パチンコ業界

    WS000046



    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/09/06(水) 17:49:14.49 ID:CAP_USER9.net
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170905-00091199-playboyz-soci

    パチンコ業界が断末魔の叫びを上げている。7月11日、警察庁が風営法施行規則を改正し、パチンコの出玉を大幅に減らす方針を打ち出したのだ。

    ギャンブル性の低下により、ユーザーのパチンコ離れは必至の状況。今回の規制強化の真の目的とは? 今後、業界で何が起こるのか?

    * * *

    まずは今回の出玉規制の詳細を、パチンコ業界誌の記者が解説する。

    「この方針が実施されると、一回の大当たりでこれまで2400個の出玉があったものが1500個ほどになります。また、出玉率も大幅に下がり、現行1時間の遊技時間で300%が220%未満に抑えられる。イメージとしては、現行のパチンコ台の性能が3分の2にスペックダウンすると考えればよいと思います」

    この方針に頭を抱えるのは都内のパチンコ店関係者だ。

    「ここ数年、パチンコ業界は不況で、参加人口はピーク時(1994年)の約3000万人から940万に激減してます。さらにパチンコ台のスペックが下がれば、その940万人もホールから遠ざかってしまいかねない。警察庁の発表後は、毎晩、ホールがガラガラになる悪夢にうなされています……」

    北関東の準大手チェーン店の店長もこう心配する。

    「今、ホールに通っているのは一攫千金(いっかくせんきん)が望める、いわゆる“爆裂機”目当てのヘビーユーザーが中心。しかし、新基準の台になると出玉が抑えられ、パチンコは小さな勝ち負けをダラダラと繰り返す退屈な遊びになってしまう。これでは一日で十数万円勝つことも珍しくない現行のパチンコシーンに慣れたヘビーユーザーが満足するはずがない。『パチンコはつまらなくなったからやめた』となりかねません」

    前出の都内パチンコ店関係者によれば、ここ数年のパチンコ不況で、店は売り上げを2、3割落としているという。

    「そこに今回の出玉規制ですから、売り上げは現状からさらに3、4割減るかもしれない。数年前に比べると、50%近い売り上げ減となる計算です。これではパチンコ店は経営が成り立ちませんよ」(都内パチンコ店関係者)
    前出の業界誌記者も同意見だ。

    「95年に全国に1万8千店舗あったパチンコ店は今では1万店以下。このままでは7千店程度に減少する日も遠くないと悲観していましたが、今回の規制でそれどころの騒ぎではなくなる。業界にとってメガトン級のショックです。傷が深くなる前に店を畳み、別のビジネスを始める経営者が続出するのは確実です。へたをすると、パチンコ店は5千店前後に激減することになるかもしれません」

    深刻なのはすでにパチンコ店だけでなく、パチンコメーカーなどの関連産業にも悪影響が及んでいる点だ。前出の業界誌記者もこう言う。

    「15年に老舗メーカーのマルホンが民事再生、奥村遊機が破産したことでもわかるように、現状、メーカーの半分近くが赤字決算に沈んでいます。業界誌も青息吐息で、今年になって広告の出稿量がガクッと減りました。

    パチンコ産業の従事者はホールだけで約31万人、メーカーなどの関連産業も含めると50万人近くになる。パチンコ市場が縮小して大量に失業者が出ると、日本経済への悪影響も避けられません」

    ★『週刊プレイボーイ』38号(9月4日発売)「関係者が語るパチンコ業界、生き残りへの『ウルトラC』とは?」では、新しい取り組みで人気を集めるパチンコ店を取材。パチンコ業界再生のヒントを探る。

