやく重い腰をあげようとしているのが、働き方改革。
    建設業界は、ほかの業種と比べて相当に遅れた業界でした。

    それを象徴するのが休日の日数。国土交通省の調査では、建設現場の33%は「4週4休」。
    実に3分の1の現場が今も週休1日なのです。次いで多いのが「4週5休」という現場で24%。
    「4週8休」つまり、週休2日の現場は、わずか7%です。

    工事を発注する側も、請け負う建設会社側も、工期をできるだけ短くしようと土曜日はふつうに働く、
    というのが今も業界の慣習です。


    http://www3.nhk.or.jp/news/business_tokushu/2017_1010.html
    【土建屋「年収800オーバーなのに人が来ない、年65日も休めるのに!」】の続きを読む

    WS000008


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/10/10(火) 18:57:50.85 ID:CAP_USER9.net
    深刻な人手不足が招くバイトの過保護化と店長受難
    10/9(月) 7:01配信
    コメント
    読売新聞(ヨミウリオンライン)

     アルバイト・パートの求人倍率は1.80倍(2017年6月)に上り、求人数が求職者数を上回る「売り手市場」となっている。従業員にバイトが占める割合の高い飲食店やコンビニエンスストアなどでは、深刻な人手不足も問題だ。時給1500円でも応募がないというケースがある一方、せっかく採用したアルバイトがわずか1か月でやめてしまうということも珍しくない。人手不足にあえぐ現場で何が起きているのか。リクルートで主要求人媒体の全国統括編集長の経験がある人材コンサルタント、平賀充記氏に聞いた。(聞き手・メディア局編集部 鈴木幸大)

    ◆ホワイト化するバイト

    深刻な人手不足が招くバイトの過保護化と店長受難
    (画像はイメージ)
     かつて、社会問題になっていた「ブラックバイト」という言葉は、ここ数年でほとんど耳にしなくなりました。そもそも、ブラックバイトは、長時間の残業を押し付けたり、やめたいという学生を不当につなぎとめたりすることが問題になっていました。

     バイト学生の良心や責任感につけこむ「やりがい搾取」という実態とともに、過重労働やバイト代の未払いにつながる悪質なケースも見受けられました。

     しかし、こうしたブラックバイトが問題視されるとともに、昨今の「働き方改革」ブームも手伝って、各業種で長時間労働などの見直しが行われるようになりました。

    ◆しわ寄せは店長へ

     その結果、飲食店などでは、職場の中で立場の弱いアルバイトスタッフに無理させない「過保護化」という動きが加速しました。バイトの労働は1日8時間まで、残業禁止、無理なシフトはご法度……。

     コンビニのように、売り上げがほぼ一定で、原材料費でコストカットするということができない場合、利益を伸ばすには人件費を削るしかありません。バイトの時給を一定程度まで引き上げた場合、次はバイトの数を抑制するようになります。それまで、3人のバイトで回していた時間帯でも2人でこなすということもあります。

    (以下ソース)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171009-00010000-yomonline-life
    人材コンサルタント 平賀充記
    【【仕事】人手不足でアルバイトのホワイト化が深刻。残業禁止など過保護に[人材コンサルタント 平賀充記]】の続きを読む

    WS000020


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/08/24(木) 15:07:59.83 ID:CAP_USER9.net
    民間調査会社の帝国データバンクが24日に発表した人手不足に対する企業の動向調査によると、正社員が「不足」していると回答した企業の比率は45.4%と過去最高となった。1年前と比べ7.5ポイント、半年前と比べ1.5ポイント上昇しており、人手不足感が一段と強まっている状況が示された。

    企業の規模別では大企業が51.8%、中小企業が43.7%だった。業種別ではソフト受託開発などの「情報サービス」が69.7%と最も多く、「家電・情報機器小売り」の61.5%、「放送」の61.5%、「運輸・倉庫」の60.9%と続いた。

