WS000012


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/10/23(月) 06:35:00.85 ID:CAP_USER9.net
    芸能人の不倫報道が相次ぐ昨今、パートナーや世間を裏切る行為に怒りを感じる人もいるだろう。中には「この人だけは許せない!」と思う人もいるはず。

    そこでしらべぇ編集部は、全国20~60代の男女1,354名を対象に「不倫報道のあった女性芸能人」の中から「許せない」と思った女性について、複数回答で調査を実施。以下、トップ5を紹介しよう。

    ■第5位:マギー(14.5%)

    モデルでタレントのマギー(25)が5位にランクイン。ことし1月に、パンクバンド『Hi‐STANDARD』の横山健(48)不倫疑惑が報じられた。しかし、マギーは釈明もしておらず、完全なスルー状態だ。そこへ怒りを感じている人もいるだろう。

    おもに30代女性の票が集まり、2割を超える結果に。

    ■第4位:ベッキー(26.7%)

    タレント・ベッキー(33)が4位に。昨年1月、バンド『ゲスの極み乙女』ボーカル・川谷絵音(28)との不倫が報じられた。この騒動は「ゲス不倫」と呼ばれ、大きな注目を集めた。

    これまで元気で清純なキャラとして活動していただけに、不倫のショックは大きかったのだろう。50代男性、60代女性の4割近くが怒りを感じているようだ。

    ■3位はW不倫が話題になったあの女優

    女優・斉藤由貴(51)が第3位にランクイン(36.3%)。ことし8月に、開業医の男性とのW不倫が報じられた斉藤だが、W不倫であったことや子供がいることが世間から怒りを買った理由か。

    おもに女性からの票が伸び、40代女性の4割や5、60代女性では約5割が怒りの声をあげている。

    ■第2位:上原多香子(41.7%)

    2位は「SPEED」元メンバーで女優の上原多香子(34)。14年に自死した「ET-KING」メンバー・TENNさん(享年35)の存命中に俳優の阿部力(35)との不倫疑惑が報じられ話題になった。

    報道によれば、TENNが亡くなった理由には上原の不倫が関係しているともいわれており、それも怒りにつながっているのだろう。

    5、60代女性の4割、3、40代女性の5割が「許せない」と回答。また男性の場合では2、30代の4割も該当した。

    ■第1位:矢口真里(47.1%)

    『モーニング娘。』元メンバー・矢口真里(34)が1位に。元の夫である中村昌也(31)との結婚生活の中、13年に元モデルの男性と自宅で行為を行っていたと話題になっていた。

    かつて国民的アイドルとして人気者だっただけに、落胆したというファンも多かっただろう。女性の場合では50代が6割、その他の年代でも5割が「許せない」と回答。男性では20~40代が3割、5、60代では4割が怒りをおぼえているようだ。



    2017/10/23 05:30 しらべぇ
    https://netallica.yahoo.co.jp/news/20171023-68281846-sirabee
    【【芸能】<「許せないと思った不倫報道の女性芸能人」ランキング> 1位は大人気タレント!?  】の続きを読む

    WS000011


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/10/22(日) 15:07:54.56 ID:CAP_USER9.net
    ●頭の回転はものすごく良いと感じた

    フジテレビのドキュメンタリー枠『ザ・ノンフィクション』(毎週日曜14:00~ ※関東ローカル)で、15日に衝撃の番組『人殺しの息子と呼ばれて…』が放送された。
    2002年に発覚した北九州連続監禁殺人事件の犯人の息子(24歳)が、初めてメディアのインタビューを受けたもので、その想像を絶する証言の数々に大きな反響が集まった。

    取材をしたのは、フジテレビの張江泰之チーフプロデューサー。
    きょう22日に放送される「後編」を前に、今回のインタビューが実現した経緯や、実際に対面した息子の印象、さらには「前編」放送後の本人の反応なども聞いた――。

    メディアが報道を差し控えたほどの残虐な方法で、犯人の親族ら7人が殺害され、日本の犯罪史上、類を見ないと言われた北九州連続監禁殺人事件。
    逮捕されたのは、松永太死刑囚と、内縁の妻・緒方純子受刑者(無期懲役)で、2人の間に生まれたその息子が、今回『ザ・ノンフィクション』の取材に応じた。

    両親が逮捕され、保護された当時は9歳。「前編」では、幼いながらの記憶で目撃した事件の真相や、自らが受けた両親からの虐待までを明かし、
    "人殺しの息子"が背負った悲しい過去の勇気ある告白に、前編の放送後には衝撃と同情、共感の声があがった。

