生活

    WS000043


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/06/28(水) 22:50:04.06 ID:CAP_USER9.net
    がんという病気は、診断や治療が2~3カ月遅れても、生命の予後が大きく左右される代物ではない。がん細胞が体内に1個発生して医学的に発見できる最小の大きさ(直径0.5センチ=1グラム=がん細胞10億個)になるまで、10年から30年、平均約19年かかるとされている。
     1960年から9月は「がん征圧月間」と銘打って、官民あげてがんの予防、早期発見が叫ばれているし、がん検診を受ける人も年々増加しているのに、がん死者数は減る気配はない。それどころか、どんどん増加し、いまや年間のがん死者数は38万人を超えている。ちなみに75年のがん死者数は約13万人である。
     60年以降、日本人の食生活は、米・芋類の摂取が減少し、肉、卵、牛乳、バター、マヨネーズなどに代表される高脂肪食、いわゆる欧米食の摂取が増加してきた。それとともに日本人に多発していた胃がん、子宮がんは減少していき、欧米人に多い肺、大腸、乳、卵巣、子宮体、前立腺、すい臓、食道などのがんで亡くなる人が増えてきた。
     脂肪(コレステロール)からは卵巣のなかで女性ホルモンが、睾丸のなかで男性ホルモンが合成される。女性ホルモンの過剰は、乳がん、卵巣がん、子宮体がんの、男性ホルモンの過剰は、前立腺がんの発生を誘発する。
     よって今、30~50代の若い人たちに蔓延しているがん対策として、「早期発見」をするに越したことはないが、がんという病気を生物学的にみた場合、「早期発見」でも遅すぎるのである。
     がん診断はある日突然なされるが、「潜伏期間は約20年」もあるのだから、毎日の食生活で予防することがもっとも大切なのである。



    ニュースサイトで読む: http://biz-journal.jp/2017/06/post_19618_2.html
    Copyright c Business Journal All Rights Reserved.
    【【海老蔵】小林麻央さん、初診の「しこりなので心配ない」信用を後悔…がんと食事】の続きを読む


    WS000115

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/06/27(火) 08:43:13.58 ID:CAP_USER9.net
    若者のフルーツ離れ 「面倒」「汚れる」に現れた救世主とは?〈週刊朝日〉
    6/27(火) 7:00配信

     桃、すいか、ぶどう、さくらんぼ……。色とりどりの果物がスーパーの店頭に並ぶ時期になった。果物は季節感豊かな味覚だが、若者が口にしなくなっている。

     厚生労働省の「国民健康・栄養調査」によると、果実類の平均摂取量は20代が1人1日約61グラムで、60代の半分以下。20代の58%は摂取量ゼロ、「フルーツレス」だ。

     農協系のJC総研の「野菜・果物の消費行動に関する調査結果」でも似た傾向だ。果物を食べる頻度が「週に1日未満/食べない」と答えたのは、30代で43%、20代以下で55%。青柳靖元・主席研究員は若者のフルーツ離れの傾向について、「年々強まっている」とみる。

     東京都内の会社員・兒玉裕輝さん(32)は一人暮らしで、バナナを時々口にする程度。他の果物を食べない理由は「包丁を使うのが面倒くさい。手も汚れるし、ゴミも出る」という。

     若者の果物離れに、産地は危機感を強めている。

     青森県庁は県内外の小学生に「青森りんご出前授業」を展開する。栄養価の説明や試食を通して、食習慣をつけてもらうねらいだ。妊産婦向けには、りんごを使った料理のレシピなどを紹介するパンフレット「りんごの赤はママの愛」を配る。

     総務省の家計調査(二人以上世帯)によると、29歳以下の世帯のりんご購入量は全国平均で2000年に約3.7キログラムあった。16年は1.9キログラムまで減少。70代以上が20キログラム前後を保つのと対照的だ。県庁の担当者はりんご離れ対策を「一過性で終わらせず、地道に取り組む」という。

