バーベキュー

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/08/29(火) 12:03:30.21 ID:CAP_USER9.net
    8月21日に放送された『バラいろダンディ』(TOKYO MX)で、タレントの武井壮(44)がバーベキューに対する男性心理について言及。その内容に批判が続出しているようだ。

    この日の番組では、ニュースサイトが行ったバーベキューに関する意識調査を紹介。調査によると「バーベキューは好き?」という質問に対して、53.5%の男女が「好き」と回答。

    ただ、女性からは「ふだんは料理をしない男性が仕切りたがるから迷惑」「肉を焼くだけでも焦がすのでうんざり」といった意見が寄せられていることが明かされた。

    この調査に、漫画家の倉田真由美氏(46)は、「バーベキュー男子、好きですよ」とコメント。カルーセル麻紀(74)も「大好きだよ。いいよね、ヘタでもいいじゃない」と好意的な意見を述べた。

    しかし、続いて話を振られた武井は「僕は(バーベキューは)あんまりやらないですね」と発言。行ったとしても、料理にはあまり手をつけないと語った。

    さらに武井は「バーベキューなんて、気に入った女の子を誘うためだけのものでしょ」と持論を展開。

    「男で、純粋に“みんなで食べたり飲んだりするのが楽しいからやろうよ”なんて言っているやつは1%ぐらいですよ」と力説した。

    しかし、この武井の発言は、多くの視聴者の反感を買ってしまったようだ。ネットには「いやいや、単純にバーベキュー好きな男性も多いでしょ」

    「男同士でバーベキュー楽しむ人も多いですけど」「男の代表みたいに言ってるけど、すごい偏見」「これはモテない男子の思考だと思う」といった批判が相次いだ。

    「過去にはマツコ・デラックス(44)も、“バーベキューやる人って頭悪い人たちだと思うのよ”と過激な発言をして批判されています。

    武井が考えるよりも、純粋にバーベキューを楽しむ人たちが意外に多かった、ということかもしれませんね」(芸能誌ライター)――百獣の王にバーベキューは必要なし?

    2017年08月29日 10時00分 公開
    https://taishu.jp/detail/29182/

    写真

    【【テレビ】<武井壮>「女の子を誘うためだけのもの」バーベキュー論に批判続出!「男の代表みたいに言ってるけど、すごい偏見」】の続きを読む

    WS000441


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/05/10(水) 10:25:21.55 ID:CAP_USER9.net
    <1からソースを変更しています>

    バーベキュー中、男性刺され死亡 瑞浪、逮捕の男「うるさい」

    7日午後6時半ごろ、岐阜県瑞浪市陶町(すえちょう)大川の住宅街で「2人が刃物で刺された」と110番があった。
    県警多治見署によると、自宅でバーベキューをしていた会社員大脇正人さん(32)が、男に腹部を刺され、搬送先の病院で死亡した。男を取り押さえようとした男性会社員(42)は腕などを切られるけがを負った。

    署は殺人未遂の疑いで、東隣に住む無職の男(26)を現行犯逮捕した。腕を切られた男性と、バーベキューに参加していた別の男性会社員(45)が取り押さえ、駆け付けた署員に引き渡した。
    署は、殺人容疑で9日に送検する。

    男は「刺したのは間違いないが、殺意はなかった」と容疑を否認している。男や男の家族は、以前に家庭内のトラブルで、署に相談していたという。
    男は精神科への通院歴があり、意味不明な言動もあることから、県警は刑事責任能力の有無も慎重に調べる。

    署などによると、大脇さんは自宅の庭で、友人家族ら十数人でバーベキューをしていた。
    男が「うるさい」と言いながら、包丁のような刃物を持って現れたため、庭先の路上でもみ合いになり、大脇さんが刺されたという。現場で凶器とみられる刃物が見つかった。

    近隣住民によると、大脇さんがコーチを務める市内の少年野球チームのメンバーらが集まっていたという。
    男は小中学校は不登校で高校に進学せず引きこもりの状態で、現在は一人暮らしだったという。
    近くの女児を怒鳴りつけるなどトラブルを頻繁に起こし、町内会で不安の声が出ていた。

    配信 2017年5月9日 08時59分

    中日新聞
    http://www.chunichi.co.jp/s/article/2017050990085948.html

    【【岐阜】庭でバーべキューをしていた32歳男性、近所の男に刺され死亡 逮捕された26歳無職男は精神科の通院歴も】の続きを読む

    このページのトップヘ