ユーチューバー

    1:ネタデス@\(^o^)/:NG NG.net
    アヒルのおもちゃが車の中で溶けてしまいスライムのようになってしまうというツイートをしたところ、
    なんと日本だけでなく世界中に拡散して100万いいねを超え現時点で110万いいねを獲得。

    しかし中には「車の車種が違う」などの意見も多く飛び交っていた。

    そんな美大生のhzm氏が全てを説明するためにユーチューバーになり、事の経緯と車の車種について説明。

    まずこのアヒルのおもちゃはハマ寿司の入口においてあるガチャガチャで購入したものだという。
    それを車の中に置いていったままだった。ただ単純に置いていっただけでなく、アヒルを中に置いたまま
    車検に出したのだという。戻ってきた車の中でアヒルが溶けていたのだという。

    溶ける前と溶けた後でダッシュボードが違う風に見える件については、段順に取る角度の違いだったという。
    それをYouTubeの動画で証明し上から撮影すると出っ張っているカーナビ部分が平面に見えてしまうという。

    Twitterでは違う車に見えるという人に対して、図で「同車種だ」と詳しく解説する人まで現れた。

    それを説明するためのYouTube動画だったのだが、美大生ということでお金も苦しくお小遣い程度に稼げたら良いという。

    hzm氏は「有名人ですよ僕、リクエストとかあればやっていこうかな」、「大手ユーチューバーさんとコラボできたら」とコメント。

    こうして、アヒルのおもちゃが溶けたためにユーチューバーデビューしたのである。

    http://gogotsu.com/archives/31770





    【アヒルのおもちゃが溶けたツイートで「100万いいね」で話題に → 勘違いしてユーチューバーになる】の続きを読む

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/05/16(火) 10:04:38.08 ID:CAP_USER9.net
    【簡単に説明すると】

    ・ユーチューバーのシバターが亀田興毅に挑戦状
    ・「俺に買ったら1000万円やる」と発言
    ・ルールもミックスルールを要求

    そこそこ人気ユーチューバーであるシバターが先日AbemaTVで4戦行い話題となった亀田興毅に挑戦状を叩き付けた。

    シバターは一応格闘技歴があり、「俺に勝ったら1000万円やる」とお金を見せて挑戦を挑んだ
    その試合を請け負ってくれる場所などはまだ模索中だというが、ルールはヘッドギアなしで、ボクシングと総合格闘技のミックスルールを要求。

    この試合に関して一切のヤラセや打ち合わせはやるつもりはなく、真剣勝負をやりたいとコメント。

    今後亀田興毅の事務所に掛け合い、進捗があったら報告するという。

    http://dailynewsonline.jp/article/1310864/
    2017.05.16 02:08 ゴゴ通信



    【【ボクシング】ユーチューバーが亀田興毅に挑戦状! 「俺に勝ったら1000万円やる!」】の続きを読む

    WS000406

    1:ネタデス@\(^o^)/:NG
    昨年8月にホテル従業員女性への強姦致傷容疑で逮捕された女優・高畑淳子の長男・高畑裕太の近況が「女性自身」(光文社)で報じられた。
    同誌記者に直撃された母・淳子は「もう、そっとしておいてください!彼は無実です!」「不起訴になった時点で、もう潔白じゃないですか!」と息子を改めて擁護。
    事件は結果的に不起訴となり、裕太は釈放されたが、その裏で数千万円の示談金が被害者に支払われていたことや、
    示談交渉の場に反社会的勢力の元関係者が介在するなど、決してクリーンとは言えないことがわかっている。

    淳子はいまだに「息子はハメられた」という被害者意識が強く、自分たちだけが集中砲火を浴びることに納得がいっていない。
    「私たちのところにくるのなら、相手の女の人と“あの男”のところにもちゃんといきなさいよ!」と声を荒げ、
    「ジャーナリストの端くれなら、本当のことを書いてくださいよ!」と訴えた。

