中国


    WS000025

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/08/18(金) 09:50:25.68 ID:CAP_USER9.net
    2017/8/17 19:52:J-CAST
    https://www.j-cast.com/2017/08/17306123.html?p=all

    旧満州(中国東北部)で細菌兵器の開発を進めていたとされる旧日本軍の「731部隊」(関東軍防疫給水部)をめぐるNHKのドキュメンタリーが反響を広げている。

    番組では、戦後に731部隊のメンバーを旧ソ連が裁いた軍事裁判の様子を収めたテープを発掘。
    中国人の囚人に細菌を感染させたり、わざと凍傷を負わせたりする人体実験の様子が語られた。
    中国外務省は番組について「日本の洞察力のある人々の勇気を賞賛する」と異例の論評をした。

    当時の憲兵や衛生兵が、人体実験の様子を次のように証言する音声が流された。

    「中国人、それから満人(満州人)を約50名あまり人体実験に使用しました。砂糖水を作って、砂糖水の中にチフス菌を入れて、そしてそれを強制的に飲ませて細菌に感染をさせて、そしてその人体実験によって亡くなった人は12~13名だと記憶しています」
    「人体実験を自分で見たのは1940年の、確か12月ごろだったと思います。まず、その研究室に入りますと、長い椅子に5名の中国人の囚人が腰をかけております。
    それで、その中国人の手を見ますと、3人は手の指が全部黒くなって落ちておりました。残りの2人は指がやはり黒くなって、ただ骨だけが残っておりました(中略)凍傷実験の結果、こういうことになったということを聞きました」

    中国外務省「一連の史実は動かしがたいものであり、否定できない」


    番組に対して、中国政府は異例の反応を見せた。中国外務省の華春瑩副報道局長は8月15日の定例会見で、記者から番組について
    「日本の731部隊が罪を認める20時間を超える録音を掘り起こし、中国侵略戦争で同部隊の犯した凶悪犯罪を完全に復元した」
    などとコメントを求められ、次のように番組を称賛。歴史問題の「正しい理解と深い反省」を改めて求めた。

    「第2次世界大戦中、日本の侵略軍は中国人に対して極悪の細菌戦を発動し、残酷で非人道的な人体実験を行い、反人類的な極悪犯罪を行った。一連の史実は動かしがたいものであり、否定できない。
    この時期の歴史を正しく認識することでのみ、日本は歴史の重荷を下ろすことができるようになる。我々は歴史の真相を暴く日本の洞察力のある人々の勇気を賞賛する。
    日本側が国内外の正義の声に注意深く耳を傾け、日本軍国主義の侵略の歴史を正しく理解し、深く反省して、中国などアジア被害諸国の国民感情を真剣に尊重することを希望する」

    中国共産党の機関紙、人民日報も8月16日付の紙面で、「歴史から学んで初めて未来を獲得できる」と題するコラムを掲載した。コラムでは、番組終了後、日本の視聴者からも

    「本当に恐ろしい。人間がすることとは思えない」
    「これが事実ならば、私たち日本人はこういったことを繰り返してはならない」
    といった声があがったとしながら、日本政府は「資料がない」ことを理由に事実関係を認めていないことを指摘。

    (全文は配信先で確認をお願いします)

    【【卑劣な人体実験】NHK「731部隊」ドキュメントに反響 中国外務省が異例の論評…「同部隊の犯した凶悪犯罪を完全に復元」】の続きを読む

    WS000015


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/08/17(木) 18:38:23.14 ID:CAP_USER9.net
    【8月17日 AFP】中国で、フランス人のパン職人が使用期限切れの小麦粉を使用していた疑いで逮捕され、3月から当局に拘束されたままになっていることが分かった。釈放を求める署名運動を開始した家族が16日、明らかにした。

    ローラン・フォルタン(Laurent Fortin)さん(48)は、フランス人事業家が経営するベーカリーチェーン「ファリーヌ(Farine)」の上海(Shanghai)店に昨年末から勤務していたが、保健当局による強制捜査で店と倉庫から期限切れの小麦粉が見つかったとして、中国人店員6人と共に逮捕されたという。