     みかん離れも深刻だ。

     農林水産省によると、最盛期の1975年に約327万トンだった出荷量は16年に約71万トン。青果物健康推進協会の近藤卓志さんは、食後にこたつで食べるなどみかんの食生活シーンが減ったことが一因とみる。

    「こたつでみかん」が減り、同協会などは13年から、職場で食べる「デスク de みかん」をPRする。ビタミン豊富な魅力を伝え、企業の食堂などで販売。多いときは3日間で2.5トンも売れた。近藤さんは「若い世代もみかん嫌いになったわけではない。機会をつくれば食べるはず」と話す。

     中央果実協会の調査によると、果物を毎日食べない理由で最も多いのは、価格の高さ。次いで、日持ちしない、皮をむく手間、他に食べる食品がある、と続く。

     そんな果物離れのなかで、急成長している品種もある。

     例えば、ぶどうのシャインマスカット。高価だが、上品な甘さで大粒なのに皮ごと食べられ、種もない。「JA全農やまなし」の場合、14年に約1100トンの販売量が今年は2千トン超の見込み。担当者は「これほど消費者ニーズに合った品種はなかった。救世主」という。

     食べやすいバナナも若者に根強い人気。日本バナナ輸入組合などは新たな食べ方「夜バナナダイエット」をPRする。
    夕飯前にバナナを食べて満腹感を高め、「ドカ食い」を防ぐ効果などを見込める。広報担当者は「朝食やおやつとして食べられてきたが、夜にも食べられるようになった」という。

    ※週刊朝日 2017年6月30日号
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170623-00000034-sasahi-life&p=1
    【【調査】若者のフルーツ離れが深刻 20代の58%が摂取量"ゼロ"】の続きを読む

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/06/26(月) 17:38:32.39 ID:CAP_USER9.net
    出来れば思い出したくない忌まわしい記憶が、誰にでもあることだろう。いわゆる “黒歴史” というヤツだが、カップラーメン界の絶対王者「日清食品」にも知られざる黒歴史があるという……。

    カップヌードル、U.F.O、どん兵衛……と、超強力ブランドを有する日清の黒歴史とは一体何なのか? 日清なのに売れなかった、切なくも納得の理由とともにご紹介しよう。

    ・日清なのに売れなかった3つの商品

    2017年7月3日から日清は『黒歴史トリオ』と称し、「カップヌードル サマーヌードル」「日清のどん兵衛 だし天茶うどん」「日清焼そば 熱帯U.F.O.」の3種類を発売する。実はこの3種類こそが日清の黒歴史そのもので、一言でいえば「全然売れなかった商品」らしい。

    日清はわざわざ特別サイトを公開し「今度こそは……!」と意気込んでいるようだが、そもそも3つの商品が売れなかった言い訳を聞いてみよう。

    ・「カップヌードル サマーヌードル」


    「1995年夏、『緊急限定発売』という必死感満載のコピーで登場。トムヤムスープをベースに、スープにはレモングラス。一言でいえば、攻めすぎている。当時はレモングラスの存在が知られておらず「正直よくわからない商品」として扱われてしまった。

    営業も説明ができず大変に苦労した。真心ブラザーズの名曲「サマーヌード」は当商品のラジオCM用に書き下ろされたものだが、今やそっちの方が有名となっている。エスニック料理が一般化した今ならもっと愛してもらえるのでは、ということで緊急再発売」

    ・「日清のどん兵衛 だし天茶うどん」


    「2002年茶系飲料が大ヒットするなか、食品カテゴリーから無理矢理ブームに相乗りするべく開発された。当時流行っていたのは緑茶だったが、こちらのスープはほうじ茶がベース。全体的にズレまくっている。

    「あっさりこってり」というわかるようでわからないうたい文句とともに発売を開始するも、あっけなく歴史から姿を消すこととなった。わさびが効きすぎており、すするとむせるという声も。当時の担当者いわく、エッジの立った味。最近のだしブームに乗じ、再ブレイクすることを夢見ている」