    非正社員については「不足している」と回答した比率は29.4%で、1年前と比べ4.5ポイント上昇したものの、半年前との比較では0.1ポイント低下した。業種別では「飲食店」で78.0%、「電気・ガス・水道・熱供給」で66.7%となった。

    帝国データバンクは「人手不足により企業収益が厳しさを増しているほか、商品やサービスの新規開発にも影響を与える事態となっている」と分析している。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

    配信2017/8/24 14:35
    日本経済新聞
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL24HKZ_U7A820C1000000/
    【【人手不足】企業の正社員「不足」、45%と過去最高 帝国データ調べ】の続きを読む

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/08/12(土) 12:03:40.31 ID:CAP_USER9.net
    人手不足36% 景気への悪影響懸念も6割超え、「商機逃す」と警戒感
    産經新聞:2017.8.12 11:41更新
    http://www.sankei.com/economy/news/170812/ecn1708120010-n1.html
    (回答企業一覧は掲載元でどうぞ)



     産経新聞社が7月下旬から8月上旬にかけて主要企業121社を対象に実施したアンケートで、4割近く(無回答を除く)の企業が人手不足を感じていることが分かった。
    人手不足は商機を逃す要因にもなりかねず、景気に悪影響を与えるとの懸念も6割に上った。

     人手不足については、「全般的に不足」との回答が4%で、「一部で不足」が32%だった。
    「過不足はない」との回答が最も多く63%に上ったが、「過剰」という回答は1%のみで、全体としては人手不足の傾向がうかがえる結果となった。

     最大の要因は景気拡大を受けた仕事の増加だ。
    6月の有効求人倍率は1・51倍と高度経済成長直後の昭和49年2月以来の高水準で、アンケートでも幅広い業種で人手不足が広がっていることが浮き彫りになった。

     人手不足が景気に与える影響については、64%が「悪影響を与える」と回答。
    「受注活動や生産活動の遅延」(建設)や「人件費上昇が収益を圧迫する」(素材)などが理由だ。

     しかし、「賃金上昇圧力の強まりは企業の生産性向上を促す」(保険)、「賃金引き上げによる消費が拡大」(食品)などと前向きにとらえ「一部に好影響」とする回答も12%あった。

     対策について聞くと、採用活動の活発化や外国人の積極採用を進めている様子が浮かび上がった。
    また、「ロボット・AI(人工知能)の活用による生産性向上」(機械)といった省力化投資への取り組みを挙げる企業も目立った。
    【【主要企業アンケート】人手不足36% 景気への悪影響懸念も6割超え、「商機逃す」と警戒感】の続きを読む

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/07/21(金) 11:20:47.01.net
    石原伸晃経済再生担当相は21日の閣議に2017年度の年次経済財政報告(経済財政白書)を提出した。
    人手不足が1980~90年代のバブル期並みに深刻化していると指摘。

    労働者の生産性が米国の6割、欧州の8割と低水準にとどまる点とともに、日本経済が抱える課題に挙げた。
    供給制約による低成長を打開するため、残業を抑えて多様な勤務形態を認める「働き方改革」を進め、生産効率を高める必要性を強調した。

    副題は「技術革新と働き方改革がもたらす新たな成長」とした。
    安倍政権下の景気回復が戦後3位の長期に及ぶ一方、賃金や消費が伸び悩んでいる点にも言及。

    最近の経済財政白書の副題


    配信2017/7/21 10:49
    共同通信
    https://this.kiji.is/260942422661955592?c=39546741839462401
    【【経済財政白書】人手不足、バブル期並み 残業抑え低成長打開を】の続きを読む

    WS000273

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/03/31(金) 09:08:27.02 ID:CAP_USER9.net
    宅配大手のヤマト運輸と佐川急便がトラック運転手の人手不足対策として、高速道路における大型トラックの速度制限の緩和を
    政府に要望していることが30日わかった。


    【【物流】ヤマト・佐川、大型トラックの高速速度制限緩和を政府に要望 最高時速80キロメートルから同100キロに緩和を】の続きを読む

    このページのトップヘ