パワハラ

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/11/07(火) 11:13:09.94 ID:CAP_USER9.net
    神戸市内の製菓会社に勤務し、昨年6月に自殺した男性=当時(20)=の母親が今年9月、
    「長時間労働に加え、パワーハラスメントで鬱(うつ)を発症していた」として、兵庫県西宮市の西宮労働基準監督署に労災補償を申請していたことが5日、分かった。
    母親は「親として企業の責任を問いたい。若い社員が使い捨てにされるような社会であってはならない」と訴える。(中部 剛)


     母親は、芦屋市の前田和美さん(43)。長男の颯人(はやと)さんが昨年6月、神戸市東灘区のJR摂津本山駅で、通過しようとした快速電車に飛び込み亡くなった。

     和美さんによると、颯人さんは高校卒業後、製菓会社に入社。工場でチョコレートなどの製造ラインで勤務していた。タイムカードを基に超過(時間外)勤務の時間を算出すると、始業時刻前から操業準備に入っていたことなどを含め、2015年9~12月は月87~109時間の超過勤務があったと主張する。

     さらに、上司から執拗(しつよう)なパワハラを受けていたといい、同年12月に鬱を発症したとする。通院歴はないが、食欲が減退し、部屋に閉じこもりがちに。
    趣味のツーリングにも行かなくなるなど鬱の症状が現れており、颯人さんは友人に「鬱かもしれん」とメールを送っていた。

     製菓会社の関係者によると、この工場では始業時刻の1時間~1時間半くらい前の出社が慣例になっているといい、
    颯人さんが定刻の30分前に出勤しても上司から「社長出勤やなあ」と叱られていたという。

     規格外のチョコレートは牧場に提供するため、上司から「また牛のえさをつくってるんか」などと大声で怒鳴られた。叱責(しっせき)は毎日のように続き、会社を辞めたいと伝えると「辞めたらもうおまえの学校(卒業校)から採用しない」などと言われ、工場内で泣いていたこともあったという。

     過労自殺だと主張する和美さんに対し、製菓会社側は工場長が神戸新聞社の取材に書面で回答。
    「時間外が80~100時間になるような長時間労働はなく、パワハラも認識していない。
    亡くなる数日前には職場の仲間と食事に行くなど元気にしていたと聞いている」と反論した上で「労災かどうかは労基署の判断を待ちたい」としている。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171106-00000003-kobenext-l28


    追加ソース
    http://www.sankei.com/smp/west/news/171106/wst1711060052-s1.html

    【【社会】ゴンチャロフ製菓勤務だった20歳男性自殺「過労パワハラで鬱」母が労災申請…上司「また牛のエサ作ってるんか」】の続きを読む

    WS000059


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/10/13(金) 08:00:36.69 ID:CAP_USER9.net
    「餃子の王将」を展開する王将フードサービス(京都市)の社員で、広島県廿日市市の店舗で勤務していた男性(55)が、
    周囲からのパワハラなどでうつ病を発症したとして、9月に廿日市労働基準監督署へ労災申請していたことが13日、
    男性への取材で分かった。

    申立書などによると、男性は平成26年秋から29年2月まで、廿日市市の同店舗で勤務。
    27年ごろから、数日間使い続け酸化した調理用サラダ油により、吐き気や頭痛などの健康被害を受けたと主張。
    上司らに改善を求めると「頻繁に交換していたのでは利益が出ない」と拒否されたという。

    また同時期、上司や同僚から「頭がおかしい」「体調が悪くなるのはあなただけ」などと暴言を吐かれたり、
    無料通信アプリLINE(ライン)上で中傷されたりするなど、日常的にいじめや嫌がらせがあり、
    精神的苦痛を受けたとしている。

    男性は今年3月に「うつ状態」、4月に「うつ病」と診断された。
    3月に本社へ異動したが、その後体調悪化のため休職。
    「精神疾患はいつ治るか分からない。健康な心と体を返してほしい」と訴えている。

    王将フードサービスの担当者は「申請を真摯に受け止め労基署の調査に協力したい」と話した。

    以下ソース:産経west 2017.10.13 07:24
    http://www.sankei.com/west/news/171013/wst1710130007-n1.html
    【【広島】「王将」社員、「パワハラでうつ病」労災申請 酸化サラダ油使い続け健康被害、LINEいじめも 廿日市市 】の続きを読む

