芸能



    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/04/06(木) 07:11:23.29 ID:CAP_USER9.net
    テレビ朝日系で4月から日曜よるに放送枠が移動になる『しくじり先生 俺みたいになるな!!』。日曜になって最初の放送は16日(後8:58~11:10※2時間スペシャル)。
    この回に、芸能界の大先輩を激怒させた黒歴史を持つ、お笑い芸人の森脇健児が教壇に上がることがわかった。
    全然面白くないのに自分のことを“めっちゃ面白いと勘違いしちゃった先生”として、“勘違いして人生を破滅させないための授業”を行う。

    【【テレビ】森脇健児はなぜ芸能界を干されたのか 『しくじり先生』で真相告白】の続きを読む



    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/04/06(木) 07:25:43.44 ID:aYfQ7FQ80 BE:472367308-PLT(16000)
    とんでもない情報がインターネット上から入ってきた。元AKB48メンバーが、出会い交際クラブの存在や握手会の舞台裏、口パク、給料の金額など、ありとあらゆる情報を暴露し、それが近日、大々的に報じられるというのだ。


    【【衝撃】元AKB48メンバーが大暴露キタアアアアアア! 出会い交際クラブや握手会の裏舞台をすべて暴露か】の続きを読む

    WS000043


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/04/05(水) 05:04:17.31 ID:CAP_USER9.net
    ドラマや映画に引っ張りだこで、4月からスタートする『サタデーステーション』(テレビ朝日系)への出演も決まり、いまノリに乗っているディーン・フジオカ(36)。香港や台湾でブレイクして日本に凱旋を果たした「逆輸入」という異色のキャラ設定が注目を集めるが、その詳細はオブラートに包まれていた。そんなディーン・フジオカの経歴について、発売中の『週刊文春』(文藝春秋)が報道。これまで明かされた経歴といくつかの齟齬が浮かび上がった。

     例えば、公式プロフィールではアメリカの大学を卒業とされているが、短大レベルの学校で準学士であることを、『文春』の取材に自ら告白した。また、台湾時代は生粋の日本人であるのに「ハーフで名門・シアトル大卒業」と虚偽経歴でメディアに登場していた。それでも、回ってくるのは脇役クラスの仕事。

     フジオカを特集した昨年1月放映の『中居正広の金曜日のスマたちへ』では、台湾でのブレイクのきっかけとなったドラマ『笑うハナに恋きたる(不良笑花)』(日本テレビ系)が紹介された。この際、視聴率8%と伝えられたが、実際は1.57%と低視聴率番組だったことも明るみに出た。

    「フジオカの現在の所属事務所は、台湾時代の経歴詐称について中国メディアのミスだとしています。何にせよ、これまで持ち上げられたような輝かしい経歴ではなかったことは明らかです」(芸能誌記者)

     インテリ的な雰囲気を醸しだす自称・国際派。そのうえ、ニュース番組に出演。ここで連想するのが、学歴詐称が発覚して『ユアタイム』(フジテレビ系)の降板を余儀なくされたショーンK(49)だ。

    ■いかがわしい人脈に奇行癖も?

     テレビ局社員は次のように指摘する。

    「ニュース番組では、品位を保つために出演タレントには潔癖性が求められる。視聴者やスポンサーから経歴詐称が問題視されれば、人気タレントのフジオカと言えどもクビになりかねません」

    『文春』の取材には、インドネシアで財閥を率いる義父もインタビューに応じ、

    「日本に石炭鉱山を買いたいという人はいないか」
    「放射能を低減させる除染剤」

     など怪しい儲け話を振っていた。

     フジオカ自身も、東京タワーの近くで中国武術の剣を振り回し、職務質問を受けた過去をテレビ番組で披露するなど、珍発言が目立つ。経歴詐称にいかがわしい人脈といった不安要素を抱えるフジオカが、第二のショーンKになってしまうのか。注目される。

    http://dailynewsonline.jp/article/1295551/

    【【芸能】ディーン・フジオカが経歴詐称か 第2の”ショーンK疑惑”が浮上】の続きを読む

    WS000042


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/04/04(火) 22:33:39.40 ID:CAP_USER9.net
    スポニチアネックス 4/4(火) 22:26配信 中山美保さんが死去 肺血腫による呼吸困難で…よしもとが発表
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170404-00000165-spnannex-ent

     吉本新喜劇の役者、中山美保(なかやま・みほ)さんが2月7日午後、肺血腫による呼吸困難で大阪市内の
    病院で死去していたことが分かった。よしもとアドミニストレーションが4日、発表した。78歳。葬儀・告別式は
    すでに密葬で執り行われた。

     中山さんは2009年12月に吉本新喜劇に出演後、体調を崩し「再生不良性貧血」という難病と診断され、
    その後は自宅で治療を続けていた。
    【【訃報】中山美保さんが死去 肺血腫による呼吸困難で…よしもとが発表】の続きを読む


    WS000041

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/04/05(水) 08:13:53.13 ID:CAP_USER9.net
    差し入れのスケールが違う!