    ・「日清焼そば 熱帯U.F.O.」


    「2002年夏、前年に大ヒットした「カップヌードル 熱帯シーフードヌードル」を勝手にパクって誕生。ネーミングをはじめヤシの木をデザインしたパッケージなど、あたかも関連商品のような顔つきをしているが、実際は完全なる後追いである。

    その驚くほど安易に名づけられた「熱帯U.F.O.」という商品名について、勢いは伝わるものの味の説明になっていないという指摘が相次いだ。またその味も、パッタイやミーゴレンなどのエスニック風焼そばに慣れていない当時の人々には新しすぎた。今なら、このタイ風甘辛エスニック焼そばの魅力をわかっていただける……かも?」

    己の黒歴史をあえてさらけ出す潔さ……いいぞ、もっとやれ。

    なお、公式サイトでは当時の担当者にインタビューを敢行するなど、黒歴史を容赦なくエグりに行っているので、興味がある人はぜひご覧いただきたい。果たして2017年夏、今年こそは売れるのか? 『黒歴史トリオ』は7月3日から発売だ。

    ソース/ロケットニュース24
    http://rocketnews24.com/2017/06/26/918302/
    【【食】あまりにも売れなかった「日清黒歴史トリオ」が大復活! 今年こそはちゃんと売れるのか!?】の続きを読む

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/06/26(月) 18:20:00.66 ID:CAP_USER9.net
    インスリン注射「トイレで打って」 理解進まぬ教育現場
    石塚翔子2017年6月25日19時43分

     希少なタイプの糖尿病を患う愛知県の男子高校生は、体調管理のために必要な昼食前のインスリンの自己注射を教室で打つことが一時期かなわなかった。
    中学や高校側が禁じたためだ。トイレで打つよう指示されたこともあり、問題視した医師が先月学会の集会で報告。患者団体は、本人の希望を尊重すべきだと指摘している。

     愛知県の県立高校の男子生徒(16)は、名古屋市内の中学2年生だった2014年12月、病院で1型糖尿病と診断された。
    インスリンが膵臓(すいぞう)で作られない病気で、生活習慣と関係のある2型と異なり、自分の免疫が誤って膵臓の細胞を攻撃することなどで起こる。
    15歳未満の年間発症率は10万人に2・25人とされる。

     高血糖が続くと将来腎不全や失明などの合併症が起こる恐れがあり、1日4、5回、注射などでインスリンを補い、血糖値を調節することが欠かせない。
    生徒は学校に事情を説明し、危なくないと考えて昼食前に教室で打つことにした。他の生徒も理解してくれた。

     だが、中学3年生になると新しい担任教諭から教室での注射を禁じられた。「トイレで打って」と言われたこともある。生徒はトイレはいやだと訴え、保健室で打つことになった。
    当時の教頭によると、学校側は安全で衛生的な場所として保健室がいいと判断したという。生徒は「隠れるようにして注射はしたくない」と思い、学校での注射を黙ってやめてしまった。

     事情を知った母親(46)が注射は危なくないと学校側に説明。主治医は学校に出した診断書に「注射は生命の維持に不可欠。場所を限定しないよう配慮を求める」と付記、市教委にも相談したが事態は改善しなかった。
    当時の教頭は取材に「今思えば注射と聞いて構えてしまい(本人やほかの生徒の)安全を考え過ぎた面もあるかもしれない。もっと本人の思いを聞いてあげたら良かった」と語った。

     生徒によると、高校でも教室で…(残り:693文字/全文:1467文字)