    経営者のフランク・ペコル(Franck Pecol)氏は当時、中国国内におらず、現在はフランスにいるとみられる。

    フォルタンさんの家族は、署名サイト「チェンジ・ドット・オーグ(Change.org)」で「ローランの即時解放とフランス政府の介入を求める」請願を開始した。AFPの取材に応じた兄弟のダビッド(David Fortin)さんによれば、逮捕された直後のフォルタンさんはベッドも椅子もない厳しい環境で身柄を拘束されていたという。

    有罪になれば最大15年の禁錮刑が言い渡される恐れがある。ローランさんの母親は、仏紙パリ・ノルマンディー(Paris Normandie)に「あの子は会社の従業員の一人でしかないのに」と訴えている。


    *****
    引用ここまで。全文は下記よりお願いします
    http://www.afpbb.com/articles/-/3139512?act=all
    【【国際】フランス人パン職人、期限切れ小麦粉使用の疑いで中国で拘束中=有罪になれば最大15年の禁固刑】の続きを読む

    WS000010


    1:ネタデス@\(^o^)/:NG NG BE:487816701-PLT(13000).net
    中国・台湾のインターネット掲示板で、新たな日本への新たな“蔑称”が生まれている。

    元々、中国・台湾の極右思想の中では「日本鬼子」という言葉が使われてきた。
    鬼は中国語では「悪魔」の意味であり、日本鬼子は「最低で愚劣な日本人」という意味合いになる。

    しかし、この言葉は日本での認知度が低く、それどころか2010年には「日本鬼子」という『萌えキャラ』を日本人が考えだしてしまった。


    しかし、ネット住民たちは負けていない。「なんとか日本人へダメージを与えよう」と、新たな呼び名を考え出した。

    それが「韓人那」である

    意味合いとしては「韓国人かな?」「韓国人みたいだね」「韓国人の偽物」という事になる。

    http://www.asahi.com/and_M/interest/entertainment/Cfettp01708170016.html
    【【悲報】中国で日本人の新たな蔑称「韓人那」広がる その意味は韓国人の偽物】の続きを読む


    WS000038

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/08/13(日) 12:45:48.63 ID:L8a9ABcA0.net BE:479913954-2BP(1931)
    なぜ日本人は高級車を買わないのか?

    2017年8月12日、中国のポータルサイト・今日頭条に、なぜ日本人は高級車をあまり買わないのか、その理由について分析する記事が掲載された。
    記事は、日本の自動車は税額の違いから中国よりも30%ほど安く購入できると紹介。それにもかかわらず、高級車を購入する人は少ないという。

    ではなぜ日本人は高級車を購入する人が少ないのか。
    その理由の1つとして記事は、「交通の便が発達していること」を挙げた。
    東京や大阪、京都などの大都市は公共の交通が発達しており、電車とバスで十分だという。

    2つ目の理由は「土地が狭いこと」だ。日本では自動車の購入に当たり車庫証明が必要だが、駐車場の確保が難しく、家に駐車場を造るよりは花を植えた方がいいと考えるからだという。

    3つ目の理由は「維持費が高いこと」だ。自動車保険、メンテナンス費、ガソリン代などの維持費が高く、中でも駐車代が非常に高いからだとした。

    4つ目の理由は「富をひけらかすことを嫌がること」だ。日本では富をひけらかすと白い目で見られるためで、日本一の金持ちであっても800万円程度のレクサスに乗るだけだという。

    5つ目の理由は「誤解を恐れること」だ。「日本では暴力団員などが高級車に乗っている場合が多いので、誤解されないようにするため」だという。

    6つ目の理由は「愛国」だ。ベンツやBMWは日本メーカーではないの好まれないという。この傾向は、自動車のみならず携帯電話や日用品さらには食べ物にまで及んでいるとした。

    7つ目の理由は「エコ意識」だ。そのため電車や自転車で済めば自動車に乗ることはしないという。

    これに対し、中国のネットユーザーから
    「考え方や価値観が違いすぎて比較にならない」
    「日本に行ってみればわかる。精神面では中国は一生日本に追いつけない」

