生活

    WS000126


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/02/24(金) 09:27:52.94 ID:CAP_USER9.net
    コンビニやメガネ店で「万引き犯」の顔写真を店頭やネット上で貼り出す騒ぎが相次いでいるが、
    今度は、マクドナルドの店舗で写真貼り出しが分かった。

    その店舗は、千葉県市川市内のマクドナルド妙典駅店だ。

    店員の手をはたき、「外で待っている」

    千葉県警の行徳署がJ-CASTニュースの2017年2月22日の取材に答えたところによると、
    妙典駅店では、客の男が2017年2月18日午後10時半ごろ、レジに並んでビッグマックを注文した。

    「セットにしますか? 単品にしますか?」。
    アルバイトの男性店員が通常通り、こう男に聞くと、男は、急に怒り出した。
    「単品って何だ!」と店員を怒鳴り付け、店員と口論状態になった。
    店長も出てきて仲裁しようとしたが、男の怒りは、さらにエスカレートし、「バカにしてるのか!」と大きな声で店員らに暴言を浴びせたのだ。

    これに対し、店員が「お帰りいただけますか?」と言い、男の後ろに並んだ他の客に商品を渡そうと、カウンター越しに右手を伸ばしたときだ。
    男はいきなり、店員の手を払いのけるように右手ではたいた。そして、「外で待っている」と言って、男は、店の外に出た。

    その間、店側が警備会社に通報し、それを受けた警備会社が警察に110番した。このときの話では、男は酒に酔っていたという。
    警察が駆け付けたときは、男が立ち去った後だった。店員には、ケガはなかったという。男については、店では初めて見る顔だったそうだ。

    妙典駅店ではその後、防犯カメラに映った男の写真2枚をポスターにして、店内や入口のガラスに貼り出した。通行人も見えるような場所だ。
    2枚とも男の顔がはっきり分かるようになっており、「犯罪者探しています!」と赤字でタイトルが付けられていた。
    このときは警察にまだ被害届を出していなかったが、「2/18(土)夜に店舗内で従業員への暴言、暴行で被害届を出しています!
    下の写真の人物に心当たりのある方、店舗までご連絡いただけますと助かります」とも書かれてあった。

    各メディアの報道によると、日本マクドナルドに2月21日朝になって外部から男のポスターについて指摘が入り、マクドナルドでは、
    行き過ぎた表現があると判断し、妙典駅店に撤去するように本部から指導した。その後、店側が撤去するとともに、
    その日のうちに行徳署に暴行罪で被害届を出した。店では、ポスターを貼り出した理由について、犯罪抑止力になればと思ったと話しているという。


    【【マック】顔写真晒された男の暴言内容・・・「セットにしますか?単品にしますか?」と訊かれ激怒「単品って何だ!バカにしてるのか!」】の続きを読む

    WS000125


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/02/24(金) 08:18:40.53 ID:CAP_USER9.net
    給食でアレルギー症状1人搬送

    *ソース元にニュース画像あり*

    http://www.nhk.or.jp/lnews/yamagata/6024178781.html?t=1487864615000
    ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

    米沢市の中学校で、先週、給食でドライカレーを食べた生徒2人がアレルギーの症状を訴え、
    このうち1人が病院に運ばれていたことがわかりました。

    市教育委員会によりますと、2人は小麦粉のアレルギーがありましたが、学校側が生徒側に対して、
    この日のドライカレーの中に含まれていることを事前に伝え忘れたということです。

    米沢市教育委員会によりますと、2月15日、米沢市内の中学校で、給食でドライカレーを食べた
    男子生徒2人が、食後、体にかゆみなどを訴え、
    このうち1人は呼吸が荒くなり、救急車で病院に運ばれました。


    【【アレルギー】給食のドライカレーに小麦粉が使用されていたので2人に症状、1人は病院へ搬送される・米沢の中学校 ★2】の続きを読む

    WS000124


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/02/24(金) 12:29:59.70 ID:CAP_USER9.net
    東京都は2月23日、外国人による家事代行サービスを手掛ける6つの業者を認定した。国家戦略特区制度で外国人家政婦の参入が可能となり、3月以降に掃除や洗濯などのサービスの提供が始まる。

    出入国管理法は、家事支援を目的とした在留資格は原則認めておらず、これまでは外国人による家事代行サービスはできなかった。2016年、国家戦略特区制度により、同法の特例として家事代行サービスを担う外国人に対してビザを発給することが認められた。


    【【社会】外国人の家事「お手伝いさん」、東京で解禁 女性の家事負担の軽減へ】の続きを読む

    このページのトップヘ