    男子生徒が使っていたペン型のインスリン注射器。出ている針の長さは4ミリ程度。注射は1、2分で終わるという


    インスリンを補給するポンプ。男子生徒が手元の機器を操作すると、腹部につけた針からインスリンが注入される=愛知県内


    続きは会員登録で読めます
    http://www.asahi.com/articles/ASK6T5TZFK6TPLBJ002.html


    【【1型糖尿病】インスリン注射「トイレで打って」学校側が生徒の教室での注射を禁じる・・・理解進まぬ教育現場】の続きを読む

    WS000077


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/06/24(土) 13:27:50.18 ID:CAP_USER9.net
    「学校でうんち」への抵抗感 小学生の半数超が「しない」
    6/24(土) 11:00配信

     日本トイレ研究所が、「小学生の排便と生活習慣に関する調査」の結果を公開した。対象は全国4777人の小学生(男女)の保護者・同居者で、インターネットで調査を行った。子供と同席の上、保護者らが代理回答する形で行われた。

     調査は2017年6月19日に公開された。「学校のトイレでうんちをしますか」という質問に対し、51.3%が「まったくしない」「ほとんどしない」と答えた。

    ■6人に1人が便秘

     また、「あなたは学校でうんちをしたくなった時、我慢することはありますか」という質問に対しては「よくある」「ときどきある」という回答が56.4%、「あなたは学校でうんちをする際、人目を気にして人の少ないトイレを選ぶことがありますか」という問いには「よくある」「ときどきある」という回答が47.4%となった。この調査は昨16年も行っており、それぞれ49.7%、52.8%、50.2%となっており、数字に大きな変化はない。

     同研究所は、「小学生の便秘」というテーマにも焦点をあてている。同調査では対象全体の小学生の6人に1人、「便秘予備軍」という軽度の便秘状態にある人も含めると3人に1人は便秘とされている。大人の便秘については、調査会社インテージ(東京都千代田区)により行われたインターネットでの調査(2013年1月30日~2月7日実施、対象は20~69歳の男女計1000人)によると、「便秘を経験・気にしたことがある成人」は約20%(5人に1人)だった。

    「うんちをすると友達にからかわれる」

     「学校のトイレでうんちがややしにくい/しにくい/とてもしにくい」と答えた子供2151人が感じる「学校のトイレでうんちがしにくい理由」(複数回答)については、「友達に知られたくないこと」が57.0%、「落ち着かないこと」が49.2%、「うんちをすると友達にからかわれること」が34.9%、「和式便所」が29.3%と続いている。

     小学校のトイレの状況について、同研究所の担当者に6月21日、話を聞いてみたところ、

      「私たちも公立学校に洋式トイレをプレゼントしておりまして、いま学校の洋式トイレは増えてきてはいますし、環境面ではよくなりつつあると思います」

    と語る。文部科学省が2016年11月に発表した「公立小中学校施設のトイレの状況調査」の結果によると、洋式便器が43.3%、和式便器が56.7%となっている(同年4月1日現在)。

     ただ、問題は便器の和洋の違いだけではなく、先の担当者は

      「たとえば男子児童であれば、個室に入った時点で『ああ、あいつは大きいほうをするんだな』と思われてしまうわけで、そこに心理的な壁ができてしまうとは思います」

    と分析。そのため同研究所では、講演やワークショップを通して「うんちを我慢することは健康によくない」「小学校で排便をすることは恥ずかしいことではない」などと伝え、うんちに対する意識レベルでの改革にも努めているという。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170624-00000001-jct-soci
    【【社会】小学生の半数以上が学校でウンチせず】の続きを読む

    WS000007


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/06/21(水) 21:50:57.53 ID:CAP_USER9.net
    6月15日放送の『カミングアウトバラエティ!! 秘密のケンミンSHOW』(日本テレビ系)で富山県の独特な県民性が紹介された。
    番組によると富山県は20代で家を建てる人が多いようで、他県の人に衝撃を与えている。

     以前の放送で、柴田理恵(58)が「富山県民の男は30代前で家の一軒ぐらい建てないと男として認められない」と発言。
    それを受け、この日の放送では富山県を取材し、本当に20代で一軒家を建てているのかが検証された。