    などのコメントが寄せられた。また、

    「中国がトヨタやホンダのような品質の車を造れるなら、俺だってベンツやBMWは買わないよ」
    「中国は全国民が役人になって金持ちになりたいと考えている。みんながお金しか見ておらず偽物ばかり作る」

    などの意見もあり、中国人の普遍的な価値観に問題があるとの意見が多かった。

    http://a.excite.co.jp/News/chn_soc/20170813/Recordchina_20170813003.html
    【中国人「なぜ日本人は高級車を買わないの?中国より安く買えるのに」】の続きを読む

    1:ネタデス@\(^o^)/:NG NG BE:878898748-PLT(16000).net
    7月27日~30日まで中国の上海で開催された『チャイナジョイ』にて韓国ブースにちょっとしたトラブルがあったようだ。

    韓国コンテンツ振興院が運営している「韓国パビリオン(KOREA PAVILION)」の名称が使えないとチャイナジョイの主催者が通達。

    韓国コンテンツ振興院は、27日~30日まで「KOREA PAVILION」ではなく「KOCCA PAVILION」と名前を変更したという。
    韓国の名前を使うなと命じたチャイナジョイの主催者は中国光全(前)総局と科学技術部、国家体育総局など政府省庁である。
    つまり中国政府の命令により「韓国」の名前を使うなと命じたことになる。

    韓国は過去に2011年から毎年チャイナジョイに「KOREA PAVILION」としてブースを設けてゲームを出展してきた。
    しかし、今年は主催者が突如として「韓国(KOREA)」の変更を求め「KOCCA」という名称でパビリオンを運営。
    変更後の「KOCCA」は韓国コンテンツ振興院の略である。
    中国政府がサード配置を口実に事実上の韓国ブランドのゲームを禁止させようとしているとみられている。

    ■中国の流通業者との情報やりとり禁止まで
    中国の販売代理店と手を組みゲームを出展する予定だった国内の某ゲーム会社はイベント直前まで展示に対する
    具体的な情報を受け取ることが出来なかった。これもまた主催者側はこの業者に情報を提供するなと命じたためである。

    このような中国の行動はサード配置以降に続いており、中国政府は昨年2月にサード配置が発表されてから、
    今まで韓国ゲームの輸入を拒否している。実際に中国政府から輸入が許可された韓国ゲームは無い。

    チャイナジョイに出展した韓国ゲーム会社の関係者は「韓国ブースの場所割り当てもめちゃくちゃでゲームを紹介するのが
    難しかった」としている。

    このニュースを見た韓国のネットユーザーは「中国は論ずるまでもない相手だ」、「中国のゲーム不買運動しましょう」、
    「中国人は韓国に来ないで」などのコメントが書かれている。

    http://gogotsu.com/archives/31930

    【【圧力】中国のゲームショウで「韓国(KOREA)」という名称が禁止に その他にも様々な嫌がらせ】の続きを読む

    WS000021


    1:ネタデス@\(^o^)/:NG NG.net
    2017年7月22日、インドネシア国営アンタラ通信によると、インドネシア政府が建設を予定している首都ジャカルタと
    東部の大都市スラバヤを結ぶ既存鉄道(約750キロ)の高速化事業について、
    すでに計画の推進を要請した日本ではなく、中国に発注する可能性が高まっている。新浪網が伝えた。

    インドネシアのルフット海洋担当調整相はこのほど、「事業計画20%の研究が終了した」と説明。
    当初予定より建設費が大幅に増加する見通しであることを明らかにした。
    線路を高架にした場合、予算は当初の最大5倍に膨れ上がるという。

    地元メディアによると、インドネシアのブディ運輸相はこのほど「日本が受注すると決まったわけではない。中国の入札も歓迎する」と表明。
    ルフット氏も「中国と日本の双方に前向きな姿勢は伝えたが、どちらを選ぶかは決めていない」と述べた。
    インドネシア政府は財政負担がより軽い方を選ぶ見通しだ。