    3月31日、映画「たたら侍」の完成披露試写会が都内で行われ、出演者の津川雅彦から同映画をプロデュースしたHIROからのとんでもない差し入れを明かしたことが話題だ。

    同作は劇団EXILEの青柳翔が主演を務め、EXILE・EXILE THE SECONDのAKIRA、EXILE・三代目 J Soul Brothersの小林直己が主要キャストを演じているLDHファミリーが手掛ける作品。

    撮影は島根県の人里離れた山奥で約3カ月間行われたというのだが、利便性が悪いため、必需品の調達にキャストたちは苦労したという。そんな中でエグゼクティブプロデューサーのHIROの差し入れが世間のド肝を抜いている。

    HIROが差し入れたのは、なんとコンビニまるまる1軒。

    津川は「ほしいものがいっぱいあるって言ったら、コンビニを1軒持ってきた。これは、スゴいことですよ! お弁当とか果物とかチョコレートとかアイスクリームから何から全部入ったコンビニが1件、建った。すごいスケール」と、衝撃を振り返った。

    「何が必要か出演者たちに尋ねたところ、量や種類が増えすぎてコンビニ規模になってしまったらしい。HIROによれば『簡易的にですよ。プレハブで』とのことですが、やはりコンビニそのものを差し入れとは驚きです。街を作ってしまうハリウッドには及びませんが、子役から数本の映画に出演するベテラン俳優の津川も『77歳で何百本も映画に出ていますけど、差し入れにコンビニくださったのは生まれて初めて』と仰天。話題性の面でも大成功でしょう」(エンタメ誌ライター)


    以下略で送りしております。 全文は下記引用元よりご覧ください|ω・)
    http://www.asagei.com/78419
    【【芸能】コンビニまるまる一軒! HIROの特大スケールの差し入れに芸歴70年超の津川雅彦も仰天!】の続きを読む

    WS000008


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/04/04(火) 11:01:51.28 ID:CAP_USER9.net
    ゴリ押しタレントは1人もいない

    最後に挙げたいのは、一般の人々の事情。「急激に売れたタレントを見る」「好きな番組で何度も見掛ける」とゴリ押しと言いたくなる気持ちはあるでしょう。また、ネット上のゴリ押しという書き込みを見ているうちに、「そうなのかも」と思いはじめる人もいます。

    しかし、ほとんどのタレントが一般の人々が知らないところで、下積みを経験し、頭を下げ続け、入念な準備を重ね、激務とプレッシャーに耐えているのも事実。確かに「プロなら当然」「あれこれ言われる職業」ではありますが、タレントたちは一般の人々が思っているよりも努力を重ねていて、「この人はすごい」と言われる人と「ゴリ押し」と言われる人の差は思っているほどないものです。ついバッシングしたくなったときは、そんなタレントの姿を頭に浮かべてみてはいかがでしょうか。

    「タレントと一般人の間に立って解説する」という私から見て、バッシングを受けて当然のゴリ押しタレントは、一人もいません。ネットの普及でタレントが身近になった今、かつてのような「本物のスター」としてリスペクトされることはないでしょう。ただ、タレントもみなさんと同じ“仕事に励むビジネスパーソン”である以上、最低限の敬意は払うべきだと思うのです。


    木村 隆志 :コラムニスト/人間関係コンサルタント/テレビ解説者

    一部抜粋でお送りしております。 全文は下記引用元よりご覧ください|ω・)
    http://toyokeizai.net/articles/-/165825?display=b
    【【芸能】あの芸能人は本当にゴリ押しされているのか】の続きを読む

    WS000007


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/04/04(火) 10:09:34.32 ID:CAP_USER9.net
    スポニチアネックス 4/4(火) 9:56配信

     女優・有村架純(24)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「ひよっこ」(月~土曜前8・00)が
    3日にスタートし、初回の平均視聴率は19・5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが
    4日、分かった。

     朝ドラ初回の視聴率は、「あまちゃん」(13年前期、20・1%)「ごちそうさん」(13年後期、22・0%)
    「花子とアン」(14年前期、21・8%)「マッサン」(14年後期、21・8%)「まれ」(15年前期、21・2%)
    「あさが来た」(15年後期、21・2%)「とと姉ちゃん」(16年前期、22・6%)「べっぴんさん」)
    16年後期、21・6%)と、8作連続で20%超えが続いたが、大台突破は今作で途切れた。

     東京五輪が開催された1964年から始まり、東京に出稼ぎに行ったものの、行方不明になった父を捜すため、
    集団就職で上京する谷田部みね子(有村)の姿を描く。“金の卵”が自らの殻を破り、成長していく波乱万丈青春記で、
    幸せな家族を取り戻す大冒険を繰り広げる。