     街頭インタビューしてみると、20代の夫婦が「まさに今、建てている」と答え、「友達が20代で3000万円の家を買った」と明かす若者も。
    番組で紹介された全国の住宅データでは、富山県の「持ち家比率」は昭和28年から55年間連続で全国1位を独走。
    平成20年のデータでは2位になったが、平成25年に再び1位へ返り咲いている。

     番組に登場した経済研究所員によると、江戸時代の富山藩は小さな国で、水害もたびたびあったため、財政は豊かではなかったという。
    そのため、人々の間ではもしものときに備え、家と土地を財産として持っておくという慣習が根づいたのだとか。

     この富山の県民性に視聴者はビックリ。「20代で3000万円以上の家建てるなんて……富山県民すごすぎるだろ」
    「確かにおばあちゃん家のまわり、オシャレな家ばっかだったなぁ」「“20代で結婚して家建てる”ってワードに震える」
    「富山県民の人のお嫁にいきたい!」「同じ男として富山県の若者尊敬する」とネットには驚きのコメントが相次いだ。

    https://taishu.jp/detail/28254/
    【【テレビ】『秘密のケンミンSHOW』、富山県「20代で一戸建てが当たり前」に視聴者衝撃】の続きを読む

    WS000003


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/06/21(水) 23:11:33.84 ID:oZFmA50h0 BE:372989558-2BP(2000)
    王者カルビーが崩せないカラムーチョの牙城
    http://toyokeizai.net/articles/-/176973
    北海道産ジャガイモの不作を受けて、カルビーが4月中旬以降に販売を休止していた
    「ピザポテト」が、6月19日(月)から北日本・東日本エリアで再びスーパーやコンビニなどの
    店頭に並び始めた。

    「早く販売を再開してほしい」「販売再開を待っています」。昨年夏の台風による被害を受けて
    4月10日に一部商品の休売を発表したカルビーのお客様相談室には、この2カ月間で1000件を
    超える問い合わせがあったという。中でも販売再開の要望が強かったのがピザポテトだ。

    一方、4月10日に発表されたカルビーのニュースリリースには、当時あまり大きくは報じられ
    なかったが、ポテチファンには見逃せない事実が記されていた。それはジャガイモ不足で
    販売を一時やめた「休売対象」15商品と一緒に載っていた「終売対象」18商品だ。

    「終売」とは要は撤退だ。ジャガイモ不足には本質的に関係がなく、採算面であまり
    芳しくない商品ということだろう。

    特に注目したいのはカラビーの終売だ。カラビーは全国的に売られていた辛口スナック
    菓子だが、販売が打ち切られた格好となる。これはカルビーにとって、事実上の「敗北宣言」
    とも受け取れる。何に対してか。湖池屋(コイケヤ)の看板商品で辛口のスナック菓子
    「カラムーチョ」に対してである。

    カルビーはスナック菓子メーカーのトップ企業として君臨しているが、局地戦として辛口スナック
    菓子では湖池屋に敗北を喫していたのだ。かつてカルビーは2010年末から「うま辛ポテト
    ヒ~ハー!!」という同ジャンルのポテチを投入していたことがある。
    これもいつの間にか店頭から見られなくなっていた。

    カルビーにとってカラムーチョは何度も挑みながら崩せない牙城だということが、カラビーの
    撤退で実は示されたのである。長年培われたブランド、信頼、「定番商品を買う」という消費者の
    習慣を正面から切り崩すのはなかなか難しい。

    こうやって見ていくと、カルビーが休売対象の中からピザポテトの復活を急いだ理由がわかる。
    むしろやや幅を広げて、ポテチの濃い味カテゴリーとして、カラムーチョに対抗できるカルビーの
    商品がピザポテトといえる。
    【カルビー「ヒーハーも駄目…カラビーも駄目…俺達はどうしたら湖池屋のカラムーチョに勝てるんだよ!」】の続きを読む