    注目すべきはジョコ・ウィドド大統領が、ルフット氏を中国からの投資処理担当に命じたことだ。
    大統領がルフット氏を直々に指名したことは「中国投資重視」の表れともいえる。
    一方、カラ副大統領は日本との協力を望んでおり、今後政治対立が深まる可能性がある。

    インドネシア政府、鉄道計画で日本から中国に乗り替えか
    http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20170722/Recordchina_20170722031.html
    【インドネシア政府、鉄道計画で日本から中国に乗り替えへwwwwwwwwwwwww】の続きを読む


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/07/11(火) 18:18:47.96 ID:AchmjITN0 BE:878898748-PLT(16000)
    中国でエレベーターが落下するという事故が起きた。事故の原因は定員オーバーによるもので、
    13人乗りのエレベーターに18人が無理矢理乗ったところ落下。

    事故が起きたのは中国の湖北省にあるオフィスビルで、事故が起きたのは朝の8時10分頃。
    出社しようと混雑しているときで、成人男性16名と子供2人、計18人が乗り込み定員オーバー。

    エレベーターは定員オーバーの警告音を鳴らしたが、皆がそれを無視して誰も降りなかった。
    ビルの管理人がブザーを聞き、数名降りてくれと伝えたが誰も降りずに結局エレベーターのドアが閉まってしまった。
    定員オーバーの状態でドアが閉まる仕様もどうなのかと思うが……。

    重量オーバーとなったエレベーターは地下1階まで落下してしまった。

    事故後、エレベーターの中は人が人がごった返しており、暑苦しく女性1人が意識を失っていた。
    10分後にエレベーター管理会社の従業員が到着してドアが開いた。レスキュー隊は意識を失った女性を
    ロビーに移して応急処置をした。

    このビルで勤務する男性は「毎日ビル管理人がエレベーター前で、人々を整理して大変そうだ。
    無理して乗ろうとする人が居て、以前にも墜落事故が起きたことがある」とサラっと衝撃の事実をつけ加えた。

    なお、通常エレベーターの「定員○人」や「最大重量○kg」というのは余裕を持って書かれているもの。
    具体的には「重量420kg」の場合は、120%でブザーが鳴り扉が開いた状態となる。
    「定員○人」というのは目安で、重さでしか量っていない。
    もちろん重量に耐えきれず落下するのは論外である。これは日本のエレベーターの話であるが。

    http://gogotsu.com/archives/31184


    【【中国】エレベーターが定員オーバーになるも誰も降りず → 耐えきれず落下事故 「今回で2回目アル」】の続きを読む

    WS000026


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/07/11(火) 11:48:27.43 ID:tskwAWod0.net BE:346914996-2BP(1000)
    『週刊ダイヤモンド』7月10号の第1特集は「中国に勝つ」です。日本のITレベルが
    20世紀で止まっている間に、中国は進化しまくっていた!キャッシュレス社会が到来し、
    日本よりもよほど便利な日常生活が送れるようになっていたのだ。
    中国の産業界での革新も凄まじい。製造業からサービス業へ、模倣モデルから
    イノベーションモデルへと舵を切り、産業競争力も更に高まっている。
    日本を超えた中国に勝つにはどうすべきなのか。中国とのつながり方を模索し、
    日本独自の「勝ちパターン」を提示する時に来ている。

    「中国の動きは速いから、1~2年に1度は取材に来てくれないと」。2008年のオリンピックが
    開催される直前に北京を訪れたときに、現地駐在員からよく言われたせりふだ。

     3年ぶりに訪れた北京では──。「半年に1度で、ギリギリキャッチアップできるかな」
    「リアルな中国を知るには2ヵ月に1度でも足りないと思いますよ」。

     どうも、動きがさらに加速しているようなのである。確かに、街の景色は様変わりした。
    端的に言えば、スマートフォンがないと身動きが取れない。スマホがないと生きていけなくなった。

    (略)

    いつの間にか、中国は超キャッシュレス社会へ変貌していた。

     これまでの中国は、日本の高度経済成長期に相当する──。今も、中国を表現するときによく
    使われる言葉だが、ことITやスマホ環境に関しては、完全に日本が後進国である。日本はとっくに中国に負けていた!