    ○"謝罪"受けて態度が変化

    インタビューが実現したきっかけは、同局で今年6月に放送された特番『追跡!平成オンナの大事件』。
    北九州連続監禁殺人事件を追跡取材したものだが、この放送に対して、息子がフジテレビに抗議の電話を入れてきた。
    通常の視聴者センターでの対応では収まらず、担当プロデューサーの張江氏が、直接対話することになったのが、彼との出会いだ。

    張江氏は「彼は、平日昼の11時くらいから、延々と思いの丈を私にぶつけてきました。
    『なぜあの事件をいつまでも取り上げるのか。ネット上で自分まで非難されて迷惑をしている。
    本気で番組を作るのであれば、どうして自分のところに取材班が来てくれなかったのか?』と言ってきたんです。
    たしかに、あの番組は両親を知る人たちを中心に追跡取材することに多くの時間をかけましたが、
    当時9歳だった子供を取材するのは、事件を蒸し返すことになり、あえてやめようと判断したのです。
    でも、私は、息子の言い分も分かりましたので、『ごめんなさい。本当に申し訳なかった』と謝ったんですよ。
    そしたら、息子はまさか謝罪されるとは思わなく、とても驚いたようでした。そして、そこから態度が変わったんです」と振り返る。

    その後も電話で何十時間にわたって会話を重ねるが、息子はいつも二言目に「大人は信用できない。
    どうせあなただって、この電話が終わって縁が切れたら関係ない人になるし、深い付き合いなんかもできるわけないじゃないですか」と言っていたそうで、
    「相当人間不信で生きてきたんだなっていうのを電話口で強く感じました」という。

    一方で、「時折、理路整然とこちらを追い込んでくるようなしゃべり方もしてくるんです。
    両親が逮捕される9歳まで、小学校には通わせてもらえなかったのですが、頭の回転はものすごく良いと感じました」という印象も。
    これは皮肉にも、被害者をマインドコントロールしていた父親に似ているところもあると、本人も認識しているようだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13781646/
    2017年10月22日 7時0分 マイナビニュース
    【【テレビ】『人殺しの息子と呼ばれて…』勇気ある告白に大きな反響 - 取材者が明かす衝撃インタビューの裏側 】の続きを読む

    WS000010


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/10/22(日) 13:51:16.79 ID:CAP_USER9.net
    歌手で俳優の武田鉄矢が22日、フジテレビ系「ワイドナショー」に出演し、不祥事が続く2世タレントについて
    「俺たち、自分の子供をこっち(芸能界)に引き寄せない方がいいんじゃないかな」と、2世の芸能界入りを否定する持論を述べた。

     番組で清水アキラの三男の清水良太郎容疑者、橋爪功の長男の橋爪遼被告の薬物事件を取り上げると、“金八先生”は
    「皆さんは実力のある方だから、これは俺のことだと思って聞いてほしいんだけど、俺は運が良くてここに来てますわ。
    特に俺の芸能生活は8割以上が運です。その運が子供に遺伝するとは思えない」と私見を披露。

     「芸能人のお父さんやお母さん方の一番悲しい勘違いは“私の才能がこの子に流れている”、ということなんじゃないかな。
    ズバリ自分のいいところは遺伝しなくて、自分の悪いところだけが遺伝したと思った方が、親子関係はうまくいくような
    気がする。一番、切ないのは“私にこれだけの才能がある以上、この子にないはずがない”と思う親心ほど、悲しいものはないなと思う」と話した。

     ダウンタウンの松本人志ら共演者にも「皆さんに問いかけるけど、おやじと似ていないでしょ?」と尋ねると、
    松本は「うちのおやじなんて最低でしたからね」と返答。MCの東野幸治も「俺の親も最低やった」とポツリ。

     自身の息子が芸能界入りしているヒロミも含めて、一同、神妙な面持ちで金八先生の“説教”に聞き入っていた。

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171022-00000049-dal-ent
    【【芸能】金八先生、2世の芸能界入りに否定的「俺がここにいるのは運。運は子供に遺伝しない」 】の続きを読む

    WS000009


    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/10/22(日) 15:19:20.83 ID:CAP_USER9.net
    21日放送のラジオ番組「ヤングタウン土曜日」(MBSラジオ)で、明石家さんまが、ビートたけしの「唯一勝てない発言」に言及した。