     朝ドラ96作目。脚本は「イグアナの娘」「最後から二番目の恋」などで知られる岡田惠和氏(58)による
    オリジナル作品。朝ドラは「ちゅらさん」「おひさま」に続く3作目。演出は黒崎博、田中正の両氏。
    語り・増田明美。主題歌「若い広場」は桑田佳祐(61)が書き下ろした。9月30日まで全156話。

     初回は、東京がオリンピック開催に向けて沸く1964年秋。高校3年生のみね子は茨城県の村で、
    明るくおしゃべりな母・美代子(木村佳乃)、無口な祖父・茂(古谷一行)、妹・ちよ子(宮原和)、
    弟・進(高橋来)と共に農業で生活をしている。父・実(沢村一樹)は不作の年につくった借金を返すため、
    東京へ出稼ぎに出ている。ある日、ちよ子と進が落ち込んだ様子で帰ってくる…という展開だった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170404-00000085-spnannex-ent
    【【視聴率】有村架純主演「ひよっこ」初回19・5% 連続大台突破8作で途切れる】の続きを読む

    WS000006


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/04/04(火) 11:18:37.15 ID:CAP_USER9.net
    「1969年から2011年暮れまで続いた番組の中で、武田は初代の東野英治郎から数えて6代目の黄門役となります。今回、一行は青森・八戸を目指して旅をし、東日本大震災の被災地が舞台となるなど復興支援の側面もある。武田は『庶民の味方で親しみやすい黄門様を演じたい』と語っています」(スポーツ紙記者)

    従来の番組イメージを一新するようなキャスティングである。6年前までは里見が画面を賑わせ、15年6月には自身の芸能生活60周年に合わせ、2時間スペシャルで“臨時復活”した経緯もあった。

    さる芸能関係者が明かす。

    「里見は内心、困惑を隠せないでいます。何しろ、助さんを16年、黄門を9年演じてきたのです。番組は、長らく一社スポンサーだったパナソニックの経営事情もあって11年にやむなく終了したため、彼は今回の企画を聞いてやる気満々でした。ところがフタを開けてみたら武田に決まり、大いに落胆したというのです」

    当の里見に尋ねると、

    「国民的番組と言われた水戸黄門が復活するという話を聞き、民放地上波で時代劇が全くなくなってしまった今日、ファンにとっては『ヨッ待ってました』と声がかかる気がします。日本人の心や生き方をテレビを通して伝えてきた番組だと、自負してやってきました」

    「制作会社から『今度この方(武田)でやりますから』という話は聞きましたが、僕にオファーはかからなかった。もちろん寂しいですが、誰が演じるにしても、視聴者の心を裏切らない番組にしてほしい。これまでの5代より落ちる黄門は見たくないということです」


    一部抜粋でお送りしております|ω・)
    http://www.dailyshincho.jp/article/2017/04040600/
    【【芸能】里見浩太朗、『水戸黄門』が武田鉄矢主演で大いに落胆?「僕にオファーはかからなかった」】の続きを読む

    WS000002


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/04/04(火) 11:26:40.52 ID:OPcjhhnP0.net BE:928380653-(3276)
    乙武洋匡さん「なるほど、これが世に言う“忖度”か」 渡辺謙さんの不倫を報じるマスコミの姿勢に皮肉

    3月29日、『文春オンライン』が俳優・渡辺謙さんの”不倫”をスクープ速報で伝える。翌30日発売の『週刊文春』で詳細を報じた。

    しかし、昨年”センテンススプリング”で大騒動となったベッキーとゲスの極み乙女・川谷絵音さんの不倫報道や、
    『週刊新潮』が報じた乙武洋匡さんの5人の女性との不倫報道等に比べると、そこまで盛り上がっているようには見えず、
    またマスコミの報じる姿勢もおとなしいように思える。

    30日に『J-castニュース』には渡辺謙「不倫」に甘いテレビ ベッキーの時と「まるで違う」
    という記事が掲載されたが、乙武洋匡さん(@h_ototake)はそのURLを引用し

    なるほど、これが世に言う“忖度”か。マスコミはその口で政治家や官僚の忖度を叩いてらっしゃるのですね。

    とツイートを行った。
    https://news.infoseek.co.jp/article/gadget_1682353/
    【乙武 「渡辺謙さんの『不倫』に甘いマスコミ。これが世に言う“忖度”か。」】の続きを読む

     

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/04/03(月) 03:57:05.46 ID:CAP_USER9.net
    広瀬すず(18)のメディア露出が増えるにつれ、アンチが急増している。テレビ番組はおろか、
    会見の模様がネットニュースになっただけでもネット上で彼女を叩く声が大きくなるという異様な光景が広がっている。
    特に多いのが彼女を「あざとい」とみなしたバッシング。
    では、「あざとい」ことはそんなに悪いことなのだろうか?

    【【芸能】今最も嫌われている女優・広瀬すず 「あざとい」はそんなに悪いこと?】の続きを読む

    このページのトップヘ