インタビュー

    WS000025


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/05/31(水) 09:20:39.14 ID:EaClJ8qK0.net BE:306759112-BRZ(11000)
    公私を混同した政治資金の使い方や豪勢な外遊、公用車を使った別荘通いなどが批判され、都知事の座を追われた舛添要一氏。
    あれから1年。ぷっつりとマスコミの前から姿を消したが、このほど、顚末(てんまつ)を振り返った著作の出版をきっかけにインタビューに答えた。
    艱難(かんなん)は彼を玉に変えたか。

     ――連日テレビのワイドショーで大々的に取り上げられた騒動から1年たちました。一体何で、あんな事態に陥ったのか。当事者として、どう総括していますか。

     「私の方が教えて欲しいぐらいです。まあ、想像はしますよ。騒ぎの発端は、東京の韓国人学校の増設問題だったんじゃないでしょうか。
    私は都知事として18年ぶりに訪韓して、当時の朴槿恵(パククネ)大統領との会談で協力を直接依頼されたんです。
    未来志向の日韓関係づくりに資すると思い、用地を探すと、新宿区の旧商業高校の跡地約6100平方メートルが最適だという結論になった。
    官邸から町内会まで根回しして、進めようとした矢先、一部の新聞がたたきだした」

     「以来、右翼の街宣車がものすごかった。『売国奴外交をやめろ』と都庁や世田谷の自宅近くでやっていた。これに加えてカジノ問題。
    以前の知事はお台場で展開しようという構想を持っておられたが、私は『ちょっと立ち止まって考えましょう』と言ったら、すごい圧力を感じたわけです」

     ――豪華な海外出張や、神奈川県湯河原町の別荘通い、私的な旅行や美術品購入といった政治資金の不透明な使い方が、
    「あまりにセコい」「知事の資質に疑問がある」と都民の反発を受けたと私は思っていましたよ。

     「政治資金の記載ミスは申し訳なかった。
    しかし、航空機のファーストクラス使用もホテルのスイートルーム宿泊も、別に仕事に役立てばいいと、いまでも思っています。
    国の大臣や大企業のトップは使っているでしょ。別荘も2015年に股関節の手術を受けて、温泉リハビリのためでした。
    第一、他県の知事で東京の自宅から県庁に通っている人は問題にならず、私だけたたかれるのは不公平です」




    舛添氏「あの騒ぎは人民裁判」 退任から1年、語る
    http://digital.asahi.com/articles/ASK5T3RJYK5TULZU00B.html
    【舛添要一 「あの騒ぎは人民裁判。公明党は超えてはいけない一線を越えた」】の続きを読む

    WS000496


    1:記憶たどり。 ★:2017/02/15(水) 06:58:09.69 ID:CAP_USER9.net

    金正男氏は7年前の2010年10月に日本のテレビ局のインタビューに応じて、
    北朝鮮の3代世襲について「個人的には反対」などと批判し、開放を進めて
    いくべきという考えを示している。ちょうど朝鮮労働党創建65周年の式典が
    行われているタイミングでのことだった。正恩氏が激怒するのは当然の発言で、
    これ以降「北朝鮮のゲシュタポ(ナチスの秘密警察)」と呼ばれる国家保衛省は、
    工作員に暗殺指令を出していたと言われている。

    正男氏も身の危険を感じて、マカオ、シンガポール、マレーシア、フランスなどを
    転々としていた。最後に目撃されたのは、2014年9月29日午前8時、
    パリのシャンゼリゼ通りのホテルで、黒いジャンパー姿で若い女性と朝食を
    とっているところを韓国の東亜日報の記者が直撃した時だった。正男氏にとって
    安全な道は、韓国に亡命することのはずだが、この時は亡命の可能性について
    問われ「言えない」と口を閉ざしていた。

    北朝鮮と国交のないフランスに滞在できたのは、正男氏の息子(ハンソル氏)が
    パリ政治学院に留学していたからだろう。北朝鮮と国交があるマレーシアや
    シンガポールよりも彼にとっては安全な居場所だったはずだ。

    北朝鮮ナンバー2だった張成沢氏は正男氏のことを心配して「言葉に気をつけろ」
    と忠告していたが、張氏も13年12月に処刑されてしまった。その後、張氏一族は
    マレーシア大使だった勇哲氏を始め、大半が処刑されてしまい、マレーシアは
    正男氏にとって安全ではない場所のはずだった。

    父親の正日氏は、世襲した正恩氏に対して「正男の面倒をみてやってくれ」と
    遺言を残していたと言われている。殺害の情報が事実ならば、それにもかかわらず
    正恩氏にとって正男氏は、目障りだったということかもしれない。
    【【正男】日本のテレビ局のインタビューに「世襲制には反対。開放を進めるべき」との考えを示したことで、金正恩氏が激怒し暗殺指令発動か】の続きを読む

    WS000406


    1:三毛猫 φ ★@\(^o^)/:2016/12/26(月) 14:39:07.85 ID:CAP_USER9.net
    2016-12-26 00:00

    タレントのベッキーが27日発売の雑誌「with」2月号に登場。年明けの騒動から、約1年。1万字に及ぶインタビューに応じ、騒動の最中、そして家から出なかったという4か月の休業期間、何を思ってどんな風に過ごしていたのか、赤裸々に語っている。


    【【芸能】ベッキー、休業期間&今後を赤裸々告白「ひとりでは壊れてしまいそうだった」「皆さんに応援される恋愛がしたい」】の続きを読む

    このページのトップヘ