WS000183


1:(?∀?(⊃*⊂) ★:2017/02/03(金) 11:57:01.77 ID:CAP_USER9.net
吉野家HDの業績が好調です。ソフトバンクと吉野家のコラボ企画「スーパーフライデー」が大当たりしたこと、
さらに子会社化した「はなまるうどん」の原価率の低さが功を奏しているようです。

「はなまる」は高い利益率を誇ります。原価率が低いことが主な要因です。
2013年2月期決算説明会資料によると、牛丼店の「吉野家」の原価率は38.1%、
割烹料理店の「京樽」は37.8%、ステーキ店の「どん」は33.4%、うどん店の「はなまる」は32.5%です。
「はなまる」の原価率の低さが際立っています。粉物は儲かると言いますが、このことからもよくわかります。


【【外食】はなまるvs丸亀 「うどん戦争」、はなまるうどん快進撃続くも…丸亀製麺は超えられぬ壁か?】の続きを読む