    WS000011


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/06/21(水) 08:46:55.49 ID:vhBbcuRL0.net BE:837857943-PLT(16930)
    「タモリ式入浴法」が話題になったのは2年前のことだ。体を石けんで洗わず、38℃程度のお湯につかるという入浴法である。
    タモリだけでなく、ローラ、福山雅治、妻夫木聡などといった芸能人もタモリ式入浴法を実践しているという。

    池田医師によると「皮膚のバリア機能に悪影響を及ぼす行為」は次の4つ。

    ①皮膚が濡れたままの状態でいること
    ②界面活性剤に触れること
    ③体温より高いものに触れること
    ④皮膚をこすること

    「界面活性剤」とは水と油をなじみやすくする物質で、石けんやボディソープなどに含まれている。ということは、日本人の入浴法は
    「皮膚のバリア機能に悪影響を及ぼす」わけだ。この入浴法によってアトピー性皮膚炎を発症しているケースがあると注意を促す。

    http://healthpress.jp/2017/06/post-3030.html
    【石けんで洗わない「タモリ式入浴法」は正しいことが判明!】の続きを読む

    WS000075


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/06/17(土) 10:39:51.46 ID:CAP_USER9.net
    四国地方整備局などでつくる吉野川水系水利用連絡協議会は17日、四国の水がめ、早明浦ダム(高知県)の貯水率が少雨で低下していることを受け、第1次取水制限を徳島、香川両用水で開始した。取水制限は今年初めて。昨年は8月9日に開始している。

     整備局によると、17日午前0時の貯水率は平年値の85・4%を大幅に下回る62・0%。協議会は60%程度を目安に取水制限に入るとしていた。供給量の削減率は徳島用水で14・0%、香川用水で20・0%。

     ダム上流域は四国地方が梅雨入りした7日以降も降雨が少なく、貯水率が低下し続ければ削減率を拡大する第2次取水制限を検討する。

    2017年6月17日 10時13分 中日新聞
    http://www.chunichi.co.jp/s/article/2017061701001160.html
    【【UDON県】徳島と香川で取水制限開始 早明浦ダムで今年初】の続きを読む

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/06/17(土) 08:11:08.85 ID:kPHcZMZs0.net BE:837857943-PLT(16930)
    首をかしげたくなる写真も見かける。回転寿司店で撮られたと見られる寿司のネタだけ食べられて残されたシャリ。

    目撃した女性は、「シャリを残すなら、なぜお寿司屋さんに? スーパーで刺身を買って食べたほうが安くすむのではないのでしょうか。
    非常にもったいない」と、嘆く。

    “シャリの食べ残し問題”について、回転寿司チェーンの中には刺身の販売などで対策した店もあるが、大手チェーン店の広報担当者はこう訴える。

    「私たちは寿司屋なので、お米にもこだわっています。魚だけでなくお米を含めお寿司をおいしく食べてもらいたい、というのがお店の思いです」

    食べ残しが地球規模のダメージに
    環境省で食べ残し問題に取り組むリサイクル推進室の小林豪室長補佐は、ひとりひとりの食べ残しが大量に集まれば地球規模の
    ダメージをもたらすことについても語る。

    「食品は捨てられると生ゴミになります。水分を含む生ゴミは非常に燃えにくい。他のゴミよりも焼却のための燃料を消費します。
    食べ残しを減らすことは、実は地球温暖化対策など環境問題ともつながっている」

    そのため今年5月、環境省は消費者庁、農林水産省、厚生労働省とともに、『飲食店等における「食べ残し」対策に取り組むにあたっての
    留意事項について』を発表した。

    食べ残しの持ち帰り推進や宴会での食べきり、ほかにも消費者に対し、自分自身の食事の適正量を知ること、食べ放題の店で
    元を取るために無理して皿に盛らないように、といったことが書かれている。

    http://www.jprime.jp/articles/-/9907

    【ネタだけ食べてシャリを残す「食べ残し問題」 寿司屋が本音】の続きを読む

    このページのトップヘ