     しかも、電子決済の普及は、中国沿岸の都市部だけの話ではない。中国全土で
    広範囲に浸透している。自転車シェアリング、タクシー、外食、コンビニエンスストア、
    映画、自販機──。周囲を見渡せば、街中にQRコードが溢れている。


    屋台の机にも二大サービスのQRコードが並ぶ Photo:DW
     1元(16.5円)単位で、送金や決済が可能なので、スマホ処理ができないことがほとんどない。

     例えば、野外に机を並べただけの簡易屋台でも、公共トイレを拝借するときのチップも、
    街頭の募金でも電子マネーで決済できる。果ては、道端の物乞いさんまでもがQRコードを差し出す始末だ。

     貧しいのに何で高価なスマホを持っているのか?という素朴な疑問が浮かばないこともないが、
    この国では、それこそスマホがライフラインの役割を果たしているということなのだろう。

     この「マイクロファイナンス」ともいうべき電子決済を支えているのが、テンセントの
    「微信支付(ウィーチャットペイメント)」と、アリババの「支付宝(アリペイ)」という二大サービスだ。


    全文は
    http://diamond.jp/articles/-/134622
    【中国は今や「超キャッシュレス社会」 QRコード×スマホで何でも決済  日本は現金に拘り、キャッシュレス化進まず】の続きを読む

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/07/06(木) 14:27:12.75 ID:QWaSPq7B0.net BE:837857943-PLT(16930)
    日本系自動車とドイツ系自動車 実際に大きな差はない?

    記事は、中国の合弁自動車市場において日系とドイツ系がほぼ天下を二分しており、両者に関する話題は永遠に語り尽くされることがないと紹介。
    両者に関する主なテーマは車体の重さ、安全性、燃費などであり、「ドイツ系は車体が重く、ドアの音がしっかりしているから安全だが燃費が悪い」、
    「日系車は外観がおしゃれで、燃費がいい反面、ボディが薄いので安全でない」といったステレオタイプ的な話をしばしば耳にすると伝えた。

    そのうえで「同じクラスの自動車を比較してみると、実際は両者の車重には大きな差はない。そして、自動車の安全性はもはや
    鋼板の厚さで判断する時代ではないのだ」と説明。自動車の前後の衝撃吸収部分が安全性に大きく関わっており、
    日系、ドイツ系いずれも安全対策はしっかりとやっていると解説した。

    また、燃費についても車重だけが大きな要素ではなく、エンジンと変速機の組み合わせも大切であるとし、資源の乏しい日本が
    技術的にリードしているハイブリッド車を除けば、燃費にかんして両者は大差ないのだと説明している。

    http://news.searchina.net/id/1632253?page=1

    【「やはりドイツ車は完璧だ」ドイツ車を買って自慢してる奴www 日本車と同じ性能であることが判明】の続きを読む

    WS000111


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/06/27(火) 06:07:41.26 ID:F/eXhekG0.net BE:306759112-BRZ(11000)
    道徳だから異議を唱えることなど許されない 「反日無罪」の論理に日本人はどう立ち向かうべきか

     ここ数年、報道などで「反日」という言葉を耳にすることが多くなった。言うまでもなく、中国・韓国で「反日感情」が高まっているのがその原因である。
    周知のように日本と中国・韓国の間には領土問題や歴史認識問題、慰安婦問題、靖国神社参拝問題、戦後補償問題などをめぐる葛藤があり、
    一般の中国人・韓国人も反日感情を昂ぶらせているのである。そして、その感情は年を追うごとに激しさを増している。
    ところが、日本では反日感情に対する研究をおろそかにしてきたこともあって、今に至っても韓国・中国の反日感情の実態がよく理解できておらず、その対処もろくになされていない。
    ここでは韓国の反日感情の実態を大まかに述べ、その対応方法について考えてみたいと思う。






    韓国人にとって「反日」とは「道徳」なのである
    http://bunshun.jp/articles/-/3076
    【韓国人にとって「反日」とは「道徳」なのである】の続きを読む

    このページのトップヘ