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/10/05(木) 12:42:50.99 ID:CAP_USER9.net
    ♪勉強しまっせ、引っ越しのサカイ~。このCMで一躍全国区になったサカイ引越センターは、昨年度の売上高は約799億円で、作業件数は73万件以上に上る。
    ともに4年連続で日本一を誇り、東証一部に上場する業界最大手だ。
    ここ数年、業績は堅調に推移しているが、トレードマークのパンダも恐怖のあまり泣き出しそうな“暴行事件”が社内で起きていた。

    その様子を収めた動画がある。撮影されたのは9月10日の13時すぎ、場所は大阪府高槻市内にある「サカイ引越センター北大阪支社」の駐車場だった。

    「聞こえへんねん、コラ~」

    私服姿の男が怒鳴り声を上げながら、作業着を着た男性2人を執拗に追いかけている。
    時折、男のパンチが顔面にヒットするが、2人は土下座をしながら、無抵抗の状態が続く。


    さらに、私服姿の男が倒れ込んだ男性の顔面を目掛けて、容赦なく蹴りを入れる。
    挙句、男はカーボン製のゴルフクラブを手にして殴り掛かり――。

    このボッコボコ動画を撮影した近所の住民がいう。

    「自宅のドアを開けたら、怒鳴り声が聞こえてきて、私服姿の男が作業着の2人を殴っているのが見えたので、大変やと思って撮影しました」

    撮影時間は約10分間だが、男が暴行に及んだ時間はさらに長かったという。

    「最初は1人が立って殴られていて、もう1人は正座をしていました。
    殴っている男に対して、作業着の2人は敬語を使っていたので、上司と部下なんかなと思いました。
    私服姿の男はゴルフクラブで殴り掛かっただけでなく、レンガまで投げつけていたのです」(同)

    「週刊新潮」2017年10月5日号 掲載

    http://news.livedoor.com/article/detail/13705534/
    2017年10月5日 5時58分 デイリー新潮
    【【社会】住民が撮影の「サカイ引越センター」パワハラ暴行 “酔って手を出した”】の続きを読む

    WS000007


    1:ネタデス@\(^o^)/:NG NG BE:194767121-PLT(13001).net
    大手製薬会社「ゼリア新薬」の新入社員の男性が、新入社員研修中のパワハラなどが原因で自殺したとして、遺族が、ゼリア新薬などを相手取り、
    損害賠償を求める裁判を起こした。

     自殺したのは、当時22歳だったゼリア新薬の新入社員の男性で、2013年5月、新入社員研修中に精神疾患になり、帰宅途中に自殺し、労災認定を受けた。

     研修で男性は、講師から同期の前で過去のいじめについて告白するよう強要されたり、「吃音(きつおん)」を指摘されたりしたことが心理的負担となり
    自殺したということで、遺族は8日、「ゼリア新薬」と、研修を実施した「ビジネスグランドワークス」や講師を相手取り、約1億510万円の損害賠償を求める裁判を東京地裁に起こした。

     研修を実施した「ビジネスグランドワークス」は、「全く弊社に落ち度はない」とコメントしている。

    http://www.news24.jp/articles/2017/08/08/07369336.html
    【研修中の新入社員がどもりなどを指摘され精神疾患になり自殺】の続きを読む

    WS000305


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/04/01(土) 06:10:37.85 ID:CAP_USER9.net
    朝日新聞デジタル 4/1(土) 3:13
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170401-00000009-asahi-soci

    ヤマト運輸の長野県内にある営業所のドライバーだった男性(当時46)が2015年1月に自殺した。妻子は、原因は上司の執拗(しつよう)なパワハラだったとして、慰謝料など約9500万円の損害賠償を求めて長野地裁に提訴した。


    【【パワハラ裁判】「殺してぇな」上司の罵声2時間 自殺遺族、ヤマト提訴】の続きを読む

    WS000485


    1:魔法少女☆Magicaloid-44 ★:2017/01/28(土) 08:55:49.35 ID:CAP_USER9.net
    ★パワハラ165万円賠償命令 名古屋の会社

    職場でのパワハラが原因で2012年に娘が自殺したとして、名古屋市北区の会社員女性
    (当時21歳)の両親が、勤務先だった同市内の青果会社と当時の先輩女性社員2人を
    相手取り、計約6400万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が27日、名古屋地裁であった。


    【【愛知】「同じミスばかりして」パワハラで21歳娘が自殺…6400万円の損害賠償求めるが因果関係認めず】の続きを読む

    このページのトップヘ