    【【経済】パチンコ業界が断末魔の叫び 警察庁が風営法施行規則を改正 業界誌記者「日本経済への悪影響も避けられません」】の続きを読む


    WS000024

    1:ネタデス@\(^o^)/:NG NG BE:468394346-PLT(15000).net
    「ここ数年、パチンコ業界は不況で、参加人口はピーク時(1994年)の
    約3000万人から940万に激減してます。さらにパチンコ台のスペックが
    下がれば、その940万人もホールから遠ざかってしまいかねない。警察庁の
    発表後は、毎晩、ホールがガラガラになる悪夢にうなされています……」
    北関東の準大手チェーン店の店長もこう心配する。
    「今、ホールに通っているのは一攫千金(いっかくせんきん)が望める、
    いわゆる“爆裂機”目当てのヘビーユーザーが中心。しかし、新基準の
    台になると出玉が抑えられ、パチンコは小さな勝ち負けをダラダラと繰り
    返す退屈な遊びになってしまう。これでは一日で十数万円勝つことも
    珍しくない現行のパチンコシーンに慣れたヘビーユーザーが満足するはずがない。
    『パチンコはつまらなくなったからやめた』となりかねません」
    前出の都内パチンコ店関係者によれば、ここ数年のパチンコ不況で、
    店は売り上げを2、3割落としているという。
    「そこに今回の出玉規制ですから、売り上げは現状からさらに3、4割減るかもしれない。
    数年前に比べると、50%近い売り上げ減となる計算です。これではパチンコ店は
    経営が成り立ちませんよ」(都内パチンコ店関係者)
    前出の業界誌記者も同意見だ。
    「95年に全国に1万8千店舗あったパチンコ店は今では1万店以下。このままでは
    7千店程度に減少する日も遠くないと悲観していましたが、今回の規制で
    それどころの騒ぎではなくなる。業界にとってメガトン級のショックです。傷が
    深くなる前に店を畳み、別のビジネスを始める経営者が続出するのは確実です。


    http://news.livedoor.com/article/detail/13567982/
    【助けて!パチンコ店閉店が止まらないの!】の続きを読む

    WS000037


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/07/14(金) 07:35:37.46 ID:5woYAs6F0 BE:632443795-2BP(10000)
    最近、パチンコ店勤務から会社の経理事務の仕事に移りました。以前は店頭に立って灰皿交換をしていましたが、簿記2級の資格を取って転職しました。
     しかし、ミスが重なり、毎日残業ばかり。鬱憤やストレスを解消するために、深夜の居酒屋で1人飲みする日が続きました。
     すると、同じカウンターで飲んでいた中年男性が「京子ちゃんじゃないの? 最近、店を辞めたと聞いて寂しかったよ」と声を掛けてきたのです。彼はいつもドル箱を積んでいる有名なギャンブラーでした。
     「相変わらず、勝っているんですか?」
     「機種が変わってから、大負け続きさ。泣きたいよ」

     私たちは妙に会話が盛り上がり、時間を忘れて終電を逃してしまいました。
     「酔い覚ましにどこかで休んで行こうか?」
     バージンなわけでもないし、誘われるままにホテルに入りました。ギュッと抱きしめられると、全身から漂う強烈なタバコ臭が…。
     彼は今日も朝から晩までパチンコをしていたのでしょう。続いて、舌を入れての濃厚なキスをしてきますが、同時に私のスカートの中に手が入ります。
     「パチンコより、チ○コが好きなんだろう?」
     つまらないオヤジギャグにシラけたけど、性器の触り方はすごく上手でした。
     もう、感じ過ぎて下着が冷たくなるほど濡れた状態になり、欲しくて上目遣いに誘うと、パンツを剥ぎ取り、アナルを丁寧に舐め始めます。
     膣口ではなく、お尻の穴を舐められたのが新鮮で、思わず「嫌~っ」と声が出ます。本音では「もっとして」って言う意味ですけどもね。

     ところが、彼は途中からゴソゴソと自分のカバンから何かを取り出して…。バイブかと想像していたら、銀色に光るパチンコ玉なの。
     「お願いだ。勝つために強運をつけさせてくれ」
     突然、たくさんの玉をアナルに入れられ、膣には硬いペニスが根本までガンガン差し込まれます。
     「ああっん、イク~ッ」
     深いストロークのピストン運動のせいですぐに達してしまい、力を入れた途端、ポロポロとパチンコ玉がお尻の穴からこぼれます。
     最後はチューリップのように足がパカッと開いたまま失禁しちゃった。彼はアナルに入れた玉で運を呼び込み、明日から勝負するのでしょうか?
    (書き手・
    http://wjn.jp/sp/article/detail/6841946/
    【パチンコ業界に激震、相次ぐホール店員の転職や客の苦悩、元店員が語る実話】の続きを読む

    このページのトップヘ