    番組では、18日放送の「1番だけが知っている」(TBS系)で、たけしが「唯一勝てない芸人」として、さんまの名を挙げたことを話題にした。

    たけしの言葉が紹介されると、さんまは「たけしさんの背中しかまだ見えてないからね。勝ててるわけがないですよ」「俺はもう全敗してる、たけしさんには」とコメント。

    さらに、たけしからの評価を「同じ戦場で戦った戦友の優しさの言葉で。けして真に受けないでいただきたい」「私はまだ、たけしさんの背中を見て生きてる人間ですから」と受け取っており、自身はたけしに及ばないと告白したのだ。

    さんまの謙虚な姿勢に、共演者から感嘆と称賛の声があがる。だが、さんまは「(自分は)まだまだいうことやな。本当にこれ言っていただけて、ありがたかってんかったんですけど」「これはたけしさんのうそやな」と続けて話題を結んでいた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13782332/
    2017年10月22日 11時1分 トピックニュース
    【【芸能】明石家さんま ビートたけしの“唯一勝てない発言”に「たけしさんのうそ」 】の続きを読む

    1:ネタデス@\(^o^)/:2017/10/22(日) 20:02:38.43 ID:.net
    吉田豪、アイドル審査で全審査員と逆の判定で批判殺到 「さっさとクビにしてくんねぇかな」

     プロインタビュアーの吉田豪さんが、アイドルのオーディション番組で行った審査に対し、ネット上で批判が集まっている。

     他の審査員との意見が真逆だったことで、「見る目無さすぎやろ」といった声などが上がっている。

    ■他の審査員とは真逆の裁定を行った吉田さん

     吉田さんに批判が集まったのは、2017年10月22日に放送された「ラストアイドル」(テレビ朝日系)というアイドルのオーディション番組
    。「ラストアイドル」は、オーディションで選ばれた7人の暫定メンバーが、挑戦者とメンバーの入れ替えバトルを行い、最終的に勝ち残った
    メンバーが秋元康プロデュースでデビューするというものだ。

     同番組では、初期メンバーの長月翠さん(17)に対し、沖縄の「歌ウマ少女」だという蒲原令奈(かもはら・れな)さん(15)が挑戦を挑
    んだ。

     そのバトルの裁定をする審査員として指名されたのが、吉田さんだった。指名された吉田さんは「もう最初から決まってます」と一言述べ
    たのち、蒲原さんを勝者に選んだ。

     その瞬間、他の審査員であった漫画家の倉田真由美さん、ギタリストのマーティ・フリードマンさん、ファッションモデルの日笠麗奈さん
    は唖然とした表情を浮かべた。というのも、この3人はいずれも長月さんを勝者に選択していたからだ。

     吉田さんは、蒲原さんを勝者に選んだ理由として、歌唱力だけが魅力ではないとしたうえで、「キャラクターの面白さとか表情の良さとか
    があったので、ちょうど(ラストアイドルに)いないキャラクターだった」と述べた。

    審査員含め、ネット上でも批判相次ぐ
     審査終了後、フリードマンさんは

      「今回の判定に大反対です。長月さんはアイドルの中のアイドル」

    と述べ、倉田さんは

      「メンバーの中でも長月ちゃんはすごくアイドル度が高い子だと思っている。ラストアイドルのチームとしては、長月ちゃんかなと思っ
    ていたんですけど」

    と語り、複雑な表情を浮かべた。

     ネット上でも一部、「吉田豪悪くないだろ」といった反応もありながら、「さすがに見る目無さすぎやろ」「吉田豪さっさとクビにしてく
    んねぇかな」と不満を露わにする声が多く見られる。

     吉田さんにはツイッターで「もう二度と審査員なんかしないでくださいお願いします」というリプライが届いており、これに対して、

      「そういうのは番組側に頼んで下さい! 番組側からオファーがあってスケジュールが合えば、また出ちゃうと思うので」

    と返している。

     また吉田さんはツイッター上で、DM(ダイレクトメッセージ)で抗議の声が届いていることをスクリーンショットの画像とともにツイート
    したり、今回の「ラストアイドル」に関するネット上の声をリツイートするなどしている。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171022-00000011-jct-ent

    画像










    審査でクビになった長月翠(17)



    VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:----: EXT was configured
    【【炎上】テレ朝「ラストアイドル」 吉田豪の審査に批判殺到 「クビにしろ」「大反対」 】の続きを読む

    このページのトップヘ