    高畑を知る関係者によると「息子さん以上に変わってしまったのが、淳子さん。今まではいつも明るく、取材にも気さくに応じる人だったが、事件後は目の敵にしている。
    常に周囲を警戒し、自宅周辺でマスコミを見つけたらケータイのカメラでその様子を写し、すぐに警察に通報。
    今回の直撃取材も目を血走らせてまくし立てたようです。顔も青白いため、記者いわく『まるで鬼だった』そうです」と明かす。

    気になる息子・裕太の近況はというと…。本サイト既報通り、髪もヒゲも伸びっぱなしの“仙人”のような姿で自宅に引きこもっているという。
    ゲームやネット動画を見てばかりの生活で、もっかの楽しみは7月に発売される「ドラゴンクエスト11」と買うことなんだとか。
    母・淳子が女性自身の取材に「あの子の人生が台無しになったんですよ!」と叫ぶのも無理はない。

    「一時は淳子さんの劇団に入り、一からやり直すというプランもありましたが、当の本人が“対人恐怖症”になってしまったようだ」とはスポーツ紙記者。

    とはいえ、このままずっと引きこもっているわけにはいかない。そこで浮上してくるのが「ユーチューバー」という選択肢だ。
    前出記者は「彼は“撮られること”が好きなタイプ。以前はツイッターやインスタで自撮り画像をよくアップしていた。
    ユーチューバーなら直接人と交流しなくても、様々なことを表現できるし、お金を稼ぐこともできる。十分ありえる話です」と語る。

    仮に「ユーチューバー裕太」誕生ならば、その話題性からたちまちトップクラスの存在になれるはずだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1307827/
    【高畑裕太が「ユーチューバー裕太」で復活か? 母・敦子は鬼の形相で「人生が台無しになった!」と絶叫】の続きを読む

    WS000105


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/03/04(土) 07:25:48.36 ID:CAP_USER9.net
    ウェブを使った新しいジャーナリズムの実践者として知られるジャーナリストでメディア・アクティビストの津田大介氏。米国である人気ユーチューバーが契約解除された騒動を解説する。


    【【ネット】津田大介氏「人気ユーチューバーの差別動画が問題に」】の続きを読む

    WS000654


    1: アルゼンチンバックブリーカー(秋田県)@\(^o^)/ [ニダ]:2017/01/10(火) 09:51:17.53 ID:StrLZDcY0.net BE:194767121-PLT(12001)

    幼い頃からYouTubeに出ている子どもは、どんな風に成長するのか
     それはともかく、子どものYouTuberである。
     
     少し前から、子どもが演し物をやる動画投稿を多くみかけるようになった。出てくる子どもは、
    中学生や高校生とおぼしき年齢だけでなく、幼児が出てくるものもある。PV数も、閑古鳥が鳴いているものから“大手”まで色々だ。
     
     ああいうのを見ていると、私は、不安になってしまう。
     
     子どもが楽しそうに登場しているものでも、この子どもの将来はYouTubeに曝され続けてどんな風になってしまうんだろう……と思うと、
    なにか恐ろしい出来事の現場を目撃しているような気持ちになってしまうのだ。

    【youtubeで低評価入れられない様にしてる人達って神経質すぎないか?】の続きを読む

    WS000541

    1:継続スレッド作成依頼1062-219@チンしたモヤシ ★:2017/01/05(木) 01:15:28.73 ID:CAP_USER9.net
    YouTube配信者の男性が、恫喝行為を撮影して公開していたとの情報が、読者から寄せられた。この男性は三重県に在住のトラック運転手で、本名と思われる氏名で配信している。
    男性曰く、ヤマト運輸の配達員は事前に連絡してきたにもかかわらず、きちんと荷物を届けなかったという。


    【【三重】「全世界配信したるぞ」ユーチューバーがヤマト運輸に激怒、父親と共に営業所を襲撃しチェーンソーで職員を恫喝】の続きを読む

    このページのトップヘ